まいにちポップス(My Niche Pops)

令和元年初日から毎日更新中〜1日1ポップス。エピソード、歌詞の和訳、謎解き、マニアックな捜査、勝手な推理、などで紹介していきます。text by 堀克巳(VOZ Records)

「雨にぬれても(Raindrops Keep Fallin' On My Head)」B.J.トーマス(1969)

 おはようございます。

 いよいよ日本各地で梅雨入り。テンションが上がりづらい季節ですね。明るくてテンションの高い音楽もこの時期ばかりはあまり効果を発揮できないかもしれません。

 

 ということで、今日はB.Jトーマス。

   雨の歌の中でもスタンダード中のスタンダードでしょう。発売されて今年でなんと50年もたつというのに、今でも日本のCMでも使われていますね。僕が世界で一番好きな曲でもあります。


B. J. Thomas - Raindrops Keep Falling On My Head (with Lyrics) (🎧)

 

  ”雨粒がオレの頭に降ってくる

   まるで足がデカくてベッドからハミ出てるヤツみたいさ

   なにもかもがしっくりこないんだ

      こんな風に、雨粒がずっと頭に落ちてくる ずっと落ちてくるんだ

 

   それで オレはお日様にちょっと話してやったんだ

   あんたのやり方は好きになれないなあ

      仕事中に眠っちまうなんて

   こんなに、雨粒がずっとオレの頭に降ってるのに ずっと降ってるのに

 

   でもひとつだけわかってることがある

   あいつらが憂鬱ってやつを送り込んできて挨拶されても

   オレを打ち負かすことなんてできないよ

   もうすぐ幸せが挨拶にやって来るはずさ

 

    雨粒がずっとオレの頭に降っている

       だからって、オレの目はすぐに真っ赤になったりしない

  泣くのには向いていないんだ  

  オレは文句を言って雨を止めようなんて思わない

  だってオレは自由なんだ 

  オレを悩ませるものなんて何もないんだ

 

  遠くないうちに 幸せがオレに挨拶にやって来るさ

  

        雨粒がずっと頭に降っている

       だからといって、オレの目はすぐに真っ赤になったりしない

  泣くのは向いていないんだ  

  文句を言って雨を止めようなんて思わない

  だってオレは自由なんだ 

  何だってオレを悩ますことなんてできないんだ      ”(拙訳)

 

 *****************************************************************************

Raindrops are falling on my head
And just like the guy whose feet
Are too big for his bed
Nothing seems to fit
Those raindrops
Are falling on my head
They keep falling.

So I just did me some
Talking to the sun
And I said I didn't like the way
He got things done
Sleeping on the job
Those raindrops
Are falling on my head
They keep fallin'

But there's one thing I know
The blues they send to meet me
Won't defeat me, it won't be long
Till happiness
Steps up to greet me

Raindrops keep falling on my head
But that doesn't mean my eyes
Will soon be turning red
Crying's not for me 'cause,
I'm never gonna stop the rain
By complaining,
Because I'm free
Nothing's worrying me

It won't be long
Till happiness
Steps up to greet me

Raindrops keep falling on my head
But that doesn't mean my eyes
Will soon be turning red
Crying's not for me cause,
I'm never gonna stop the rain
By complaining,
Because I'm free, 'cause nothing's worrying me

**************************************************************************

 作曲はバート・バカラック、作詞はハル・デヴィッド。数々の名曲を生み出したソングライター・コンビです。

 

 ポール・ニューマンロバート・レッドフォードが主演の映画「明日に向かって撃て」で使われ、世界的に大ヒットしました。

 

 バート・バカラックはこの映画の監督ジョージ・ロイ・ヒルに呼び出され、この映画の音楽を依頼されました。

 ジョージが音楽をつけてほしいと考えていたシーンのひとつが、この曲が使われ有名になる、ポール・ニューマンキャサリン・ロスを自転車に乗せて走る場面でした。

 

 映画の仮編集の段階では、だいたい別の既存の曲があてられているそうですが、このシーンにはサイモン&ガーファンクルの「59番街橋の歌」が仮に使われていてそうです。


Simon & Garfunkel - The 59th Street Bridge Song (Audio)

 

 そのシーンを何度も見ながらバカラックは曲を考えました。彼は作曲するときに同時にアレンジも浮かぶのだそうで、イントロのウクレレ、ホンキー・トンクっぽいピアノなども最初からイメージしていたものでした。

 そして、仮の歌詞をはめることもこの時期彼はよくやっていたそうで” Raindrops Keep Fallin' On My Head"というフレーズはバカラックの頭に最初から浮かんで離れないものだったそうです。

 

 バカラックからメロディーと仮の歌詞を渡された、相方の作詞家ハル・デヴィッドは、映画では晴れのシーンなので、雨のタイトルは合わないと思って別の案を考えたそうですが、これよりしっくり来るものが見つからなかったそうです。

 そして2日かけて2種類の歌詞を書き、両方の良いところを合わせて完成させたといいます。

 

 そして出来上がった映画のシーンがこれです。今まで見た映画のあらゆるシーンの中で僕が最も好きなシーンでもあります。  


Butch Cassidy and the Sundance Kid (1969) - Butch's BikeScene (2/5) | Movieclips

 

  曲も素晴らしく、映画のシーンも素晴らしいのですが、歌詞がまた本当に素晴らしい。

 バカラックが考えた”Raindrop Keep Fallin' On My Head”と言うフレーズを基に、ハル・デヴィッドが 膨らませていったわけですが、ひとつ具体的な”とっかかり”があったほうが、良いものができやすいというのはあるのかもしれませんね。

 

 個人的な話で恐縮ですが、この歌詞は、僕にとっての究極の”人生訓”というか”処世術”のようなものになっています。

 

 今も日本のCMでこの曲が使われていて、それはうれしいことなのですが、CMではそこに「止まない雨はない」「いつか光が差す」「それまで走り続ける」といった言葉が載せられていて、日本人って本当に生真面目だなあ、と思ってしまいます(全然、非難するわけじゃないですが)。

 

 僕が「雨にぬれても」の歌詞から感じとるのは、ついてないことばかりだ、世の中に自分が全然フィットしてない気がするといった状況の中にあっても、そこで自分を追い詰めないという、いい意味での「ゆるさ」です。

 

 降り止まない雨に文句を言ったり嘆いたりせず、しょうがねえなあ、そのうちいいことあるだろ、というスタンスなんですね。いいことがある確証なんてないのに、です。

 

 逆境にあるとき、もちろん僕もそうですが、みんな心に余裕がなくなります。そして力んだままあがいてしまうと、また別のいやなことが雪だるま式でくっついてくるパターンにハマってしまいます。

 

 そういうときは、なんの根拠もなくても、とにかく肩の力を抜くことが大事だなと思うんです。

 

 この曲の主人公も、歌詞を読むと、内心雨を嫌がっていないことはない、全然平気じゃない、ただ平気だって自分に言い聞かせてるだけなんですね。

 「雨にぬれても」は

 ”逆境にあるときに、自分をリラックスさせる暗示をかける歌”

 なんだと思います。

 

 そして、そのためにはこの歌詞にある通り

 ”Because I'm free” 自分は自由だって思えることが大事なんだと思います。

 

 組織のような何か大きなものに100%依存していたりする状況だと、何かあったときに切羽詰ってしまうんじゃないか、とも思います。ほんの少しでも、自分の自由を確保することは大事なことなんだと思います。そして、それは意識的にならないとできないことでもあります。

 

 最後に、B.JトーマスがTV番組で歌っている動画を。

 雨なんて平気さ、文句は言わないよ、って歌っているB.Jトーマスだけに雨が降ってきて、他のみんなは傘に入れてあげないという演出が、面白いですね。


B.J. Thomas - Raindrops Keep Falling On My Head (Butch Cassidy and the Sundance Kid Soundtrack)

 

追記:2021年5月29日にB.J.トーマスがなくなりました。それに合わせて、1970年に彼とグレン・キャンベルがTV番組で歌っている動画がアップされました。この顔合わせ、いいですよね。

www.youtube.com

f:id:KatsumiHori:20210531104150j:plain