まいにちポップス(My Niche Pops)

令和元年初日から毎日更新中〜1日1ポップス。エピソード、歌詞の和訳、謎解き、マニアックな捜査、勝手な推理、などで紹介していきます。text by 堀克巳(VOZ Records)

「Lucky Radio」サミュエル・パーディー(1996)

  おはようございます。

新年の"Lucky"しばり(?)の選曲第2弾です。


Samuel Purdey, Lucky Radio Video, 1996

   歌っているのはサミュエル・パーディ。ボーカル/ギターのギャヴィン・ドッズとドラムスのバーニー・ハーレイからなるイギリス出身のユニットです。

 ギャヴィンはジャミロクワイのデビュー曲「When You Gonna learn?」のレコーディングにギターとして参加していたそうです。


Jamiroquai - When You Gonna Learn? (Official Music Video)

 バーニーもジャミロクワイのツアーでドラムスをやっていたことがあったそうです。

 1980年代後半から90年代にかけてイギリスと日本のクラブシーンではアシッド・ジャズと言われるジャンルが人気でした。そのシーンの総本山的なレーベルが”ACID JAZZ"で、ジャミロクワイも在籍していて「When You Gonna Learn?」は最初に”ACID JAZZ”レーベルからリリースされています。

 そういう繋がりもあったのでしょう。1994年に"ACID JAZZ"がリリースしたコンピレーション「Totally Wired Eleven」にサミュエル・パーディの曲が収録されています。(ちなみにムッシュかまやつモンド・グロッソの曲も入っています)


Clever Girl

 僕がサミュエル・パーディーの名前を知ったのは、音楽雑誌で”スティーリー・ダンのフォロワー”とか”新世代のAOR”みたいな紹介文を目にしたからです。そういう感じが好きな人はラジオ業界にも多かったのでしょう、J-Waveのチャートでも5位まで上がっていたようです。

 彼らの名前を久しぶりに見たのは、Suchmosがブレイクした時のインタビュー記事でした。彼らは自分たちに大きな影響を与えたバンドとしてサミュエル・パーディーをあげていたのです。

 それを読んで僕はちょっと驚きました。僕はサミュエル・パーディーはスティーリー・ダンAORに”影響を受けた”バンドとしてとらえていたので、そのバンドが”影響を与える”側になりうるということをイメージできなかったのです。

 考えてみれば、スティーリー・ダンよりサミュエル・パーディーのほうに”ピンとくる”人がいても当然です。特に若い世代にとっては、1970年代も80年代も90年代も”横並び”のものとして感じるわけですから。

 サミュエル・パーディを語る時に、スティーリー・ダンAORフォロワーみたいな切り口だけに囚われてしまうと、単なる懐古趣味的なユニットとして彼らをとらえてしまうことになってしまいます。

 Suchmosの耳を捉えたのは、彼らにはアシッド・ジャズの流れを組んでいるグルーヴ感というファクターが加わっている、言い方を変えれば、”クラブ・カルチャーを経由している”からじゃないかと僕は思います。

 しかし、彼らはセールス的には成功せずアルバム一枚だけで消えてしまいます。多くのAORのアーティスト同様、彼らを最も評価したのは日本人だったようです。

 

 ドラムスのパーディーは2016年に”POWDER BLUE TUX"というグループを作り、サミュエル・パーディー以上にスティーリー・ダンっぽい曲をリリースしています。


POWDER BLUE TUX - Container Zero (2016)

 

Lucky Radio

Lucky Radio

  • アーティスト:Samuel Purdey
  • 出版社/メーカー: P-VINE RECORDS
  • 発売日: 2019/03/20
  • メディア: MP3 ダウンロード
 

 

Musically Adrift

Musically Adrift

  • アーティスト:Samuel Purdey
  • 出版社/メーカー: Tummy Touch
  • 発売日: 2013/08/13
  • メディア: CD