まいにちポップス(My Niche Pops)

令和初日から毎日、1000日連続で1000曲を選曲しました(苦笑)。古今東西のポップ・ソングをエピソード、歌詞の和訳、マニアックなネタ、勝手な推理、などで紹介しています。みなさんの音楽鑑賞生活に少しでもお役に立てればうれしいです。みなさんからの情報や思い出話などコメントも絶賛募集中です!text by 堀克巳(VOZ Records)

「オール・ザット・シー・ウォンツ(All That She Wants)」エイス・オブ・ベイス(1992)

 おはようございます。

 今日はエイス・オブ・ベイスの「オール・ザット・シー・ウォンツ」です。

www.youtube.com

************************************************************

She leads a lonely life
She leads a lonely life

When she woke up late in the morning light
And the day had just begun
She opened up her eyes and thought
"Oh, what a morning"

It's not a day for work
It's a day for catching tan
Just lying on the beach and having fun
She's going to get you

 

All that she wants is another baby
She's gone tomorrow, boy
All that she wants is another baby, yeah
All that she wants is another baby
She's gone tomorrow, boy
All that she wants is another baby, yeah
(All that she wants)
(All that she wants)

 


So if you are in sight and the day is right
She's the hunter, you're the fox
The gentle voice that talks to you won't talk forever
It is a night for passion
But the morning means goodbye
Beware of what is flashing in her eyes
She's going to get you

 


All that she wants is another baby
She's gone tomorrow, boy
All that she wants is another baby, yeah
All that she wants is another baby
She's gone tomorrow, boy
All that she wants is another baby, yeah (Is one more baby, yeah)
Ahhh, ahh

 

All that she wants is another baby
She's gone tomorrow, boy
All that she wants is another baby, yeah (Is one more baby)
All that she wants is another baby (Is one more baby)
She's gone tomorrow, boy
All that she wants is another baby, yeah (Is one more baby, yeah)

 

All that she wants
All that she wants 

************************************************************

彼女は孤独な人生を送っている
彼女は孤独な人生を送っている


朝の光の中、遅い時間に彼女が目を覚ますと
その日は始まったばかりだった
彼女は目を開けて考えた
"ああ、なんて朝なんだろう"
今日は仕事はない
日焼けをする日
ビーチに寝そべって楽しむの
彼女は君をつかまえるのさ


彼女がほしいのは  別の相手だけ
明日には彼女はいなくなるのさ、ボーイ
彼女がほしいのは、一夜の恋人だけ
彼女がほしいのは その場限りの相手だけ
明日には彼女はいなくなるのさ、ボーイ
彼女がほしいのは  別の相手だけさ


だから、もし君が彼女の視界に入って
都合のいい日なら
彼女はハンター、君はキツネさ
君に語りかける優しい声は永遠には続かない
それは 情熱のための夜
でも、朝はさよならを意味してる
彼女の瞳に光るものに気をつけるんだ
彼女は君を手に入れようとしているのさ


彼女がほしいのは  別の相手だけ
明日には彼女はいなくなるのさ、ボーイ
彼女がほしいのは、一夜の恋人だけ
彼女がほしいのは その場限りの相手だけ
明日には彼女はいなくなるのさ、ボーイ
彼女がほしいのは  別の相手だけさ


彼女がほしいのは  別の相手だけ
明日には彼女はいなくなるのさ、ボーイ
彼女がほしいのは、一夜の恋人だけ
彼女がほしいのは その場限りの相手だけ
明日には彼女はいなくなるのさ、ボーイ
彼女がほしいのは  別の相手だけさ

彼女がほしいのは
彼女がほしいのは

         (拙訳)

************************************************************

 

 ロクセットの成功を追いかけるようにスウェーデンから現れてチャートを賑わしたのがエイス・オブ・ベイスです。

 彼らはジョナス“ジョーカー”バーグレン、リン・バーグレン、ジェニー・バーグレン、ウルフ“ブッダ”エクバーグの4人組。

    男女2人ずつの4人組のためアバと比較されましたが、アバが”2カップル”でしたが、こちらは3兄妹プラス1という編成です。

 

 90年代初にバーグレン兄妹がTECH NOIRというテクノ・バンドを結成し、やがて彼らのリハーサル室の隣で別のバンドで演奏していたウルフと意気投合し、ジョナスとウルフは一緒に作曲やプロデュースをするようになります。

 

 この「オール・ザット・シー・ウォンツ」を含むオリジナル曲のデモを録音すると彼らはストックホルムに行き、主要なレコード会社をすべて訪問しましたが、どこも興味を示してくれなかったそうです。

 しかし、その後デンマークコペンハーゲンにあるMega Recordsに認められデビューすることになります。

 デビュー曲は「Wheels of Fortune」(1992)という曲でした。

www.youtube.com

 あるとき、彼らはKayoの「Another Mother」という曲を聴いて、自分たちが探していたドラム・ビートはこれだと思い、プロデューサーにデモテープを送ることにしたそうです。

www.youtube.com

 そのプロデューサーがデニス・ポップ、彼はDJとしても知られていました。 

 そして、彼の家にエイス・オブ・ベイスのデモのカセットが届いたそうですが、その後面白いことがおきます。

 デニスが車のカセットデッキにそのテープを突っ込んで聴いていると、そのカセットが何かにひっかかって取り出せなくなったそうなんです。しかたなく彼は毎日仕事の行き帰りに彼らのデモを聴くハメになったという、なんとも不思議な話です。

 

 そして、メンバーがデニスに電話をすると、わかったという返事が戻って来て、最初に一緒に作ったのがこの「オール・ザット・シー・ウォンツ」だったのです。

 

 曲が完成に近づくとデニスは毎日リズムを変えると、それをクラブでかけて客の反応を確認したそうです。そして、皆が踊らないパートがあると、翌日それを修正したといいます。

 毎晩クラブでかけていたのは、インスト・ヴァージョンだったそうです。純粋にウケる最良のリズムを探っていたんですね。そして、ある日デニスとジョナスとウルフで車でこの曲のインストを一晩中聴き続け、これだと確信したそうです、そして、それをデニスがクラブでかけるとインストであるにも関わらず、人々は熱狂的に踊ったといいます。

 

 そして、特筆すべきことは、これだけ、クラブで”テスト走行”を繰り返して完成させた作品ですから、クラブ・ミックスを作る必要がなかったということです。クラブもラジオもまったく同じ音源が流れたんですね。

 

 発売すると世界中で大ヒット、アメリカでも最高2位まで上がり、彼らは一躍有名になり、デニス・ポップも仕事が殺到しはじめ、”シェイロン”という自分のスタジオをオープンし、若い才能を集めました。その中に、ポップ・ミュージック史上、レノン、マッカートニーの次に数多くの全米1位の楽曲を書いたマックス・マーティンもいたのです。

 

 最後は彼らの大ヒット曲をもう2つ。

 

「The Sign」1993年全米1位。この曲のデモを聴いたクライヴ・デイヴィスはデニス・ポップにブラッシュアップするよう指示したそうです。デニスと一緒に作業したのはダグラス・カー。のちにメイヤで大当たりする人ですね。松本英子佐藤康恵などもプロデュースしていました。この頃はデニスのシェイロン・スタジオで仕事をしていたようです。ダグラスはベースライン作りに苦労したとのちに語っています。

www.youtube.com

「Don't Turn Around」1994年全米4位。オリジナルはティナ・ターナーでレゲエ・グループ、アスワドのカバーも人気がありました。作者はアルバートハモンドとダイアン・ウォーレン。

www.youtube.com

(参考:「This Is Pop:ポップスの進化〜ストックホルム症候群NETFLIX

f:id:KatsumiHori:20211114202355j:plain