まいにちポップス

1日1ポップス。エピソード、歌詞の和訳、謎解き、勝手な推理、などで紹介していきます

「想い出のサマー・ブリーズ(Summer Breeze)」シールズ&クロフツ(1972)

 おはようございます。

 今日はシールズ&クロフツの「想い出のサマー・ブリーズ」です。


Seals & Crofts - Summer Breeze (Official Audio)

 

 ”窓に吊るされたカーテンが揺れているのが見える 金曜日の夕暮れ

  窓からこぼれるささやかな灯りを見ていると 僕は安らかな気持ちになれるんだ

 

  夏のそよ風が気持ちいい 僕の胸にジャスミンの香りが吹き抜ける

  夏のそよ風が気持ちいい 僕の胸にジャスミンの香りが吹き抜ける

 

  歩道で新聞が風でめくれるのが見える 隣の家からはかすかに音楽が聞こえる

  だから僕は入り口の階段のところまで行って 

  網戸越しに聞こえる音楽を確かめてみる

 

     夏のそよ風が気持ちいい 僕の胸にジャスミンの香りが吹き抜ける

  夏のそよ風が気持ちいい 僕の胸にジャスミンの香りが吹き抜ける


     素敵な夏の日々  ジャスミンの花は満開

  7月はドレスアップして 曲を奏でている

  僕はきつい仕事から家に帰ると 君が待っている

     他のことはどうだっていい

 

  目に入ってくるのはキッチンで待っている君と、

  君の料理と二人のためのプレート
  君は手をのばし僕を抱きしめてくれる 

  そんな夕暮れ、一日の終わり

  夏のそよ風が気持ちいい 僕の胸にジャスミンの香りが吹き抜ける

  夏のそよ風が気持ちいい 僕の胸にジャスミンの香りが吹き抜ける  ”(拙訳)

 

 

 夏の夕暮れ、帰宅するときの平穏な情景をはっきりと描き出している歌です。

 

 シールズ&クロフツはジム・シールズとダッシュクロフツによる男性デュオ。

 この曲を書いたジム・シールズはこう語っています。

 

「”想い出のサマー・ブリーズ”は仕事帰りの男についてのいたってシンプルな歌なんだ、犬が鳴いている声が聞こえてくるとか、そういう感じの。多くの人にとっては安心感が得られる歌なんだ。

 僕たちにとってはそれよりもっと意味があって、たとえば、牢獄というのは自分自身の心を閉じ込めてしまうものにもなり得るし、人は自分の生活に方向性を持たないと不安になったり偏執的になったりするということなんだ」

 

 彼の意図は僕にははっきりとは掴めないので、これは僕の個人的な解釈になるのですが、目に入るものが全て不安を煽ってくるような今の時代には、自分の中に平穏で心安らぐ情景、記憶があって、それを時折思い浮かべることは大事かもしれないと思いました。

 

 さて、ジムがこの曲を思いついたのは発売の2年前1970年、ニューヨーク、ウッドストックのレコーディング・スタジオでした。

 メロディと歌詞が同時に浮かび、苦労することなく出来上がりました。

 

 彼の脳裏に浮かんだのは6歳の頃の家の様子で、その場所に運び戻されたような

感覚になったようです。

 

 そして、この曲を聴いた多くの人たちが、それぞれの遠い夏の懐かしく平和な情景を思い浮かべることができたので、大きなヒット曲になったのでしょう。

 

 あっという間に思いついたこの曲ですが、レコーディングは大変に時間がかかりました。

 1970年のアルバム「ダウン・ホーム」と、1971年の「イヤー・オブ・サンデイ」という二枚のアルバムでこの曲をトライしましたが、納得できる仕上がりにはなりませんでした。

 そして、1972年のアルバム用に再度トライし、ようやく納得できるものに仕上がったのです。

 リリース当初はチャートインすらせず、レコード会社もプロモーションを打ち切ると彼らに通達していたそうです。しかし、マネージャーが懸命にラジオプロモーションを続けるうちに、火がつき、最終的には全米6位の大ヒットになりました。

 

 

 

 

 

 ちなみに、ジム・シールズの弟は、やはり同時代の男性デュオ、イングランド・ダン&ジョン・フォード・コーリーのイングランド・ダン。彼らはシールズ&クロフツのアルバムにも参加したことがあります。

    この二組のデュオはもともとは違った音楽性がありましたが、1970年代はじめにポップでメロディアスな曲をハーモニーで聴かせる”ソフト・ロック”のスタイルで、一世を風靡しました。

 

popups.hatenablog.com

  また、彼らはデュオ結成前に、グレン・キャンベルと”Glen Campbell and the GCs”というバンドで活動していたことがあったそうです。

popups.hatenablog.com

 

 この曲のカバーは1974年のアイズレー・ブラザースが有名ですが、同じ年に別のR&Bグループもとりあげています。ニューヨーク、ハーレムで結成されたヴォーカル・グループ、メイン・イングリーディエント。


Main Ingredient - Summer Breeze

 

   新しめのところでは、ジェイソン・ムラーズ。2004年にTVドラマ「エバーウッド 遥かなるコロラド」のために録音したもののようです。


Summer Breeze

 

 

想いでのサマー・ブリーズ

想いでのサマー・ブリーズ

 

 

ユーフラテス・リヴァー

ユーフラテス・リヴァー

 

 

Everwood 【Copy Control CD】

Everwood 【Copy Control CD】