まいにちポップス(My Niche Pops)

令和初日から毎日、1000日連続で1000曲を選曲しました(苦笑)。古今東西のポップ・ソングをエピソード、歌詞の和訳、マニアックなネタ、勝手な推理、などで紹介しています。みなさんの音楽鑑賞生活に少しでもお役に立てればうれしいです。みなさんからの情報や思い出話などコメントも絶賛募集中です!text by 堀克巳(VOZ Records)

「ロックンロール・ララバイ(Rock and Roll Lullaby)」B.J.トーマス(1972)

 おはようございます。

 今日は「雨にぬれても」のB.J.トーマスの名曲「ロックンロール・ララバイ」です。

 


Rock and Roll Lullaby (Remastered)

 

 ”オレが生まれてきたとき 彼女はたった16歳でひとりぼっちだった 

 だから一緒に成長したんだ まだ子供みたいなママと僕とでね

 まわりは悪いことばかりで 彼女はおびえていたけど

 僕が泣いたときには ロックンロール・ララバイを歌ってくれて

 僕の怖がる気持ちを鎮めて 涙を乾かせてくれたんだ

 

 彼女はこう歌ったんだ

 シャ、ナ、ナ、ナ、ナ ナ、ナ、ナ、ナ 心配いらないわ

 シャ、ナ、ナ、ナ、ナ ナ、ナ、ナ、ナ しっかりくっついて

 歌ってよ、ママ、僕のママ 

 歌ってよ甘く澄んだ声で ママ聴かせてよ

 あの懐かしいロックンロール・ララバイを

 

 僕たちは辛い日々をなんとかくぐり抜けてきたけど

    神様、夜は長く思えたよ

 ママが歌ってくれるとき 僕らはもっとマシな朝が来ることを夢に見た

 今では、歌詞も全然思い出せないし、無理して思い出す必要もない

 だって あのロックンロール・ララバイの中からは

 愛がいっぱい伝わってきたことだけは僕は知ってるから

     

 彼女はこう歌ったんだ

 シャ、ナ、ナ、ナ、ナ ナ、ナ、ナ、ナ 心配いらないわ

 シャ、ナ、ナ、ナ、ナ ナ、ナ、ナ、ナ しっかりくっついて

 

 今も聴こえるよ ママ 僕のママ

 あれほど僕の魂を動かすもの何もないよ

 あの懐かしいロックンロール・ララバイの歌声のように”  (拙訳)



 B.J トーマスといえば「雨にぬれても」ですが、

popups.hatenablog.com

 彼のファンからとても人気が高く、彼自身も大変気に入っているのがこの「ロックンロール・ララバイ」です。

  曲を書いたのは「ふられた気持ち」のバリー・マン&シンシア・ワイル夫妻。

popups.hatenablog.com

 もともとは彼らがブロード・ウェイのショーのために書いた曲でしたがボツになったためB.Jトーマスに話がまわってきたのだそうです。

 

 やさしく実にさりげない曲調ですが、16歳でシングルマザーだった母が辛い日々の中で歌ってくれた子守唄が忘れられない、というじわじわと深い感慨を呼び起こしてくれる歌です。

 

 この時代を大行する作曲家、バリー・マンバート・バカラックキャロル・キングロジャー・ニコルスなど、みな天才的なメロディ・メイカーですが、彼らの相棒の作詞家、シンシア・ワイル、ハル・デヴィッド、ジェリー・ゴフィン、ポール・ウィリアムス、彼らの歌詞も本当にすごいんですよね。

 

 昔は英語もわからないのでメロディーばかりに耳を奪われていましたが、こうやって下手なりに歌詞を自分で訳してみると、ネイティヴでもなんでもない僕にでも、彼らの歌詞は格が違うというか、明快でいながら深みもある、という歌詞の”凄み”が伝わってきます。

 

 またこの曲のバックは、アメリカのポップス、ロック史に残る人たちが集まっています。

 

 まずは、ギターのデュアン・エディ。ロック史最初のギター・ヒーローと呼ばれる人ですね。トゥワングという低音の太い鳴りが彼の代名詞でした。


Duane Eddy - Rebel-rouser

 

 コーラスはダーレン・ラヴを中心とした女性グループ、ブロッサムズ。フィル・スペクター・プロデュースしたクリスタルズの全米NO.1ヒット「ヒーズ・ア・レベル」は実はブロッサムズが歌っていたことはのちに有名になりましたし、ダーレン・ラヴをソロでもスペクター作品を数多くヒットさせています。


The Crystals - He's a Rebel (1962)

  男性コーラスのメインは元ザ・ダイアモンズのデイヴ・サマーヴィル。彼らの代表曲「リトル・ダーリン」は映画「アメリカン・グラフィティ」にも使われていました。


Little Darlin'-The Diamonds-1957

 

 「ロックンロール・ララバイ」の最後のビーチ・ボーイズ風のコーラス(実際にビーチ・ボーイズに声をかけて断られたそうです)を仕切っているのがロン・ヒックリン・シンガーズ。いわゆる”レッキング・クルー”のバック・コーラス・チームですね。モンキーズの「アイム・ア・ビリーバー」などのポップスのほか、パーシー・フェイスヘンリー・マンシーニなどのイージー・リスニングもの、映画、TVなどたくさんやっています。

 B.J.トーマスの「雨にぬれても」が使われた映画「明日に向かって撃て」の中でバカラックが一番誇らしく思っているという曲「自由への道(South American Gateway)」も彼らがコーラスをやっています。


South American Getaway (Butch Cassidy/Soundtrack Version)

 

 というわけで「ロックンロール・ララバイ」。さりげなく、心に沁みる曲ですが、同時にアメリカン・ポップスの歴史をフラッシュバックさせるような作品でもあったわけです。