まいにちポップス(My Niche Pops)

令和元年初日から毎日更新中〜1日1ポップス。エピソード、歌詞の和訳、謎解き、マニアックな捜査、勝手な推理、などで紹介していきます。text by 堀克巳(VOZ Records)

「呪われた夜(One of These Nights)」イーグルス(1975)

 おはようございます。

    今日はイーグルスの「呪われた夜」。昨日取り上げたバカラックの新曲「Midnight Watch」のサビの歌詞が〜One Of These Nights〜♪だったので、連鎖的に取り上げてしまいました、、、


One of These Nights (2018 Remaster)

 

  "いつかこんな夜に クレイジーないつもの夜さ

  オレたち 見つけ出すんだ プリティ・ママ、

  アンタの胸に灯をともしてくれるものを

 

   満月が呼び 熱気は高まり

   邪悪な風がささやき、うめき声をあげる

   おまえにはおまえの悪魔がいて  欲望がある

   ああ、オレにもそれは少しあるんだ

 

 闇と光の間で おまえが優しくするべき人が

 すぐ後ろまでやってくる

 誓って オレもおまえを探し出すよ

 こんな夜に

 

 夢のひとつを 今では失くしてしまった孤独な夢の

    俺たちは見つけるさ 本当に叫んでいる夢を

 

 オレは悪魔本人の娘を捜してきた

 白をまとった天使も捜してきた

 そのどっちも少し持ってる女を待っていた

 彼女の存在は感じることはできても 目には見えないんだ

 

 善と悪の間で 孤独がおまえを何も見えなくする 

 おまえのすぐ後ろまで来ているんだ

 誓って オレはおまえを探し出すよ

 こんな夜にいつか

 

 闇と光の間にある こんな夜に

 誓って オレはおまえを探し出す

 見つけるよ、ベイビー、いつかこんな夜に”   (拙訳)

 

 One of These Nights、直訳すればいくつかあるうちの一つの夜、です。しかし、昨日ブログに登場した「Midnight Watch」もそうですが「呪われた夜」も、全然ハッピーじゃない(不吉ですらある)夜に眠れずにいて、それでもいつかきっと、と確証のないことを願う、という内容が共通していて、そういう状況で使われることが最もしっくりする言い回しなのかなと思います。

 

 

 それにしても「呪われた夜」、考えてみると結構すごいタイトルですが、当時は全然違和感なく受け止めました。

 

 イントロをはじめとするサウンドの雰囲気もそういうイメージと結びつくものでしたが、なんといってもアルバム・ジャケットのイメージというのが大きかったように思います。

f:id:KatsumiHori:20200712140828j:plain


 このジャケットをデザインしたゲイリー・バーデンは、ウェストコースト・ロックを象徴する作品を数多く手がけた人です。「アフター・ザ・ゴールド・ラッシュ」をはじめとする現在に至るまでのニール・ヤングの多くのアルバム、クロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤングの「デジャヴ」、ドアーズ「モリソン・ホテル」、ジョニ・ミッチェルの「ブルー」、ジャクソン・ブラウンの「プリテンダー」など、ロック史に残るものがたくさんあります。

 

 この時期イーグルスはそれまでのフォーク・ロック、カントリー・ロック・スタイルから、より洗練されたスタイルへと大きく変化をしようとしていました。

 そこでデザインを依頼されたゲイリーはこう語っています。

イーグルスとその音楽が持つパワフルでダークなマジックを象徴し表現するような、

魔術的なお守り(タリスマン)を作って、アルバムジャケットのフロントカバーに使おうと決めました」

 

 そして、彼の古くからの知り合いである芸術家のボイド・エルダーの元に行き、この牛の頭蓋骨を使った作品を選びます。

 牛の骨とその装飾はカウボーイとインディアンをイメージさせるもので、それはすなわち今までのイーグルスであり、その骨の表面をキラキラと光る磨かれたガラス玉で覆覆っているところは、未来のイーグルスを象徴すると彼は考えたのです。

 

 この曲を書いたドン・ヘンリーグレン・フライは、「ベスト・オブ・マイ・ラブ」が大ヒットしたことによるバンドのバラードのイメージを脱却したいと考えていたようです。

 R&Bのメッカ、デトロイト出身のグレン・フライはこの曲を書き始めるときに、スピナーズやアル・グリーンを聴いていたそうです。

popups.hatenablog.com

 

popups.hatenablog.com

 そして歌詞はドン・ヘンリーが書き始めました。そして、ある程度進むと、グレンが作詞にも意見を出し、ドンが作曲にもアイディアを出しながら最終的に仕上げていったそうで、そういうやり方はよくあるパターンだったようです。

 

 1975年というのは、ディスコが盛り上がって来た時期で彼らもその辺りは意識していたようです。

 ドン・ヘンリーは「ビー・ジーズの”ジャイヴ・トーキン”はいいダンス・レコードだ。「呪われた夜」もニューヨークのディスコでかかっていた」と語っています。

 

 今の感覚では、「呪われた夜」はダンス・ミュージックとまでは言えないと思いますが、当時のR&Bを意識的に取り入れることで、それまでのカントリー・ロックのイメージからの脱却に見事に成功した作品だったのです。

 

 

呪われた夜

呪われた夜

  • アーティスト:イーグルス
  • 発売日: 2015/07/22
  • メディア: CD