まいにちポップス(My Niche Pops)

令和初日から毎日、1000日連続で1000曲を選曲しました(苦笑)。古今東西のポップ・ソングをエピソード、歌詞の和訳、マニアックなネタ、勝手な推理、などで紹介しています。みなさんの音楽鑑賞生活に少しでもお役に立てればうれしいです。みなさんからの情報や思い出話などコメントも絶賛募集中です!text by 堀克巳(VOZ Records)

「ブリージン(Breezin')」ジョージ・ベンソン(1976)

 おはようございます。

 今日はジャズ、R&B、ポップの枠を超えて大ヒットしたインスト・ナンバー、ジョージ・ベンソンの「ブリージン」です。


George Benson - Breezin 1976 (Original Studio Version)

 

 この曲の入ったアルバム「ブリージン」は全米ポップ・チャート、R&Bチャート、ジャズ・チャートの3つでNO.1を獲得するという快挙を成し遂げました。当時、ジャズをベースにジャンルを超えたアプローチをする音楽を”クロスオーバー”と呼びましたが、商業的にもこれほど”クロスオーバー”した作品がこれが初めてだったと思います。

 

 ジョージ・ベンソンはこのときすでにデビュー12年目で、ジャズ・ギタリストとしての知名度は高かったのですが、ポップ、R&Bシーンでは有名とはいえませんでした。

 しかし、このアルバム一枚で彼は一躍”時の人”になったのです。

 

 アルバムのタイトル曲「ブリージン」は当時日本のラジオやテレビでもよく耳にしましたが、実はカバー曲です。

 オリジナルはハンガリー出身のギタリスト、ガボール・ザボが1971年にリリースした「High Contrast」というアルバムに収録されていました。


Gabor Szabo - Breezin' 1971

  ベンソンのヴァージョンに繰り返し出てくる”あのリフ”はオリジナルにはないんですね。それだけでもかなり印象は違います。

 

 この曲を書いたのはボビー・ウーマック。ロックの殿堂入りも果たしているほど偉大な足跡を残したギタリスト、ボーカリスト、ソングライターですが、ザボのアルバムに参加した(この曲ではリズム・ギターを弾いています)のをきっかけにこの曲を提供したようです。

 

 また、このアルバムをリリースしたレーベル”ブルー・サム”の(共同)創立者で、アルバムのプロデューサーだったのがトミー・リピューマです。

 

 彼は1970年代半ばになるとワーナー・ブラザース・レコードのA&Rプロデューサーとして活動を始めます。そして、マイケル・フランクスを大ヒットさせて勢いにのった彼は、次に自らが口説き落としてワーナーに移籍してきたジョージ・ベンソンを手がけることになります。

 

   ジョージが「ブリージン」をカバーするというもちろん、トミーのアイディアでした。

 そしてこれもトミーのアイディアで曲を書いたボビー・ウーマックもレコーディングに呼んで演奏してもらうことになりました。

 しかし、その頃ボビーはコカインに溺れていて仕事に支障をきたすほどだったそうです。

 ボビーはボロボロで、どうにか一回通して弾くと帰ってしまったそうです。

 彼の演奏は使いものにならないと判断したトミーは、フィル・アップチャーチにボビーが弾いたリフを生かしたかたちで、弾き直してもらったそうです。フィルはベース奏者でもあったので、それに合わせてベースも録り直しをするなど、かなり大変な作業だったようです。

 

 この「ブリージン」が収録された「ブリージン」というアルバムを大ヒットさせたもう一つの重要曲もトミーの選曲でした。「マスカレード」。レオン・ラッセルが作ったボーカル曲でした。 


george benson this masquerade

  こちらは、ファーストテイクがそのまま採用されたそうです。

 緻密そうな「マスカレード」がほぼ一発録りで、軽快な「ブリージン」が、根本的に差し替えて編集し直したというのも興味深い話ですね。

 

 トミー・リピューマというプロデューサーの特筆すべきところは、アーティストに最適な曲を選び(良い曲を書けるアーティストでも、必要であれば他の作家の曲をピックアップする)、そのアーティスト、曲に最適なミュージシャン、スタッフを選択するずば抜けたセンスです。

 そこまでしっかりお膳立てすると、スタジオでは基本アーティスト、ミュージシャンが自由にやれるようにするそうです(しかし、ミックスでは自分が主導権を握り非常に細かく指示するようです)。

 

 「これってとても大事なことで、多くのレコードに入る前からすでに結果が見えているんだ。始まる前に正しい判断をしておけば、そのとおりの結果がついてくる。あとは自然になるようになるよ」

 (「トミー・リピューマのバラード ジャズの粋を極めたプロデューサーの物語」)

 

 

 僕はこの曲が大ヒットした頃から本格的に洋楽を聴き始めたので記憶が鮮明なのですが、70年代半ばから後半というのは、あらゆる商業音楽が”都会化”され”洗練”されていった時代でした。日本でも”フォーク”から”ニュー・ミュージック”に変わっていったように。

 

 そして、ポップス、R&B、ジャズをクロスオーバーし、かつ都会化され洗練されたのが”AOR”だったのじゃないでしょうか。

 

 そしてAORというのは、BGMとして生活を演出するというニーズが大きいジャンルで、その中でも用途としては大きく二つあったように思います。デイタイムの心地よい陽射しと風を感じるようなドライヴ向けのものと、都会の夜をおしゃれに過ごすカクテルタイム向けのもの、と。

 そして、前者には「ブリージン」、後者には「マスカレード」がまさに合っています。

 そう考えるとこのアルバムは、AORをカテゴライズする先鞭となった作品だったように僕には思えます。

 

 最後にこのアルバムがリリースされた年のライヴ映像。カルロス・サンタナと共演しています。


The Midnight Special More 1976 - 20 - George Benson & Carlos Santana - Breezin'

 

 

f:id:KatsumiHori:20210423175603j:plain