まいにちポップス(My Niche Pops)

令和元年初日から毎日更新中〜1日1ポップス。エピソード、歌詞の和訳、謎解き、マニアックな捜査、勝手な推理、などで紹介していきます。text by 堀克巳(VOZ Records)

「ウォナ・ビー・ユア・ラヴァー(I Wanna be Your Lover)」プリンス(1979)

 おはようございます。

 今日はプリンス。彼は夜っぽい濃密なイメージが強い(?)ですが、これは彼の曲の中で一番軽快で爽やかで、陽射しの中でも全然合いそうです。何度繰り返し聴いても、気分をよくさせてくれるパワーがまったく磨り減らない魔法のような曲だと思います。

 君の恋人になりたい、というストレートな歌ですが、途中からエスカレートしていって、終いには君の兄弟になりたいし、君のお母さんになりたい、姉妹にもなりたい、などとどんどん突っ走ってしまうのですが、そのあたりも、まあプリンスらしいということでしょう。

 

 ちなみに、星野源のエッセイにこの曲に触れている文章があります。

  くも膜下出血の手術のあと退院して家で療養していたあるとき、iPodを持って外出し、ランダム選曲の設定して再生ボタンを押すと流れてきたのがこの曲だったといいます。

「スネアの音が耳の鼓動をつんざき、イントロが鳴った瞬間、目の前がキラキラと輝きだした。不安であることに疲れ、憔悴しきっていた気持ちが、呼吸を取り戻したように動き始めた。気がつけば誰もいない夜道で、一人きりで踊っていた。」

星野源「いのちの車窓から」)

  一曲のポップスが人の心に働きかける瞬間を、これほど簡潔に感動的に表現している文にはなかなか巡り会えません。

  そして、これを読むと彼の代表作「恋」につながる深い動機を感じることができるような気がします。

 


Prince - I Wanna Be Your Lover (Official Music Video)

 

I Wanna Be Your Lover

I Wanna Be Your Lover

 

 

 

愛のペガサス(紙ジャケ SHM-CD)

愛のペガサス(紙ジャケ SHM-CD)