まいにちポップス(My Niche Pops)

令和元年初日から毎日更新中〜1日1ポップス。エピソード、歌詞の和訳、謎解き、マニアックな捜査、勝手な推理、などで紹介していきます。text by 堀克巳(VOZ Records)

「セプテンバー(September)」Earth,Wind&Fire(1978)

 おはようございます。

 今日で9月が終わりということでアース、ウィンド&ファイアーの「セプテンバー」を。

**************************************************************************************

Do you remember the 21st night of September?
Love was changing the minds of pretenders
While chasing the clouds away

Our hearts were ringing
In the key that our souls were singing
As we danced in the night
Remember how the stars stole the night away


Ba de ya, say do you remember
Ba de ya, dancing in September
Ba de ya, never was a cloudy day


My thoughts are with you
Holding hands with your heart to see you
Only blue talk and love
Remember how we knew love was here to stay
Now December found the love that we shared in September
Only blue talk and love
Remember the true love we share today

Hey hey hey
Ba de ya, say do you remember
Ba de ya, dancing in September
Ba de ya, never was a cloudy day

There was a
Ba de ya, say do you remember
Ba de ya, dancing in September
Ba de ya, golden dreams were shinny days

The bell was ringing
Our souls were singing
Do you remember, never a cloudy day

There was a
Ba de ya, say do you remember
Ba de ya, dancing in September
Ba de ya, never was a cloudy day

There was a
Ba de ya, say do you remember
Ba de ya, dancing in September
Ba de ya, golden dreams were shinny days

**************************************************************************************

おぼえているかい?9月21日の夜を

君の愛が偽善者の心を変えていったんだ

雲を追い払いながら

 

僕らのハートは高鳴っている

僕らのソウルが歌うのとぴったり重なる

夜の中二人でダンスしながら

星がどんな風に夜の闇を消し去ったのをおぼえているかい?

 

Ba de ya おぼえているかい?

Ba de ya 9月に踊ったね

Ba de ya 曇った日なんてなかった

 

僕の想いは君と共にあるんだ

君に会いたくて 君の心と手を握り合っているんだ

甘い語らいと愛だけ

思い出すんだ 愛がここにあることをどんな風にして知ったのか

今は12月 9月に分かち合った愛を見つけた

甘い語らいと愛だけ

僕らが交わした真実の愛をおぼえておくんだ

 

Ba de ya おぼえているかい?

Ba de ya 9月に踊ったね

Ba de ya 曇った日なんてなかった

 

Ba de ya おぼえているかい?

Ba de ya 9月に踊ったね

Ba de ya 曇った日なんてなかった

素晴らしい夢とは輝く日々のことだったんだ    (拙訳)   

 

**************************************************************************************

 歌詞の内容は12月に9月21日のことを思い出すという歌なので、本当は12月か9月21日にアップすべきでしたね、、。

 

 さて、この曲が発売されたのはディスコの最盛期1978年でヒットチャートは最高8位止まりでした。今考えると当時売れたのは、インパクトの強いベタなディスコ・サウンドで、それに比べて「セプテンバー」はすごくスマートな感じがしたのは確かです。でも当時、中学生でヒットチャートをせっせとチェックしていた僕は、こんな最高に楽しい曲がなんで8位なんだと憤慨したのをよくおぼえています。

 しかし、リアルタイムではアースの代表曲ではなかったのですが、時間の流れというのは正しいジャッジをくだすもので、今では誰もが知る彼らの一番の有名曲になりました。

 アメリカではウェディング・パーティの定番曲らしく、わざわざ9月21日に結婚する人もけっこういたそうです。

 

  さて、この曲は、バンドのギタリストのアル・マッケイが自分のスタジオでリフからコード進行まで考えてベーシックを作って、そこにリーダーのモーリス・ホワイトと彼から声をかけてもらって初めて参加した女性ソングライターのアリー・ウィリスが歌詞やメロディを考えたそうです。

 ちなみに最初に彼女はモーリスから「世界最強の商人」(オグ・マンディーノ著)という本を渡され読むように言われ、LAにある「Bodhi Tree(菩提樹)」という有名なスピリチュアルな書店に連れて行かれて、そこで「世界最強の商人」で紹介されている哲学書をたくさん買ったそうです。

 一緒に曲を書くにあたって、自分の精神的な世界観を理解してもらおうというのは、いかにもモーリス・ホワイトらしいところです。そして、この本は彼女のその後の人生にも大きく影響を与えたそうです。

 彼女は基本的に歌詞を書いたと思いますが、他のアースの作品では「ブギー・ワンダーランド」、そして同曲の入ったアルバム「I am(黙示録)」でかなりの曲に参加しています。

 実は、僕はアースは「セプテンバー」から「I am」の時代が一番好きなんですが、彼女はサウンド的には一切貢献はしていないはずですが、何か化学反応みたいなものをもたらしたのかな、などと考えたりします。

 

 この曲の有名なコーラスは「ba-dee-ya」で、モーリスが最初から歌っていた意味のないフレーズだったそうで、アリーはちゃんと意味のある言葉に変更してほしいと彼に強く主張したのですが却下されてしまいます。

 結局、曲がヒットしてこのフレーズが効果的だったことがわかり、

 そこで彼女は

「歌詞は決してグルーヴの邪魔をしてはいけない」

 という鉄則を学んだそうです。

 

 そして、なぜ9月21日なのか?9月21日に何か意味があるのか?ということですが

 ただ、曲に9月1日から順にハメていって一番しっくりしたからということらしいです。

 それが今では結婚する日に指定されるというのも不思議な話です。

 

 


Earth, Wind & Fire - September (Official Music Video)

 

 2014年には歌詞を12月に替えた「December」も作られました。


Earth, Wind & Fire - December (Official Video)

 

 

September

September

  • アーティスト: アース・ウインド& ファイアー
  • 出版社/メーカー: Columbia/Legacy
  • 発売日: 2019/03/22
  • メディア: MP3 ダウンロード
  • この商品を含むブログを見る