まいにちポップス(My Niche Pops)

令和元年初日から毎日更新中〜1日1ポップス。エピソード、歌詞の和訳、謎解き、マニアックな捜査、勝手な推理、などで紹介していきます。text by 堀克巳(VOZ Records)

「ジョージー・ポージー (Georgy Porgy)」TOTO(1978)

 おはようございます。

 今日はTOTOの「ジョージー・ポージー」です。(リアル・タイムで聴いた人は「ジョージー・ポーギー」というタイトルでいったんインプットされましたよね)


Toto - Georgy Porgy (Official Video)

********************************************************************************
It's not your situation
I just need contemplation over you
I'm not so systematic
It's just that I'm an addict for your love

I'm not the only one that holds you
I never ever should have told you
You're my only girl
I'm not the only one that holds you
I never ever should have told you
You're my only world

Just think how long I've known you

It's wrong for me to own you,lock and key

It's really not confusing
I'm just the young illusion, can't you see

I'm not the only one that holds you
I never ever should have told you
You're my only girl
I'm not the only one that holds you
I never ever should have told you
You're my only world

 

Georgy Porgy, pudding pie
Kissed the girls and made them cry
Georgy Porgy, pudding pie
Kissed the girls and made them cry
Georgy Porgy, pudding pie
Kissed the girls and made them cry,,,

 

It's not your situation
I just need contemplation over you
I'm not so systematic
It's just that I'm an addict for your love

I'm not the only one that holds you
I never ever should have told you
You're my only girl
I'm not the only one that holds you
I never ever should have told you
You're my only world

 

Georgy Porgy, pudding pie
Kissed the girls and made them cry
Georgy Porgy, pudding pie
Kissed the girls and made them cry
Georgy Porgy, pudding pie
Kissed the girls and made them cry,,,

********************************************************************************

君の問題じゃないんだ

僕はただ君のことをよく考えなきゃいけない

僕はそんなにきちんとした人間じゃない

ただ君の愛に溺れているだけなんだ

 

君を抱きしめる男は ひとりだけじゃない

君が僕のたった一人の女性だなんて

絶対言うべきじゃなかった

君を抱きしめる男は ひとりだけじゃない

君だけが僕のたった一つの世界だなんて

絶対言うべきじゃなかった

 

君と知り合ってどれくらい経つのか考えたら

長くかかったよ 君を僕のものにするのに しっかりと

全然混乱なんかしていないよ

僕はただの若い空想家なんだ、わかるだろ

 

君を抱きしめる男は ひとりだけじゃない

君が僕のたった一人の女性だなんて

絶対言うべきじゃなかった

君を抱きしめる男は ひとりだけじゃない

君だけが僕のすべてだなんて

絶対言うべきじゃなかった

 

ジョージー・ポージー、プリンパイ

女の子たちにキスして 泣かせたよ

ジョージー・ポージー、プリンパイ

女の子たちにキスして 泣かせたよ

女の子たちにキスして 泣かせたよ     ”(拙訳)

********************************************************************************

 

 ヒントとなった曲はリオン・ウェア「I Want You」(マーヴィン・ゲイ)。R&B好きのデヴィッド・ペイチの個性が反映された曲

 

 "Georgy Porgy, pudding pie Kissed the girls and made them cry”

という印象的なコーラス(シェリル・リンが歌っています)は、

マザーグースからきています。


Georgie Porgie Nursery Rhyme || Popular Nursery Rhymes With Max And Louie

 "Georgie Porgie, pudding and pie,Kissed the girls and made them cry,

の後には "When the boys came out to play、Georgie Porgie ran away."

(男の子たちが遊びにやってきたら ジョージー・ポージーは逃げていった)

というくだりがあるんですね。

 

 とても有名な童謡の一つで、女の子のことを空想してあまり男らしくない子をからかうときに使われるらしく、歌詞の内容としっかり呼応しているわけです。

 

 恋におぼれて自制、自戒しようと懸命な主人公の独白に、それを揶揄するような童謡のフレーズを合わせるというなかなか、凝った構成の曲なんですね。

 

 作者である、TOTOの中心メンバーのデヴィッド・ペイチは、「IN THE BLINK OF AN EYE 1977-2011」というアルバムのこの曲に関するコメントで、スティーリー・ダンウォルター・ベッカーに会ったときに、彼が「Children's Nursery Rhymes(子供のための童謡)」と言う本を持っていた、と語っているので、それがきっけになったのかもしれません。

 

 さて、TOTOは世界的な人気バンドですが、とりわけ日本人が愛したバンドだと言えると思います。1980年代は世界的には4枚目の『TOTO IV〜聖なる剣〜』だけしか大ヒットしていないのですが、日本だけは80年代に出した全てのアルバムがTOP3に入っているのです。

 この時代に人気のあったジャーニー、フォリナー、スティックスなどいわゆる”産業ロック”(ハード・ロックプログレを聴きやすくポップにしたもの)と、日本人がいまだに好んでいる”AOR”の両方のエッセンスが実にうまく融合しているバンドだったからじゃないかと僕は思います。

 

 特にAORっぽさは、メイン・ソング・ライターのデヴィッド・ペイチの”R&B”への傾倒ぶりが大きく影響していると言っていいでしょう。そして、それが最もよく現れている曲がこの「ジョージー・ポージー」だと思います。

 

 デヴィッド・ペイチはこう語っています。

「”ジョージー・ポージー”がひらめくきっかけになったのは、一番最初はジャズを演奏する父親(フランク・シナトラなどジャズ・アーティストをメインに仕事をした名アレンジャー)のそばで育ったことではあると思うんだけど、リオン・ウェアーが書いたマーヴィン・ゲイの曲、「I Want You」を聴いた時に、僕の人生に大きな影響を与えたんだ」

     (SOMETHING ELSE)

 「IN THE BLINK OF AN EYE 1977-2011」のライナーノーツでも、彼はこの曲はリオン・ウェアに影響受けたと語っています。

 

  マーヴィン・ゲイの「アイ・ウォント・ユー」。もともとリオン・ウェアが自分の作品として制作していたものを、マーヴィンが気に入って自分のプロジェクトに吸収してしまったものでした。


I Want You

 リオン・ウェアの作品ではこれも近い感じがします。マイケル・ジャクソン、マーヴィンも取り上げた曲のセルフ・カバー。


I Wanna Be Where You Are

 TOTOのデビューのきっかけになった曲で、結局ボズ・スキャッグスのレパートリーになった「ミス・サン」はペイチがアル・グリーンを聴きまくって作ったものでしたから、やはり相当なR&B好きだったんでしょうね。

 

 この曲のグルーヴにR&Bアーティストもすぐさま反応、1979年にはもうカバーが作られます。とりあげたのは、ニューヨークのセッション・ミュージシャンによって結成されたディスコ・プロジェクト”チャーム”。リード・ボーカルはなんとルーサー・ヴァンドロス


CHARME Feat LUTHER VANDROSS - Georgy Porgy (1979)

  

 1999年のエリック・ベネイのヴァージョンもFMでよく耳にしました


Georgy Porgy (feat. Faith Evans)

 

デヴィッド・ペイチのR&Bフィーリングが色濃く出たもう1曲 

popups.hatenablog.com

 マザー・グース関連の曲 

popups.hatenablog.com

popups.hatenablog.com

 

 

f:id:KatsumiHori:20210217163102j:plain