まいにちポップス(My Niche Pops)

令和元年初日から毎日更新中〜1日1ポップス。エピソード、歌詞の和訳、謎解き、マニアックな捜査、勝手な推理、などで紹介していきます。text by 堀克巳(VOZ Records)

「絵本の中で」クロディーヌ・ロンジェ(1971)

 おはようございます。

 筒美京平さんが亡くなられた(今月7日)ということで、きっとたくさんの方がSNSやブログなどで好きだった彼の曲について思いを綴っているかと思います。

 紛れもなく日本のポップス史上最大の作曲家ですから。

 洋楽ポップスの要素を日本の歌謡曲の中に鮮やかに活かすことで、日本のポップスを、そして一般大衆の”ポップスを聴く耳”を大きく成熟させた人だと僕は彼を捉えています。

 

 また、一斉を風靡した大ヒット曲が実にたくさんありながら、マニア心をくすぐるレア・トラックも実にたくさんあることが、彼を”無双”の存在にしているわけですが、ここではこのブログらしく(?)”レア・トラック”をピックアップしようと思います。

 

 1960年代A&Mレーベルの歌姫、元祖ウィスパー・ボイス、クロディーヌ・ロンジェが歌う筒美作品です。

 しかも、いしだあゆみの「ブルーライト・ヨコハマ」など、彼と名コンビだった作詞家橋本淳が書いた日本語詞を歌っています。

 「絵本の中で」という曲です。


Claudine Longet - Ehon No Nakade 絵本の中で

 

 いきなり”夜明けのまてぃで〜”と歌っていて、彼女が歌う歌詞カードの「街」を”MACHI"じゃなく”MATI”って書いちゃったんじゃないかなんて、余計な心配をしてしまいますが、これは1970年に彼女が来日した時に録音したものだそうです。もう1曲なぜか「五木の子守唄」も録音しています。


Claudine Longet - Itsuki no komoriuta 五木の子守歌

   この2曲が1971年リリースの彼女の日本編集のベスト盤に収録されました。

そして、2009年にロシアでリリースされた彼女のビートルズ・カバーを集めた「Sings The Beatles」というコンピレーションがあって、ビートルズのカバーが7曲に対して、レア音源を集めたボーナストラックが15曲もあるという不思議な構成になっていますが、そのボーナストラックにもこの2曲が収録されています。

 

 この時期の彼は1969年に「ブルーライト・ヨコハマ」が大ヒットしていたので、非常に忙しかったと思いますが、本来洗練されたポップスを好んだ彼にとっては是非やってみたい仕事だったのだろうと推測します。

 プロデュースはニック・デカロで、アレンジは筒美本人のようですが、ミュージシャンは誰だったのかぜひ知りたいところです。

  サウンドに合わせてメロディも基本洋楽っぽいのですが、時おり歌謡曲になるところが、ちょっとくせになりそうな感じ(?)が僕にはすごくするのですが、、。

 

 そしてこの「絵本の中で」をいしだあゆみが1972年にカバーしています。このヴァージョンも素晴らしいです。クロディーヌよりもいいところがあるとさえ思います。

バカラックディオンヌ・ワーウィックの関係ように、本質的な相性の良さが彼といしだあゆみにはあったような気がします。


いしだあゆみ - 絵本の中で

 筒美作品の魅力のひとつは、本質的にものすごく品がいいことじゃないでしょうか。けっこうベタな感じのするヒット曲でも、それは感じることができます。ヒット曲に”品”なんているか?と思われる人もいるかもしれませんが、”品”があるものはどんなジャンルにせよ、なかなか劣化しないと僕は感じています。

 

f:id:KatsumiHori:20201014111445j:plain