まいにちポップス(My Niche Pops)

令和初日から毎日、1000日連続で1000曲を選曲しました(苦笑)。古今東西のポップ・ソングをエピソード、歌詞の和訳、マニアックなネタ、勝手な推理、などで紹介しています。みなさんの音楽鑑賞生活に少しでもお役に立てればうれしいです。みなさんからの情報や思い出話などコメントも絶賛募集中です!text by 堀克巳(VOZ Records)

「愛しのロージー」松尾清憲(1984)

 おはようございます。

 今日は、”日本製のUKポップ(変な言い方ですが)の金字塔”、松尾清憲の「愛しのロージー」です。

www.youtube.com

 

 久しぶりに聴きましたが、あ〜ポップスはいいなあって気分が上がります。しかし、この曲の作詞は秋元康だったんですね。

 さて、松尾清憲はロイ・ウッドとかデヴィッド・ペイトン(パイロット)とかいったUKポップスの鬼才たちと同様の”匂い”のする貴重な日本人だと僕は思っています。

 

 ただ、彼の活動は実に多岐にわたっていて、全貌がつかみづらいん気がします。なので、今日は駆け足でほんとざっくりとですが、彼の足跡を追ってみたいと思います。

 

 彼のデビューは1980年。シネマというバンドで、ムーン・ライダーズの鈴木慶一のプロデュースでアルバム「MOTION PICTURE」(1981)を一枚リリースしています。

www.youtube.com

 シネマは1981年に解散してしまい、バンドのドラマーだった鈴木さえ子鈴木慶一のプロデュースで1983年に一足早くソロデビューしています。

 そして、松尾はこの「愛しのロージー」でソロ・デビューを果たしますが、プロデュースはムーンライダーズ白井良明が担当しています。

 

「人柄や相性というのもあるのでしょうが、慶一さんの次に親しくなったのが白井さんでした。ギタリストとしての観点からもすごいミュージシャンだなと思っていたので、白井さんが僕のソロのプロデューサーという話は、ある意味、自然な流れでもありましたね」

 (「ニュー・ベスト・オブ・松尾清憲:甘くてほろ苦い音楽生活のすべて」)

 

 これが「愛しのロージー」の場合は特に功を奏しているように思えます。なにより、クイーンのブライアン・メイを楽しく模したようなギターが実に効いていますからね。

 

 「愛しのロージー」に飛びついた僕は、その後、セカンド・アルバム、サード・アルバムとUKポップス色が褪せていったので、個人的には正直テンションが下がっていったのをおぼえています(勝手な反応なんですが、、)。

 とはいえ、彼のキャッチーなメロディーを描く才能は衰え知らずで、サードアルバム「NO THANK YOU」からは「サニー・シャイニー・モーニング」がTVアニメ「めぞん一刻」の主題歌として人気になりました。

www.youtube.com

 

 その後、彼はソロ活動を中断し、バンドを結成します。

 もう一人のポップス職人、杉真理と意気投合して結成した”BOX”はかなりダイレクトにビートルズへのオマージュを表現したグループですが、二人の組み合わせはレノン(松尾)=マッカートニー(杉)という佇まいでしたが、僕はロイ・ウッド=ジェフ・リンの組み合わせに近い感じをうけました。

 

「Temptation Girl」(1988)

www.youtube.com

 そして、1999年には松尾、杉の他に、チューリップのドラマー、上田雅利や、ポール・マッカートニー”直系”のシンガー・ソングライター、伊豆田洋之などが加わり、ピカデリー・サーカスを結成しています。

www.youtube.com

  2000年以降はソロ活動を再開、それに加えてシネマの再結成、BOXのサード・アルバムなど精力的にリリースを行なっています。

 

 また職業作家としても長く活動し、実にたくさんの曲を提供しています。作曲家としては鈴木雅之の「恋人」が有名ですね。

www.youtube.com

 でも実は僕は彼の書く歌詞が好きでした。彼の歌詞に目をつけて発注した甲斐よしひろは素晴らしいと思います。

 甲斐バンド「レイニー・ドライヴ」

www.youtube.com

 

 最後は「愛しのロージー」のカバーを。元AKB48のオープニング・メンバーでその後ソロ活動をはじめ、シティ・ポップなどにもアプローチし、ポップ・マニアにアピールしてきた星野みちる。2015年に松尾清憲とコラボ・シングルをリリースしていて、そのB面に収録されていました。

www.youtube.com

 

f:id:KatsumiHori:20211117160818j:plain