まいにちポップス(My Niche Pops)

令和元年初日から毎日更新中〜1日1ポップス。エピソード、歌詞の和訳、謎解き、マニアックな捜査、勝手な推理、などで紹介していきます。text by 堀克巳(VOZ Records)

「9 to 5(モーニング・トレイン)( Morning Train(Nine to Five))」シーナ・イーストン(1980)

 おはようございます。

 今日はシーナ・イーストン

 朝の通勤電車にぴったりな曲はないかなあ、と考えているうちに久しぶりに思い出しました。


Sheena Easton - 9 to 5 (Morning Train) - Official Music Video

*******************************************************************************

I wake up every mornin', I stumble out of bed
Stretchin' and yawnin', another day ahead
It seems to last forever, and time goes slowly by
Till babe and me's together, then it starts to fly

'Cause the moment that he's with me, time can take a flight
The moment that he's with me, everything's alright
Night time is the right time, we make love
Then it's his and my time, we take off

My baby takes the morning train, he works from nine till five and then
He takes another home again to find me waitin' for him

My baby takes the morning train, he works from nine till five and then
He takes another home again to find me waitin' for him

He takes me to a movie, or to a restaurant, to go
Slow dancing, anything I want
Only when he's with me, I catch light
Only when he gives me, makes me feel alright

My baby takes the morning train, he works from nine till five and then
He takes another home again to find me waitin' for him

All day I think of him, dreamin' of him constantly
I'm crazy mad for him, and he's crazy mad for me
When he steps off that train, I'm makin' a fool, a fight
Work all day to earn his pay, so we can play all night

My baby takes the morning train, he works from nine till five and then
He takes another home again to find me waitin' for him

My baby takes the morning train, he works from nine till five and then
He takes another home again to find me waitin' for him

 

Writer/s: FLORRIE PALMER

********************************************************************************

毎朝起きて よろよろとベッドから出てゆく

伸びをしてあくびをして いつもの1日が待っている

こんな日が永遠に続きそう 

彼と私が一緒になるまで時はノロノロすぎる

そして一気に動き出すの

 

彼と一緒にいる間は 時間はあっという間

彼と一緒にいる間 すべてが順調

夜は 愛し合うのに ぴったりな時間

それからは彼と私の時間 飛び立つの

 

私の彼は朝の電車に乗って 9時から5時まで働くの

そして、彼を待っている私を探すためにまた家に帰ってくるの

私の彼は朝の電車に乗って 9時から5時まで働くの

そして、彼を待っている私を探すためにまた家に帰ってくるの

 

彼は映画にもレストランにも踊りにも連れて行ってくれる

私が望むことはなんでも

彼が一緒にいるときだけ 私は光を感じるの

彼が何かしてくれるときだけ わたしは心から安心できるの

 

私の彼は朝の電車に乗って 9時から5時まで働くの

そして、彼を待っている私を探すためにまた家に帰ってくるの

 

一日中彼のことを考えて しょっちゅう彼のことを夢に見る

彼にすごく夢中だし 彼も私にすごく夢中

彼が電車を降りたら

給料を稼ぐため1日中働いて だから私たちは夜通し楽しめるの

 

私の彼は朝の電車に乗って 9時から5時まで働くの

そして、彼を待っている私を探すためにまた家に帰ってくるの

********************************************************************************* 

 

 シーナ・イーストンスコットランド出身。本名はシーナ・シャーリー・オルというのだそうです。

 彼女は奨学金を得てグラスゴーの王立スコットランド音楽演劇アカデミーに入学し、1975年から1979年まで昼間はスピーチと演劇のレッスンを受け、夜は地元のクラブで歌うという生活をしていました。

 学校の先生の紹介で、彼女はBBCのTVプロデューサーのオーディションを受けることになります。そのプデューサーは、いろんなジャンルで有名になることを夢見ている人を追う「The Big Time」というドキュメンタリー番組をやっていました(歌手以外

ではカー・レーサーやレスラーなど様々な業種の人間が扱われています)

 日本ではNijiUをあつかった「スッキリ」のコーナーや古くは「ASAYAN」のような”リアリティ番組”のようなものですね。

 オーディションで選ばれた彼女は「彼女はダスティ・スプリングフィールドやルルの前で歌い、彼女たちのマネージャーからダメ出しをされたそうです。

 しかし、イギリスの最大手レコード会社”EMI"が彼女と契約を決め、デビューが決まりました。

 その時彼女は結婚していて姓がイーストンになっていました。しかし、8ヶ月ほどで離婚してしまったのですが、名前はそのままシーナ・イーストンと名乗ってゆくことに決めます。

 デビュー曲は「モダン・ガール」でした。


Modern Girl - Sheena Easton - HQ/HD

 そして、その次のシングルが「9 to 5」でした。両方とも「The Big Time」のオンエア前にリリースされたのでセールスは伸び悩んでいましたが、7月2日に放送されると一気にチャートをのぼり、2曲とも全英チャートのトップ10に入りました。

 そして時間をおいて1981年に全米でもブレイクし、この曲はチャートの1位になります。

  

 今思い返してみると、遠い日本でせっせと洋楽を聴いていた僕にとって、彼女は1980年代という新たなディケイドに入って最初に現れた現れたシンデレラ・ガールでした。

 そして、80年代ポップスの大きな方向性、60年代のポップスのテイストを入れながら今風にアレンジするという流れを、はっきり体現したアーティストだったんじゃないかと思います。

 始まったばかりの80年代のポップ・ミュージックはこんな感じが主流になりますよ、と宣言しているかのように。

 本人の意図とはまったく関係なく、80's POPの”最初の旗振り役”を担うことになったシンガー、今はそんな風に思えるのです。

 

  

f:id:KatsumiHori:20210224102243j:plain