まいにちポップス(My Niche Pops)

令和元年初日から毎日更新中〜1日1ポップス。エピソード、歌詞の和訳、謎解き、マニアックな捜査、勝手な推理、などで紹介していきます。text by 堀克巳(VOZ Records)

「シャイン・ラブ(Shine a Little Love)」E.L.O(エレクトリック・ライト・オーケストラ)(1979)

 おはようございます。

   今日はE.L.Oの「シャイン・ラブ」です。


Electric Light Orchestra - Shine a Little Love (Official Music Video)

  

 ”君がやったことを 批評する気はないよ

   君には君のやり方があるはずだからね

     だけど、君にはわかってもらわなきゃ

   こんなことを言うのはバカみたいなのもわかってる

   でもかまわないんだ、今日は今日だしね

 

      *君は僕の人生に愛をそっとともしてくれる

   君は僕の人生に愛をそっとともしてくれる 僕に見せて欲しい

 

 (思い出して)今夜は夜明けまで走るんだ

 (思い出して)今夜二人言葉にしよう

     二人は止められない 楽しいことがたくさんあるんだ

      君はとっくに聞いていることだけど

  僕には君が必要なんだ 日毎にどんどん君がほしくなる

 

    *繰り返し

 

    わかるかい?(うん、わかるわ)

  気分はいいかい?(どんなものかはわかるわ)

    そのままでいてくれるかい?(最初からやり直すわ)

 

       あれから一年が経って ずいぶんよくなった

    君は何も言わず家に帰ってきた

       みんな君は彼女をじきに忘れると言ったけど

     ヤツらにはわからない ただ理解できないんだ

        鏡を覗き込めば どちら側にも愚か者がいる

 

  わかるかい?(うん、わかるわ)

  気分はいいかい?(どんなものかはわかるわ)

    そのままでいてくれるかい?(最初からやり直すわ)

 

  君に伝えるために、僕はいったい何日も待っているんだろう?

  本当に信じられないよ

  今夜、二人は世界に向かって歩いて行く

  夜明けの光が見えるまでもう一度やり直すんだ

  そうすれば 心の中で感じることが すぐに君の瞳を輝かせるだろう 

 

  *繰り返し                    ” (拙訳) 

 

 エレクトリック・ライト・オーケストラは”ロックとクラシックの融合””バンドと管弦楽団の合体”をコンセプトに1970年に作られたバンドです。

 当時は、シカゴやブラッド、スウェット&ティアーズといったブラス・セクションを入れたバンドが大人気で、それに対抗して弦楽器でいこうと思ったようです。

 しかし、その首謀者であったロイ・ウッドが早々に脱退。彼に誘われて参加していたジェフ・リンがグループの舵をとることになります。

 

 そしてグループは作品を重ねるごとにポップになり、商業的な成功をおさめていきます。この「シャイン・ラブ」は当時大流行していたディスコのビートを取り入れつつ、40人編成のストリングスも入っています。

 この曲の入ったアルバム「Discovery」はDisco Very(すごくディスコ)だと解釈できることも話題になりました。

(このタイトルを考えたのは、バンドのキーボーディスト、リチャード・タンディだそうです)

 

    この曲を書いたのもジェフ・リン。

    1970年代後半から80年代にかけて一番ポップな曲を書いていた人だと、僕は思っています。

 そのジェフ自身が、

 「曲を書いているとき調子が良くて、陽気で弾んだ曲になった」というから相当なものだと思います。