まいにちポップス(My Niche Pops)

令和初日から毎日、1000日連続で1000曲を選曲しました(苦笑)。古今東西のポップ・ソングをエピソード、歌詞の和訳、マニアックなネタ、勝手な推理、などで紹介しています。みなさんの音楽鑑賞生活に少しでもお役に立てればうれしいです。みなさんからの情報や思い出話などコメントも絶賛募集中です!text by 堀克巳(VOZ Records)

「愛のハーモニー(That's What Friends Are For)」ディオンヌ&フレンズ(ディオンヌ・ワーウィック、スティーヴィー・ワンダー、グラディス・ナイト、エルトン・ジョン)(1985)

おはようございます。

今日はディオンヌ&フレンズの「愛のハーモニー」です。

www.youtube.com

*************************************************************

And I never thought I'd feel this way
And as far as I'm concerned
I'm glad I got the chance to say
That I do believe I love you
And if I should ever go away
Well then, close your eyes and try
To feel the way we do today
And then if you can remember


Keep smilin', keep shinin'
Knowin' you can always count on me for sure
That's what friends are for
For good times and bad times
I'll be on your side forevermore
That's what friends are for


Well, you came and opened me
And now there's so much more I see
And so, by the way, I thank you
Oh, and then, for the times when we're apart
Well then, close your eyes and know
These words are comin' from my heart
And then if you can remember, oh


Keep smiling, keep shining
Knowing you can always count on me for sure
That's what friends are for
In good times, in bad times
I'll be on your side forevermore
Oh, that's what friends are for, oh


Oh, keep smilin', keep shinin'
Knowin' you can always count on me for sure
That's what friends are for
For good times and bad times
I'll be on your side forevermore
That's what friends are for


Keep smilin', keep shinin'
Knowin' you can always count on me, oh, for sure
'Cause I tell you that's what friends are for
For good times and for bad times
I'll be on your side forevermore, oh
That's what friends are for


On me for sure
Count on me for sure
Count on me for sure
That's what friends are for
Keep smilin', keep shinin'

*************************************************************

こんな気持ちになるとは思いもしなかった
そして、私にしてみたら
言えるチャンスがあってうれしいの
あなたを愛していると強く思っていると
もし私がいなくなったら
その時は、目を閉じて
今日の私たちのような気持ちになってみて
そして、もしあなたが思い出せるなら、、


笑顔を絶やさず、輝き続けて
いつだって私を頼っていいのよ
それが友達というもの
いい時も悪い時も
永遠に君の味方でいるわ
それが友達というもの


君がやって来て、僕の心を開いてくれた
そして今はもっと多くのことが見える
だから、ついでに、君に感謝するよ
そして、二人が離れている時には
目を閉じて、知るんだ
この言葉が僕の心からのものだと
そして、もし君が思い出せるなら、、


笑顔を絶やさず、輝き続けて
いつだって僕を頼っていいんだ
それが友達というものさ
いい時も悪い時も
永遠に君の味方でいるよ
それが友達というものさ


笑顔を絶やさず、輝き続けて
いつだって私を頼っていいのよ
それが友達というもの
いい時も悪い時も
永遠にあなたの味方でいるわ
それが友達というもの


笑顔を絶やさず、輝きを絶やさず
いつでも僕を頼っていいんだよ。
言っただろ、それが友達というのもさ
いい時も悪い時も
いつまでも君の味方でいよう
それが友達というものだ


私に頼って 
僕に頼って 僕に頼って
それが友達といいもの
笑顔を絶やさず、輝き続けて、、

            (拙訳)

*************************************************************

 

 この曲はもともと1982年の映画「ラブ IN ニューヨーク(NIGHT SHIFT)」のためにバートバカラックキャロル・ベイヤー・セイガーが書いた曲で、ロッド・スチュワートが歌っていました。

www.youtube.com

 映画は『ビューティフル・マインド』や『ダ・ヴィンチ・コード』で知られるロン・ハワードの第2作目で、死体置き場の夜勤(Night Sift)が主役の都会型のコメディで僕は結構好きでした。

 この曲を作るのにはかなり手間取ったようで、バカラックが最初作ったブリッジをキャロルが気に入らなかったために書き直したり、曲の冒頭の「ダ、ダン」という音符二つのところに、キャロルが"I”という一音の言葉を入れたことで大もめしたりしたそうです(”And I”とすることで解決しました)。バカラックは常に、16音符一つ必要かどうかを1時間音楽室にこもって考えることなんてざらにあったとキャロルは語っています。

 

 しかし、ロッドの歌ったテイクをバカラックもキャロルも気に入ってなかったらしく、ディオンヌ・ワーウィックにニュー・アルバムの候補曲として聴かせたところ、彼女も気に入りレコーディングすることになりました。

 

 バカラックはこう語っています。

「女性ヴォーカルがもうひとり必要だと考えたわたしはグラディス・ナイトを招き入れ、するとディオンヌもクロマティック・ハーモニカと歌で、スティーヴィー・ワンダーに協力を仰いだ。曲の構成からすると、さらにもうひとりの声が必要だったので、わたしはホームランを打てるクリーンナップのバッターを起用したいと考えた。私の頭にあったのは、つねづねとてもクールで、信じられないほどすばらしいシンガーだと思っていたルーサー・ヴァンドロスだった」

 (「バート・バカラック自伝 ザ・ルック・オブ・ラヴ」)

 

 第一候補はエルトン・ジョンじゃなく、ルーサー・ヴァンドロスだったんですね。しかし、レコーディングしてみるとうまく合わなかったため、バカラックエルトン・ジョンを代わりに起用しました。

 

 ルーサー・ヴァンドロスがどう合わなかったのか、これが謎です。この当時、R&Bシーンのみならずポピュラー・ミュージック界においても、最も歌の上手い男性シンガーだったと言っていいルーサーが、この曲を上手く歌えなかったというのは想像できません。

 そんな、ことを考えながらYouTubeを見ていたら、この曲をルーサーが歌っている動画がありました、ディオンヌ、スティーヴィーにルーサー、ホイットニー・ヒューストン。1986,7年ころのもののようです。

www.youtube.com

 これは僕の勝手な考えですが、ルーサーがあまりに歌えすぎたんですかね。この動画でもホイットニーとルーサーの二人が完全に持っていっちゃってますしね。ディオンヌとのバランスをバカラック考えたんじゃないかと。あと、この曲の歌詞、曲調からも、もうちょっとさりげなく、ストレートなニュアンスを求めていたのかもしれないですね。ルーサーの代わりをR&B系じゃない、エルトンにしたことからも想像できるような気がします(といいながら、このメンツに入ったエルトンは、いつになく熱唱していますが、、)。

 しかし、ホイットニーとルーサーの見事な歌いっぷりを聴きながら、二人とももうこの世にいないんだなあと思うと切なくなります。

 

 そうやって、聴き比べるとディオンヌ・ワーウィックというのはかなり稀有なシンガーですね。R&Bはゴスペルっぽい熱唱型が多いですが、彼女の場合は、平歌(サビの前までの部分)が絶妙ですね。あんなにさりげなく力を抜いているのに、全然揺れたりブレたりしません。こういうテクニックの方がサビを熱唱するより実は難しかったりします。

 

 グラディス・ナイトは熱唱型ですけど、行き過ぎない、品がいいですよね。だからディオンヌとのバランスもすごくいいです。

 

 当時僕はバカラックの中ではそんなにいい曲では思ってなくて、そんなにちゃんと聴いてなかったんですけど、あらためて聴くと、こういう一流の歌力というのは本当にすごいなあ、としみじみ思ってしまいます。

 

 この曲の動画はいろんな年代のライヴ動画がたくさんあって興味深いのですが、その中から、ディオンヌ、グラディス、スティーヴィーにバカラック、キャロルが加わったものを。

www.youtube.com

 

 

popups.hatenablog.com

popups.hatenablog.com

popups.hatenablog.com

 

f:id:KatsumiHori:20211101191822j:plain