まいにちポップス(My Niche Pops)

令和元年初日から毎日更新中〜1日1ポップス。エピソード、歌詞の和訳、謎解き、マニアックな捜査、勝手な推理、などで紹介していきます。text by 堀克巳(VOZ Records)

「アイ・ガッタ・フィーリング(I Gotta Feeling)」ブラック・アイド・ピーズ(2009)

 おはようございます。

 今日はブラック・アイド・ピーズの「アイ・ガッタ・フィーリング」です。

www.youtube.com

************************************************************************

I got a feeling
That tonight's gonna be a good night
That tonight's gonna be a good night
That tonight's gonna be a good, good night
A feeling
That tonight's gonna be a good night
That tonight's gonna be a good night
That tonight's gonna be a good, good night


A feeling 
That tonight's gonna be a good night
That tonight's gonna be a good night
That tonight's gonna be a good, good night
A feeling 
That tonight's gonna be a good night
That tonight's gonna be a good night
That tonight's gonna be a good, good night 


Tonight's the night, let's live it up
I got my money, let's spend it up 
Go out and smash it like oh my God
Jump off that sofa, let's kick it off
I know that we'll have a ball
If we get down and go out and just lose it all
I feel stressed out, I wanna let it go
Let's go way out, spaced out, and losin' all control


Fill up my cup, mazel tov
Look at her dancin', just take it off
Let's paint the town, we'll shut it down
Let's burn the roof
And then we'll do it again
Let's do it, let's do it, let's do it, let's do it
And do it, and do it, let's live it up
And do it, and do it, and do it, do it, do it
Let's do it, let's do it, let's do it


'Cause I got a feeling 
That tonight's gonna be a good night
That tonight's gonna be a good night
That tonight's gonna be a good, good night
A feeling
That tonight's gonna be a good night
That tonight's gonna be a good night
That tonight's gonna be a good, good night 


Tonight's the night
Let's live it up (Let's live it up)
I got my money (I'm paying)
Let's spend it up (Let's spend it up)
Go out and smash it (Smash it)
Like oh my God (Like oh my God)
Jump off that sofa (Come on), let's kick it off


Fill up my cup (Drank)
Mazel tov (L'chaim)
Look at her dancin' (Move it, move it), just take it off
Let's paint the town (Paint the town)
We'll shut it down (Shut it down)
Let's burn the roof
And then we'll do it again
Let's do it, let's do it, let's do it, let's do it
And do it, and do it, let's live it up
And do it, and do it, and do it, do it, do it
Let's do it, let's do it, let's do it, do it, do it, do it


Here we come, here we go, we gotta rock
Easy come, easy go, now we on top
Fill the shot, body rock, rock it don't stop
Round and round, up and down, around the clock
Monday, Tuesday, Wednesday and Thursday (Do it)
Friday, Saturday, Saturday to Sunday (Do it)
Weekend get-get-get with us, you know what we say
Party every day, p-p-p-party every day


And I'm feeling 
That tonight's gonna be a good night
That tonight's gonna be a good night
That tonight's gonna be a good, good night
A feeling
That tonight's gonna be a good night
That tonight's gonna be a good night
That tonight's gonna be a good, good night

************************************************************************

そんな気がするんだ
今夜はいい夜になりそうだって
今夜はいい夜になりそうだって
感じるんだ
今夜はいい夜になりそうだって
今夜はいい夜になりそうだって


感じるんだ
今夜はいい夜になりそうだって
今夜はいい夜になりそうだって
感じるんだ
今夜はいい夜になりそうだって
今夜はいい夜になりそうだって


今夜がその夜だ 盛り上がろうぜ
金はある  使っちまおう
外に飛び出して  びっくりするくらい羽目を外して
ソファから飛び降りて 蹴飛ばしちまえ
楽しむのよ
もし、落ち込んだら、外に出けて、全部吐き出そう
ストレス感じてるから、発散したいの
さあ、タガを外して 頭を空っぽにして 理性なんか失くして


酒を満たして、乾杯、
彼女のダンスを見ろよ、服を脱ぎ捨てて
街を塗りつぶして  封鎖しようぜ
屋根を燃やして
そして、またもう一度やるんだ
さあ、やろうぜ、やろうぜ、やろうぜ、、、

 

そんな気がするんだ
今夜はいい夜になりそうだって
今夜はいい夜になりそうだって
感じるんだ
今夜はいい夜になりそうだって
今夜はいい夜になりそうだって


今夜がその夜だ 盛り上がろうぜ
金はある  使っちまおう
外に飛び出して  びっくりするくらい羽目を外して
ソファから飛び降りて 蹴飛ばしちまえ

 

酒を満たして、乾杯、
彼女のダンスを見ろよ、服を脱ぎ捨てて
街を塗りつぶして  封鎖しようぜ
屋根を燃やして
そして、またもう一度やるんだ
さあ、やろうぜ、やろうぜ、やろうぜ、、、


やってきたぞ、さあ始めるぜ、ロックしよう
真面目になるなよ、オレたち最高潮
酒を注いで、体を揺らして、踊れ、止まるな
時計の針は、上がって下がって、ぐるぐる回る
月曜、火曜、水曜、木曜 (やるんだ)
金曜、土曜、土曜から日曜まで(やるんだ)
週末はオレたちと一緒に、言ってることわかるよな
毎日がパーティー、毎日がパーティさ


オレは感じている
今夜はいい夜になりそうだって
今夜はいい夜になりそうだって
感じるんだ
今夜はいい夜になりそうだって
今夜はいい夜になりそうだって

      (拙訳)

************************************************************************

 何年か前にEDM(エレクトリック・ダンス・ミュージック)が大ブームになりましたが、その最大の起爆剤になった曲がこの「アイ・ガッタ・フィーリング」でした。

 

 ハウスに代表されるクラブ・ミュージックはヨーロッパや日本ではそれなりに定着していたものでしたが、アメリカではまったくアンダーグラウンドな存在でした。しかし、この曲がアメリカ中で昼間からラジオでかかりまくり、全米チャート14週1位、ビルボード史上歴代8位というとんでもない大ヒットになったことで、ポップ・ミュージックの主流のサウンドへと一気に変わったのです。

 

 それはヒップホップの大人気グループであるブラック・アイド・ピーズと、クラブ・ミュージック界のカリスマDJデヴィッド・ゲッタがタッグを組んだ、HIPHOP×ハウス・ミュージックという異種配合が生み出した猛烈な化学反応だったのです。

ゲッタはこう語っています。

「『アイ・ガッタ・フィーリング』は実際にゲームの流れを変えて、アメリカのダンス・ミュージックの扉を開いたんだ。ラジオが初めてその曲をかけ始めたことで、僕だけじゃなく、僕のいるシーン全体がクロス・オーヴァーした。それはすごいエキサイティングなことだったよ」

 

「僕が始めた頃は、全部のダンス・ミュージックはアンダーグラウンドだったんだ。もし、君がハウスをプレイしたかったら、アンダーグラウンドにいなきゃいけなかった、それはクロスオーヴァーするタイプの音楽じゃなかったからね。僕の進化は、概ねシーン全体の進化にともなって起きたんだ」

 (Gurdian  Thu 4 Jun 2015)

 

 

  デヴィッド・ゲッタに声をかけたのは、ブラック・アイド・ピーズの中心メンバー、ウィル・アイ・アム。

 彼がオーストラリア滞在中、シドニーのクラブでイタリアから来たDJチーム、クルッカーズなどのプレイに夢中になり、アメリカに戻ると他のメンバーに、今の自分のインスピレーションはHIPHOPじゃなく、ダンス・ミュージックだと告げたといいます。

 

 彼の”アンテナ”と音楽的な柔軟性が、このマスターピースを作ったのかもしれません。

 ゲッタはまた、この曲のポジティヴさが良かったんじゃないかと語っています。困難な時代にこの曲がポジティヴなヴァイブを持ち込んだのだと。

 

 ゲッタは自分にとって最も重要なアルバムはマイケル・ジャクソンの「スリラー」だと語っている人なので、この曲がアメリカで大成功したことが本当に嬉しかったのでしょう、この曲のヒットが自分のキャリアで最も誇らしい瞬間で、思わず泣いてしまったと語っています。

 

 ブラック・アイド・ピーズは1995年頃から、その名前で活動していますが、ブレイクしたのは2003年に女性シンガー、ファーギーが参加してからでした。彼女はもともと彼らのファンで、ウィル・アイ・アムに連絡先を渡したことから、レコーディングに声をかけられ、そのままメンバーになったと言われています。

 最後は、2004年にリリースされた彼らの最初のヒット曲「Where Is The Love」。

HIHPHOPで社会的なメッセージを歌ったものはかなり過激なものが多いイメージがありますが、この曲は等身大で率直な、人種や年齢に関係なく共感できるもののように思えます。現在では彼らのレパートリーの中でも、1、2を争う人気曲になっているというのも、そういう力がこの曲にあるからかもしれません。

www.youtube.com

 

 

 

f:id:KatsumiHori:20211127163647j:plain