まいにちポップス(My Niche Pops)

令和元年初日から毎日更新中〜1日1ポップス。エピソード、歌詞の和訳、謎解き、マニアックな捜査、勝手な推理、などで紹介していきます。text by 堀克巳(VOZ Records)

「ボーダーライン(Borderline)」マドンナ(1983)

 おはようございます。

 今日はマドンナの「ボーダーライン」です。


Madonna - Borderline (Official Music Video)

 

 ”あなたの愛し方の何かが 私らしくさせてくれないの

 あなたの囚人にはなりたくない だからベイビー、私を自由にさせて

 

 やめて私の心をもてあそぶのは 始めたなら最後までやりとげて

  あなたが私の愛を呼び起こしたのだから

  私が欲しいなら 教えて ベイビー 見せてよ ふざけないで

 

  ただ理解しようとしてほしいの 私にできることは全て捧げた

  私のいいところは全部あなたのもの

 

  ボーダーライン 気が変になりそうよ

  あなたはただ私の愛を押し続けて

  境界線を超えてしまいそう

 

  ボーダーライン 気が変になりそうよ

  あなたはただ私の愛を押し続けて

  境界線を超えてしまいそう

 

  あなたの瞳の何かが私をあざ笑っている

  あなたの腕に抱きしめられて

  私が何も見えなくなるまで あなたは私を愛するの 

  でもすぐに失望させるの  見渡してみても 

  ベイビー、あなたは見つからないの

     私を追い払うのはやめて ここにいたいだけ

   私が言わなくちゃいけないことは

 

     ただ理解しようとしてほしいの 私にできることは全て捧げた

  私のいいところは全部あなたのもの

 

      ボーダーライン 気が変になりそうよ

  あなたはただ私の愛を押し続けて

  境界線を超えてしまいそう   "                             (拙訳)

 

 

 ***************************************************************************

Something in the way you love me won't let me be
I don't want to be your prisoner, so baby, won't you set me free
Stop playing with my heart
Finish what you start
When you make my love come down
If you want me, let me know
Baby, let it show
Honey, don't you fool around

Just try to understand (understand)
I've given all I can
'Cause you got the best of me

Borderline
Feels like I'm going to lose my mind
You just keep on pushing my love
Over the borderline

Borderline
Feels like I'm going to lose my mind
You just keep on pushing my love
Over the borderline
(Borderline)

Something in your eyes is makin' such a fool of me
When you hold me in your arms, you love me 'til I just can't see
But then you let me down, when I look around
Baby, you just can't be found
Stop driving me away, I just want to stay
There's something I just got to say

Just try to understand (understand)
I've given all I can
'Cause you got the best of me

Borderline
Feels like I'm going to lose my mind
You just keep on pushing my love
Over the borderline

Borderline
Feels like I'm going to lose my mind
You just keep on pushing my love
Over the borderline
(Borderline)

Keep pushing me
Keep pushing me
Keep pushing my love

(Keep on pushing my love) come on baby
Come on darling, yeah (over the borderline, borderline)

 

Writer/s: Reginald Grant Lucas

****************************************************************************

 ポップ・ミュージック史上最も長い期間トップの位置に君臨し続けている彼女ですが、もともとはダンサー志望でした。正確に言えば、自分というものを前面に押し出して、世界の注目を集めることができればジャンルは問わなかったようですが。

 

 ミュージカルに限らず、彼女は映画やビデオのオーディションも受けていたようで、落とされた役の中には「フットルース」や「フェーム」もあったといいます。

 

 ボーイ・フレンドの影響で音楽にも目覚めた彼女は、ダンス・ミュージックではなく、"ブレックファスト・クラブ”という当時の流行のパンク、ニューウェイヴっぽいバンドでドラムをやっていました。その後、ボーカルが抜けると彼女がボーカルを志願してやりはじめましたが、やりたい放題な彼女と他のメンバーが対立したため、彼女は脱退、その後”エミー”というバンドを組みますがこれも解散し、彼女はソロでやってゆくことにします。

 彼女が性格的に”合わない”のにバンドにしばらく固執したのは、当時憧れていたブロンディのデボラ・ハリーの影響じゃなかっ担じゃないかと僕は推測します。

 

 バンド解散後、ディスコは下火になってきたとはいえダンス・ミュージック自体は人気があった時代で、もともとダンサー志望でしたから、彼女がダンス・ポップに向かっていったのはごく自然なことだったはずです。

 

 マドンナのファースト・アルバムは、彼女のキャリアの中で”習作”的な存在かもしれませんが、ディスコ・ブームからユーロ・ビート・ブームの端境期(はざかいき)に作られたダンス・ポップ作品として貴重な意義があるように僕は思っています。

 アルバム中、デビュー曲の「Everybody」のみ、アマチュア時代からのパートナーであるマーク・カミンズ。そしてアルバムを作るにあたってレーベル側が用意したプロデューサー、レジー・ルーカス(エムトゥーメ)がほとんどの曲を手掛け、最後の仕上げのいくつかを、80年代ポップスの特徴の一つである”12インチ・ミックス”で一世を風靡したジョン”ジェリー・ビーン”フエテスが関わっています。

 ジェリー・ビーンは当時ディスコで旬なDJでもあり、彼女から近づいて自分のブレーン、そしてボーイフレンドにしたようです。

 レジー・ルーカスはもともとジャズ・プレイヤーですから大変音楽的なのですが、ミックスを旬なDJであるジェリー・ビーンを起用してやり直させたあたりは、早くもマドンナらしい”嗅覚”の鋭さを感じさせます。

 

 さて、このファーストアルバム、一番古いレパートリーの「バーニング・アップ」はロック・バンド時代の彼女のテイストが残っている感じがして面白いですが、ディスコ期とユーロ・ビート期の間のダンス・ポップという意味では「ホリデイ」「ラッキー・スター」が重要でしょう。


Madonna - Burning Up (Official Music Video)


Madonna - Holiday [Official Music Video]


Madonna - Lucky Star (Official Music Video)

 

 ただし、マドンナのレパートリーの中で「クレイジー・フォー・ユー」や「テイク・ア・バウ」といったまったく”毒のない”メロディアスな曲が好きな僕には「ボーダーライン」がぐっときます。

 

 「ボーダーライン」はアルバム中唯一、プロデューサーのレジー・ルーカスが書いた曲。レジー・ルーカスと言えば、このブログで紹介したステファニー・ミルズの「燃える恋心」も彼の作品でした。

 


Stephanie Mills - Never Knew Love Like This Before

 

  この2曲、かなり近いものを僕は感じます。「燃える恋心」のほうはジェイムズ・エムトゥーメとの共作となっていますが、「ボーダーライン」を聴くと「燃える恋心」もメロディはレジーがメインで書いていたのじゃないかなあと思えるのですがどうでしょう。

  

 

  それから、この「ボーダーライン」や彼女のデビュー・アルバムはヴィレッジ・ピープルなどディスコの作品を多く生み出したニューヨークのシグマ・サウンド・スタジオでレコーディングされたということを付け加えておきます。

 

f:id:KatsumiHori:20201110212257j:plain

 

popups.hatenablog.com

popups.hatenablog.com