まいにちポップス(My Niche Pops)

令和元年初日から毎日更新中〜1日1ポップス。エピソード、歌詞の和訳、謎解き、マニアックな捜査、勝手な推理、などで紹介していきます

「真夜中のドア」松原みき(1979)

 おはようございます。

 今日は松原みきの「真夜中のドア」を。


松原みき 真夜中のドア STAY WITH ME

 

 ちなみに、その後リリースされたアルバム「Pocket Park」に入っているヴァージョンは、イントロのコーラスを本人が歌っていません。ちょっとしたところだと思われるかもしれないのですが、かなり印象が違うんですよね。僕は本人がコーラスをやっているヴァージョンしか(!)聴かないです。


松原みき - 真夜中のドア ~Stay With Me (1980)

 

   昨今CITY POPに注目が集まっていますが、CITY POPやAORというものは、都会人が作って田舎者が聴いて楽しむものだ、という認識が僕にはあります。かくいう僕が田舎者でCITY POPやAORに夢中になったからなんですが。

 

 角松敏生はこの時代をまさに的確に言い表しています。

 「都市生活者のライフ・スタイルと、それに憧れる地方出身者の視点が混交して、7色の光を放った時期があった、ということ」

   (レコードコレクターズ増刊 シティ・ポップ 1973-2019)

 

 CITY POPの再評価に伴って監修された本や雑誌によく目を通しますが、正直言って不満に思うことが多いです。それは”都市生活者のライフ・スタイルに憧れる地方出身者の視点”が欠落していることがほとんどだからです。

 多くは、はっぴいえんどシュガーベイブのライヴを見たことがあるような”マニアックな都会人”が主導して書いている印象があります。

 

 都会への憧れや妄想があった人とない人では、CITY POP観がかなり違うと思うんですよね。

 

 1970年代後半というのは、商業文化が洗練され”都会化”されていくというのが一番の特徴だったように思います。その先頭を切っていたのが音楽でした。そしてあらゆるメディアが東京やNYやLAの”幻想”を掻き立て、煽っていったわけです。

 

 それに、無防備に感化されたのが地方出身者の妄想がバイアスとなって、”黄金の粉”となって、その曲を一段と輝かせる、というシステムの上に成り立っていたのがCITY POPです。だいたいCITY POPというネーミング自体が、都会人には小っ恥ずかしいものでしょうから、はなから都会人のための音楽じゃないように思います。

 

 そして、昨今沸き起こっている海外のリスナーや若者の間で起きているCITY POPの再評価は、そういう時代背景なんて関係あるわけがなく、ほぼサウンド中心で評価されているわけです。

 

 そこで、当時のメイン・リスナーであり、昨今の再評価ムーヴメントからは外されることになってしまった地方出身者のひとりとして、当時ラジオとTVと音楽誌だけを頼りにしていた中で体感し妄想を膨らませたCITY POPについて書きたいなと思うに至ったわけです。

  

 前置きがやたら長くなりましたが、何を言いたかったというと、この「真夜中のドア」という曲は、僕にとって数あるCITY POPの中でも格別に都会への憧れをかきたてたものだった、ということです。

 

   オリコン最高28位10万枚超えくらいだったようですが、「夜のヒットスタジオ」にも複数回出演していますし、売り上げ以上に”全国的な影響力の強かった”CITY POPだったと僕は考えます。

 

 この曲の作曲、編曲は林哲司。この曲の数ヶ月前に、竹内まりやの「SEPTEMBER」

オリコン39位)の作編曲で、まさに頭角を現してきた時期です。

 

 しかし、「SEPTEMBER」と「真夜中のドア」では作り方は全く違ったと林は語っています。

”ポップスを歌うべくした歌声”の竹内にはいかにもシングル曲というような分かりやすい曲を、松原みきの場合は「もう本当に、洋楽を書いていいと言われて作った」そうです。

「メロディはわかりやすくて唄いやすいけれど、それを包むアレンジによって新しさを感じさせる、ということをアレンジャー時代に認識しましたが、『SEPTEMBER』はまさにその典型。もう一つの『真夜中のドア』は洋楽っぽいメロディでも日本語がはまるとまた新たな作風の日本の曲になるというロジックですよね」

                    (「昭和歌謡職業作曲家ガイド」)

 

 彼の好きなデヴィッド・フォスターへのオマージュとして書かれたそうで、アレンジはデヴィッドが手がけた、キャロル・ベイヤー・セイガーの「It's the falling in Love」

という曲を下敷きにしています。


It's The Falling In Love

 翌年にはマイケルが「オフ・ザ・ウォール」でこの曲をカバーしていますね。


Michael Jackson - It's the Falling in Love (Audio)

 

 いわゆる”元ネタ”というわけで確かにアレンジは”まんま”なところもありますが、かといってそれが「真夜中のドア」という作品の素晴らしさをなんら損ねるものじゃない、というのが僕の意見です。

 それより、こんな”モロ洋楽”な曲を、日本のメジャーな市場で勝負してそれなりに売れた時代があったことに今となっては驚かされます。

 

 松原みきは、もともと渡辺プロダクションのスター候補生だったらしく、アイドルでありながらシンガーとして打ち出すイメージでデビューした人です。

 ちょうど、竹内まりやがアイドル的に売り出されていた時期ですから、”アイドル×アーティスト”というのが当時の狙い目だったのかもしれません。

 ただし、彼女は母親がジャズ・シンガーだったこともあり、すでに音楽的な素養がかなりあって決して”アイドル”の枠には収まらなかったようです。

 当時、彼女のバックでギターを弾いていた伊藤銀次はこう語っています。

 

「音源をもらって聴いたら、本当にびっくりした。「えっ、これがアイドルかよ?」って感じで、当時の最先端のウエスト・コースト・スタイルで、しかもちゃんと日本語の歌詞で。シュガー・ベイブみたいなポップスなんですよ。もうアイドルがこういう音楽をやる時代が来たのかと思って、驚いて。僕が考えていたより、ずっと早かった」

                 (伊藤銀次自伝 MY LIFE、POP LIFE)

 

 

 彼は彼女の出演する音楽番組でもバックで演奏していたそうです。

 

 「夜のヒットスタジオ」で見た彼女は、いまだに強く印象に残っています。

 都会的なアイドルであり、アーティストである、こういう存在は、彼女以外結局現れなかったわけですが。


Miki Matsubara - 真夜中のドア~Stay With Me

  

 

松原みきゴールデン☆ベスト

松原みきゴールデン☆ベスト

  • アーティスト:松原みき
  • 発売日: 2011/02/16
  • メディア: CD
 

 

 

Pocket Park

Pocket Park

  • アーティスト:松原みき
  • 発売日: 2009/01/21
  • メディア: CD