まいにちポップス(My Niche Pops)

令和初日から毎日、1000日連続で1000曲を選曲しました(苦笑)。古今東西のポップ・ソングをエピソード、歌詞の和訳、マニアックなネタ、勝手な推理、などで紹介しています。みなさんの音楽鑑賞生活に少しでもお役に立てればうれしいです。みなさんからの情報や思い出話などコメントも絶賛募集中です!text by 堀克巳(VOZ Records)

「ミッドナイト・ブルー」メリサ・マンチェスター(1975)

 おはようございます。

 今日はメリサ・マンチェスターの「ミッドナイト・ブルー」です。

www.youtube.com

************************************************************

Whatever it is, it'll keep till the morning
Haven't we both got better things to do?
Midnight blue
Even the simple things become rough
Haven't we had enough?

And I think we can make it
One more time
If we try
One more time for all the old times

For all of the times you told me you need me
Needing me now is something I could use
Midnight blue
Wouldn't you give your hand to a friend?
Maybe it's not the end

And I think we can make it
One more time
If we try
One more time for all the old times
Midnight blue

I think we can make it
I think we can make it
Oh, wouldn't you give your heart to a friend?
Think of me as your friend

And I think we can make it
One more time
If we try
One more time for all of the old, old times

One more time
I think we can make it
If we try
I think we can make it
If we try
Looks like we're gonna make it
Looks like we're gonna make it
If we try
I think we can make it

************************************************************

それが何であろうと、朝まで続くのだろう
二人とももっとやるべきことがあったんじゃない?
ミッドナイト・ブルー
簡単なことでさえつらくなる
もう十分じゃない?

そして、私たちならできると思う
もう一度
もし、やってみたなら
もう一度、昔のように

あの頃はずっと、あなたは私を必要としていると言ってくれた
今私を必要としているものは、私が使うことができるもの
ミッドナイト・ブルー
友達に手を差し伸べてくれない?
たぶん、それは終わりじゃない

そして、私たちならできると思う
もう一度
もし、やってみたなら
もう一度、昔のように

私たちならできると思う
私たちならできると思う
友達に心を預けてみませんか?
私をあなたの友達だと思って

そして、私たちならできると思う
もう一度
もし、やってみたなら
もう一度、昔のように

もう一回だけ
私たちならできると思う
やってみたなら
私たちならできると思う
やってみたなら
私たちならできるように思うの
私たちならできるように思うの
もしやってみたなら
私たちならできると思う

    (拙訳)

************************************************************

 ミッドナイト・ブルーはとても濃く深い青色のことですが、真夜中に物思いに耽る気持ちと重ね合わせることができるので、歌のタイトルに使われた例はいくつか思い浮かびます。ただ、この曲は深いブルーな気持ちでいながら、そこにとどまらずに、でも、なんとかやれるはず、と自らを何度も励ますところに説得力を感じます。

 

 メリサ・マンチェスターブロンクス生まれのシンガーソングライター。お父さんがニューヨーク・メトロポリタン・オペラのファゴット奏者で、彼女も音楽教育をしっかり学んだようで、15歳でコマーシャルのジングルを歌い始め、高校時代には音楽出版社のスタッフ・ライターをやっていました。それから、16歳のときにシングルを一枚だしています。珍しいのでそちらを。

www.youtube.com

 

 ニューヨーク大学ではポール・サイモンが教えるソングライティングのクラスを受講していたそうで、1971年にジングルの仕事を通してバリー・マニロウと知り合い、彼からベッド・ミドラーを紹介されて、彼女のバック・シンガーの一員として採用されました。 

 

 そして、1972年ベッド・ミドラーのコンサートの楽屋で、彼女はキャロル・ベイヤー・セイガーと出会い、彼女から一緒に曲を作ろうと提案されます。そして、それが彼女たち両方にとって大きなターニング・ポイントになりました。

 

 1973年に彼女はベル・レコードからデビューし、1974年にファースト・アルバム「Home to Myself 」をリリースしますが、10曲中6曲が二人の共作になっています。翌年にはセカンドアルバムを発売しますが、セールス的にはうまくいかず、ベル・レコードはクライヴ・デイヴィスが新たに発足させたアリスタ・レコードに吸収され、多くのアーティストが契約解除されることになりました。

 メリサとキャロルがこの「ミッドナイト・ブルー」を書いたのは1973年のことだったそうです。メリサは自分で歌うつもりはなく、ディオンヌ・ワーウィックに歌ってほしいと思い、彼女とつながりのあるヴィニ・ポンシアに聴かせたそうです。ポンシアは、フィル・スペクター作品や「ニューヨークは淋しい町」のトレイド・ウィンズで知られる人です。

 ポンシアはメリサ本人が歌うべきだと考えたようで、彼女のベル・レコードのプロデューサーとの契約が切れるまで待とうと判断します。その間、彼女はダスティ・スプリングフィールドに直接持ち込んで断られていたそうです。

 

 そして、ベル・レコードが終わった段階で、ポンシアはこの曲をクライヴ・デイヴィスに聞かせゴーサインが出て、アリスタからリリースすると大ヒット(1975年全米6位)になり、メリサを一躍有名にし、キャロルの作詞家としての大きな実績にもなったのです。

 

 メリサはこう回想しています。

「キャロルと一緒に作った曲は...すべて会話から生まれたものです。だから、曲のトーンはとても会話っぽくなっているの。リスナーはいつも、まるで最初の一行が発せられた瞬間に居合わせたような感じになるの」

                (Wikipedia

 また、彼女によると「ミッドナイト・ブルー」の発端は、彼女とキャロルと交わした、自分たちの若かった夫についての会話で、それは若い女性として、どんな人間関係にもある辛い時期を乗り越える方法を知らなかった」という内容のものだったそうです。

 特にキャロルはレコード・プロデューサーだった夫アンドリュー・セイガーと離婚したばかりで

「アンドリューがこの曲を聴いて、彼がどんな方法であれ私たちを元に戻せるように努力してくれることを願っていました」とのちに自叙伝で語っていたそうです。

 

  共にニューヨークで生まれ育った才女二人が、プライベートな本音をいろいろ語り合いながら、そこからたくさん曲を書いていったんですね。

 

 キャロルとの繋がりが功を奏した他の例としては、キャロルがピーターと一緒に書いた「あなたしか見えない(Don't Cry Out Loud)」も、メリサはピーターが歌うのをいち早く聴くことができ、ピーターより先にレコーディングしてヒットさせています。

 また、この曲の入った同名のアルバム「あなたしか見えない(Don't Cry Out Loud)」は日本のAORファンから大変人気のあるアルバムでもあります。

 

 いかにもニューヨークのシンガー・ソングライターという雰囲気の濃かった彼女の最大のヒットは、意外にも80’sポップスに思いっきり乗っかった(?)この曲でした。

 

 1982年全米5位「気になるふたり(You Should Hear How She Talks About You)」

www.youtube.com

  作曲したのはトム・スノウ。当時もっともヒットのツボを押さえた作家の一人で”トム・スノウみたいな作家求む”という広告が多く出ていたという話を聞いたことがあります。作詞は、のちに映画「フットルース」の原作を書き、サントラの曲の作詞を全部手がけて爆儲けしたディーン・ピッチフォードですから、完全に売れ線狙いだったんでしょう。

 その後彼女は大ヒットはありませんでしたが、現在までコンスタントに活動しています。

 最後には日本のポップス・ファンにはおなじみの彼女と山下達郎のデュエットを。

1996年、山下達郎のシングル「愛の灯〜STAND IN THE LIGHT」。

www.youtube.com

f:id:KatsumiHori:20210902141920j:plain