まいにちポップス(My Niche Pops)

令和元年初日から毎日更新中〜1日1ポップス。エピソード、歌詞の和訳、謎解き、マニアックな捜査、勝手な推理、などで紹介していきます。text by 堀克巳(VOZ Records)

「イージー(Easy)」コモドアーズ(1977)

 おはようございます。

 今日はコモドアーズの「イージー」です。


Easy

*********************************************************************************

Know it sounds funny
But, I just can't stand the pain
Girl, I'm leaving you tomorrow
Seems to me girl
You know I've done all I can
You see I begged, stole, and I borrowed! (Yeah)

that's why I'm easy
I'm easy like Sunday morning
That's why I'm easy
I'm easy like Sunday morning!

Why in the world would anybody put chains on me?
I've paid my dues to make it
Everybody wants me to be
What they want me to be
I'm not happy when I try to fake it. No!

that's why I'm easy
I'm easy like Sunday morning
That's why I'm easy
I'm easy like Sunday morning!

I wanna be high, so high
I wanna be free to know
The things I do are right
I wanna be free
Just me! 


That's why I'm easy
I'm easy like Sunday morning
That's why I'm easy
I'm easy like Sunday morning,,,

*********************************************************************************

おかしく聞こえるのはわかるけど

ただもう胸の痛みに耐えられないんだ

ガール、明日君のもとを出てゆくよ

僕にはそう見えるけどね

君だって僕がやれるだけやったってわかっていると

僕は懇願し、奪い、そして借りたんだ

 

だから僕は気楽なんだ

まるで日曜日の朝のように気楽なんだ

だから僕は気楽なんだ

まるで日曜日のように気楽なんだ

 

一体全体どうしてみんな僕を縛りつけるんだ?

ちゃんと期限通りに支払っているし

みんな僕のことを彼らが望むような人間にしたがるんだ

いつわろうとするとき、僕はハッピーじゃないんだ、いやなんだ!

 

だから僕は気楽なんだ

まるで日曜日の朝のように気楽なんだ

だから僕は気楽なんだ

まるで日曜日のように気楽なんだ

 

ハイな気分いなりたい、すごくハイに

僕がやっていることは正しいて思える自由が欲しい

自由になりたいんだ ただ僕のままで

 

だから僕は気楽なんだ

まるで日曜日の朝のように気楽なんだ

だから僕は気楽なんだ

まるで日曜日のように気楽なんだ      (拙訳)

*********************************************************************************

 コモドアーズは1980年代にマイケル・ジャクソンやプリンスにも匹敵するほど大ヒットを飛ばしたライオネル・リッチーがいたことで知られているバンドです。

 コモドア(COMMODORE)とは、今では使われていないアメリカ海軍の階級の名前で。バンド名を決めるときに辞書を放り投げ、床に着地したときに広がったページから、目を閉じて指差したのがこの単語だったのだそうです。

 

 彼らはカントリー・ミュージックのメッカであるアラバマ州出身で、ファンク・バンドとしてスタートしますが、メンバーの中で特にカントリーの影響が強い、ライオネル・リッチーが作ったバラードやミディアム・バラードで有名になっていきます。

 

 そのきかっけとなったのが、この「イージー」でした。

日曜日の朝のように気楽だ<I'm easy like Sunday morning>という歌詞は、アメリカ南部に住む人なら誰にでも共通する感覚だとライオネルは語っています。

「南部の小さな町では土曜の夜でも11時半には死んだようになるんだ。道沿いの店はみんな閉まってしまう。朝4時までパーティーなんてありえないからね」(Songfacts)

 そして、穏やかな日曜日が来る、ということなんでしょう。

 

 2012年に彼はカントリー・アルバムをリリースし、その中で「イージー」をウィリー・ネルソンとデュエットしています。


Easy

オルタナ系ロック・バンド、フェイス・ノー・モアの1992年のカバー


Faith No More - Easy (Official Music Video)

 

  

f:id:KatsumiHori:20210325193723j:plain