まいにちポップス(My Niche Pops)

令和元年初日から毎日更新中〜1日1ポップス。エピソード、歌詞の和訳、謎解き、マニアックな捜査、勝手な推理、などで紹介していきます。text by 堀克巳(VOZ Records)

「恋のときめき(I Just Want to Be Your Everything)」アンディ・ギブ(1977)

 おはようございます。

 今日はアンディ・ギブの「恋のときめき」です。


I Just Want To Be Your Everything

 

 "もう長い間

  君も僕もおたがいに気づき始めてから ずいぶん長くたつね

  君への思いはますます強くなっているんだ、ガール

  信じていいんだよ   君が求めているより少しだけ愛をくれたら

  君の愛が鍵を開けるだろう

 

   僕のダーリン そのワインのような唇を僕はいつまでも待ち焦がれるんだ

   僕の作った世界で君を取り囲んで この愛は輝くんだ、ガール

   よく見て確かめるんだ

   君が求めているより少しだけ愛をくれたら

   君の愛が鍵を開けるから

 

 僕はただ君の全てが欲しいんだ

    君の心の中の幸せな場所を開いて

 僕のことを 僕にとっての君と同じような存在にしてほしい

    糸につながれた操り人形なんかじゃなくて

    もしここに君がいなかったら 僕は死んでしまうよ

 僕がもたらす愛の中で横たわってほしいんだ

 君のすべてになるためなら 僕はなんだってやる    ” (和訳)

 

*************************

For so long
You and me been finding each other for so long
And the feeling that I feel for you is more than strong, girl
Take it from me
If you give a little more than you're asking for
Your love will turn the key

Darling, mine
I would wait forever for those lips of wine
Build my world around you, Darling
This love will shine, girl
Watch it and see
If you give a little more then you're asking for
Your love will turn the key

I, I just want to be your everything
Open up the Heaven in your heart and let me be
The things you are to me and not some puppet on a string
Oh, if I stay here without you, Darling, I will die
I want you laying in the love I have to bring
I'd do anything to be your everything

Darling, for so long
You and me been finding each other for so long
And the feeling that I feel for you is more then strong, girl
Take it from me
If you give a little more then you're asking for
Your love will turn the key

I, I just want to be your everything
Open up the heaven in your heart and let me be
The things you are to me and not some puppet on a string
Oh, if I stay here without you, Darling, I will die
I want you laying in the love I have to bring
I'd do anything to be your everything
*****************************

 

 アンディ・ギブは、ビー・ジーズ”のバリー、ロビン、モーリスの三兄弟の末弟で、この「恋のときめき」を書いた長兄バリーのひとまわり下で、この時まだ19歳でした。

 彼は1988年にわずか30歳の若さで病気で亡くなってしまいましたが、1970年代後半の彼の人気ぶりはすさまじいものでした。

 ビー・ジーズの「サタデー・ナイト・フィーバー」の大ブームと並行するようにNO.1ヒットを連発し、この頃のギブ兄弟は間違いなく”音楽界最強”だったと思います。

 

 

 ギブ一家はイギリス出身ですが、父親の仕事の関係でオーストラリアに移住したので、ビー・ジーズはオーストラリアでデビューし、アンディはオーストラリアで生まれています。

 しかし、ビー・ジーズがメジャー契約を得たタイミングで、彼らだけでなく、まだ8歳だったアンディも家族と一緒にイギリスに戻っています。

 

 お兄さん達の影響が強かったのでしょう、アンディも音楽活動を始めたのですが、最初のバンド名がビー・ジーズの曲名をもじった”メロディ・フェア(Melody Fayre。FayerはFairの古い表記)”というものだったそうです。

 

 また、お兄さん達は、自分たちが成功したことにオーストラリアでの活動が大きく役立ったという経験から、アンディにオーストラリアに行くことを進めたそうで、実際彼はオーストラリアでまずデビューしています。


Andy Gibb=Words & Music 1975

 アンディ自ら書いた「Words and Music」という曲で、のちに彼のデビュー・アルバムにも収録されますが、1960年代のビー・ジーズを彷彿させるような曲調ですね。

 ”ディスコ期”のビー・ジーズと歩調を合わせて成功した彼ですが、本来”ソフト・ロック期”のビー・ジーズの影響が大きかったのかもしれませんね。

 

 アンディのデモ音源を聞いた、ビー・ジーズのマネージャーでレーベルの社長のロバート・スティグウッドが彼を契約することに決め、彼は兄のバリーと一緒にバミューダで曲の制作に入りました。

 実は、スティグウッドは当時バミューダに広大な邸宅を持っていて、ビー・ジーズのメンバーが滞在しよくそこで曲を作っていたそうで、「ステイン・アライヴ」など「サタデー・ナイト・フィーバー」の曲もほとんどそこで作られていたのです。

 それに加えて、アンディはこの頃ちょうど結婚したばかりで、バミューダは新婚旅行をかねていたようで、曲制作以外は奥さんとずっと出かけていたそうです。

 

 バリーとアンディはベッドルームに閉じこもって一緒に曲を書くはずだったそうですが、バリーは書き始めると一気に書いてしまうそうで、この「恋のときめき」はアンディが口出しする間もなく20分ほどでバリー一人で作ってしまったそうです。

 

 ちなみにこの時にアンディのセカンド・シングル「愛の面影(Love Is Thicker Than Water)」も書いていて、こちらはバリーとアンディの共作になっていますが、実はやはりバリーが一気に書いたものらしく、”Love Is Thicker Than Water”というタイトルになるフレーズだけアンディが考えたのだそうです。

 

 ともかく、「恋のときめき」は全米NO.1になっただけではなく16週連続トップ10入りという当時の記録を作るほどのロング・ヒットになりました。そして、同じ年にその記録を抜いて17週連続を達成したのがビー・ジーズの「愛はきらめきの中に」でした。

 

 そして「愛はきらめきの中に」が3週トップを続けた3週間後に「ステイン・アライヴ」が4週トップを続け、それを蹴落として2週トップになったのがアンディの「愛の面影」、そこから首位を奪い8週トップを続けたのが「恋のナイト・フィーバー」でした。そして「恋のナイト・フィーバー」からトップを奪ったのがイヴォンヌ・エリマンの「If I Can't Have You」。映画「サタデー・ナイト・フィーバー」の曲でこれもバリー・ギブの作品だったのです。

 この年は他にアンディの「シャドウ・ダンシング」、フランキー・ヴァリの「グリース」もNO.1になっていますから、この時期のバリー・ギブはまさに神がかっていたように思います。

 

 最後にアンディがビー・ジーズの「Words」を歌っている動画を。これを見ると、彼は本当にバリーに憧れていたんだろうなあと思います。


Andy Gibb Words