まいにちポップス(My Niche Pops)

令和初日から毎日、1000日連続で1000曲を選曲しました(苦笑)。古今東西のポップ・ソングをエピソード、歌詞の和訳、マニアックなネタ、勝手な推理、などで紹介しています。みなさんの音楽鑑賞生活に少しでもお役に立てればうれしいです。みなさんからの情報や思い出話などコメントも絶賛募集中です!text by 堀克巳(VOZ Records)

「イット・エイント・オーヴァー・ティル・イッツ・オーヴァー(It Ain't Over 'Til It's Over) 」 レニー・クラヴィッツ(1991)

 

 おはようございます。

 今日はレニー・クラヴィッツ

 タイトルを訳すと「終わりになるまで、終わりじゃない」。禅問答みたいな感じもしますが、ニューヨーク・ヤンキーズの名選手ヨギ・ベラの言葉です。1973年彼がニューヨーク・メッツの監督を務めていた時に、夏場には9ゲーム半も離されていたシカゴ・カブスを大逆転して優勝したのですが、そのシーズンに彼がそう言ったみたいです。

 そういう話を聞くと、僕は長嶋監督の「メイク・ドラマ」「メイク・ミラクル」なんて言葉を思い出すのですが、ヨギ・ベラの発言も「ヨギイズム」と呼ばれ、あらためて考えてみるとよくわからないようなユニークなものとしてアメリカ人に親しまれていたようなので、実際かなり近いのかもしれません。

 ちなみに、EXILEのATSUSHIに「MAKE A MIRACLE」という曲がありますが、タイトルの元ネタは長嶋監督なんでしょうか?興味があります。

 それはともかく、

 終わりになるまで、終わりじゃない、は言葉としてよく考えると変ですが、最後の最後まで諦めるな、という風に皆受け止めるんじゃないでしょうか。

 レニーは、この言葉を男女の関係に当てはめているのがミソですね。いろんな辛いこともあって二人の関係も終わりそうに見えるけど、まだ僕は終わりだとは思っていない、そんな気持ちにうまくハマっています。

 当時彼は1970年代の音楽のタッチを新鮮に生まれ変わらせることでブレイクしましたが、この曲も70年代のフィラデルフィア・ソウルやアース・ウィンド&ファイアーのムードがあり、実際にホーン・セクションはアース・ウィンド&ファイアーのチームを使っていたそうです。

 


Lenny Kravitz - It Ain't Over Til It's Over

 

イット・エイント・オーヴァー・ティル・イッツ・オーヴァー

イット・エイント・オーヴァー・ティル・イッツ・オーヴァー

 

 

 

Greatest Hits [Explicit]

Greatest Hits [Explicit]