まいにちポップス(My Niche Pops)

令和元年初日から毎日更新中〜1日1ポップス。エピソード、歌詞の和訳、謎解き、マニアックな捜査、勝手な推理、などで紹介していきます。text by 堀克巳(VOZ Records)

「Mr.サマータイム」サーカス(1978)

 おはようございます。

 今日はサーカスの「Mr.サマータイム」を。


Mr. サマータイム - サーカス

 この曲は1978年のカネボウの夏のキャンペーンソングとして大ヒットしました。

この頃は、資生堂カネボウの2大化粧品会社のCMソングというのが、”最も売れるタイアップ”としてしのぎを削っていました。

 同じ時期の資生堂のCMソングは矢沢永吉の「時間よ止まれ」。

popups.hatenablog.com

 この2曲は両方ともオリコン1位になり、セールスも拮抗していましたが、やや「Mr.サマータイム」のほうが売れたと記憶しています(「時間よ止まれ」が好きだった当時中学生の僕は悔しく思ったものです)。

 この曲をはじめとして1978年79年あたりの日本のポップスの”洋楽っぽさ”には改めて驚かされます。

 この曲の場合は、洋楽のカバーではあるのですが。

 原曲はフランスのシンガーで作曲家のミッシェル・フュガンが自身のグループ”ビッグ・バザール”を率いて1972年に発表した「愛の歴史(Une Belle Histoire)」という曲で、フランスでは80万枚を超える大ヒットを記録し、当時日本でもフランシス・レイピエール・バルーに並ぶソングライターとして紹介されていました。


Michel Fugain & le Big Bazar - Une belle histoire (1972)

 僕が関心を持ったのは6年前に大ヒットしたこの曲に、夏の歌詞をつけて化粧品会社のCMに使うという”アイディア”で、誰のアイディアかは調べてもわかりませんでした。

 しかし、サーカスのメンバーがTVに出演したときのインタビューで、この曲はもともと「Mr.メモリー」というタイトルでレコーディングを進めていたところ、カネボウのCMの話が現れて、カネボウ側から「Mr.サマータイム」に変えて欲しいというリクエストがあったと語っていた、という情報が見つかりました。

 「愛の歴史」をカバーするアイディアと、夏の歌にするアイディアは出どころが別だったようですね。しかし、その2つのアイディアが紛れもなく”化学反応”を起こしたわけです。

 また、この曲をリリースしたのは、日本のポップスを洋楽に近いものへと変化させた原動力となった”アルファ・レコード”。そして、この曲のディレクターは、荒井由実の「ひこうき雲」の担当で、ユーミンの音程を徹底的に直したことで知られる有賀恒夫氏が、ここでも音程に関して厳しくメンバーを鍛えたそうです。また、この曲をアレンジしたのは日本のジャズ界の第一人者前田憲男で、彼が相当高度なコーラス・アレンジを作り、そこでも相当鍛えられたそうです。そういった音源としてのクオリティーの高さが、このヒットをしっかり支えていたように思います。

 

 さて「時間よ止まれ」派だった僕は、長い間彼らの音楽はちゃんと聴かないままここまで来たのですが、今回プロフィールを追ってみると興味深いことがいくつかありました。

 

 まず、中心メンバーである叶正子は、サーカス以前に「ピーマン」という女性3人組グループでヤマハポプコンをきっかけにデビューしています。そして、当時キャンディーズが盛り上がってきた影響か、アイドルっぽい方向にいくことを強いられたようで、グループは解散したようです。


部屋を出て下さい  ピーマン

 その後、1977年に一度デビューし、シングルをリリースしているのですが、AB面共南佳孝作詞、作、編曲によるものでした。A面は南の1976年リリースのアルバム「忘れられた夏」に収録されていた「月夜の晩には」のカバーでした。

 このときの謳い文句では「ママス&パパス」が引き合いに出されていました。


月夜の晩には サーカス

  B面の「二人の帰り道」もなかなかいい感じで、こちらのほうが、今の”シティ・ポップ”ファンにはフィットしそうです。


サーカス 二人の帰り道 (1977)

 このときの男性メンバー二人がバンド志向だったせいで辞めてしまい、かわりに叶の弟2人に声をかけたそうです。そして、ABBAマンハッタン・トランスファーみたいな方向を目指しすことになり、作られたのが「Mr.サマータイム」だったわけです。

 

 そして「Mr.サマータイム」が収録されたファーストアルバム「サーカス1」には吉田美奈子の「夢で逢えたら」(大瀧詠一)と「ケッペキにいさん」、洋楽ではボズ・スキャッグス「二人だけ(We're All Alone)」、バリー・マニロウ「恋はマジック」、サマンサ・サング「愛のエモーション」(ビー・ジーズ作)など、なかなか興味深い曲がカバーされていました。

 

 そして、次のシングル「愛で殺したい」も、「Mr.サマータイム」同様、ミッシェル・フュガン&ビッグ・バザールのカバーでした。


愛で殺したい/サーカス  けんちゃん ☆


Michel Fugain - Chante comme si tu devais mourir demain [vidéo - HQ audio]

 

 アレンジは「Mr.サマータイム」と同じく前田憲男。彼は1977年に細野晴臣らティン・パン・アレイとともにブラジル音楽に挑んだ「サマー・サンバ」というアルバムを作っていますが、その片鱗が感じられる本格的なアレンジで、これは相当な意欲作だったと思います。

 (ちなみに、ラテン、サンバ調のヒット曲ということでは「勝手にシンドバット」がこの翌月、「モンロー・ウォーク」が翌年のリリースでした)

 

 日本語詞はなかにし礼。彼はもともとフランス語の曲の日本語詞も数多く手がけています。原題は「明日死んでしまうくらいのつもりで歌え」という意味らしく、どちらも生死がタイトルになっているわけですが、「愛で殺したい」というのは原詞のニュアンスとはかけ離れたものですね。

 なかにしは、同じ年の前半に”娼婦”という”リスクの高い”言葉を使った「時には娼婦のように」が大ヒットしていたので、その手応えをもとに確信犯的に「殺したい」を使ったのかもしれません。

 ただ当時、僕はまだ中学生のガキでしたが、まだ1曲しか知られていないグループの2作目に使うのは、「殺したい」という言葉はちょっとキツすぎるんじゃないのかな、などとエラそうに心配しながらテレビを見ていた記憶があります。

 

 結局「愛で殺したい」はヒットしませんでしたが、その翌年、爽やかな路線の「アメリカン・フィーリング」(坂本龍一編曲)でまた、彼らは復活することになります。


CIRCUS - American Feeling

 

 

サーカス アルファミュージック編 1978~1980

サーカス アルファミュージック編 1978~1980

  • アーティスト:サーカス
  • 発売日: 2005/11/30
  • メディア: CD