まいにちポップス(My Niche Pops)

令和元年初日から毎日更新中〜1日1ポップス。エピソード、歌詞の和訳、謎解き、マニアックな捜査、勝手な推理、などで紹介していきます。text by 堀克巳(VOZ Records)

「カーニバル」カーディガンズ(1995)

 おはようございます。

 今日はスウェディッシュ・ポップの代表バンド、カーディガンズの「カーニバル」。


The Cardigans - Carnival

 この曲はJ-WaveFM802、ZIPFMといった洋楽を多くオンエアするFM局と、HMV、タワー、WAVEの輸入盤を多く売っていたCDショップが連携するようにものすごく盛り上げていた記憶があります。

 そんな彼らをいち早く発見して本国スウェーデンに負けないほど盛り上がったのも日本でした。

 ちょうどその頃、彼らのような音楽を受け入れるファン層がちょうど拡大していたんですね。

 ネオ・アコから渋谷系の流れ、フリッパーズ・ギターが筆頭ですね。ピチカート・ファイヴカヒミカリイなどもカーディガンズと親和性はあったと思います。

 カーディガンズのプロデューサー、トーレ・ヨハンソンとも仕事をしたことのあるカジヒデキは、彼らのファースト・アルバム「Emmerdale」は”渋田界隈が騒然となった”と語っています


The Cardigans - Sick & Tired

 カーディガンズは当時ヘヴィ・メタルをやっていたという1992年にギターのピーター・スヴェンソンとベースのマグナス・スヴェニンソンを中心に結成され、メンバー5人で共同生活をしながら音楽活動をしていたそうです。そのデモがプロデューサーのトーレ・ヨハンソンの耳にとまりデビューすることになります。作曲ピーター作詞マグナスというスタイルで曲を作ってきましたが、ボーカルのニーナ・パーションが初めて歌詞を手がけたのが「カーニバル」だったそうです。

 そして「カーニバル」は日本以外でもイギリスなどでもヒットしましたが、この曲の入った「LIFE」は日本がオリコン最高13位と(スウェーデンは20位、イギリスは51位)一番のセールスをあげています。

 そして、次の作品で彼らは世界的にブレイクします。


The Cardigans - Lovefool

 この曲は映画レオナルド・ディカプリオの映画「ロミオ+ジュリエット」で使われたことをきっかけに、世界中で大ヒットします。

 この曲の歌詞もボーカルのニーナで、空港で飛行機を待っている時に書いたそうで

”一番のヒット曲は一番容易く書けた曲だった”と語っています。

 

 このあたりで彼らが突き詰めてきたスタイルが極まったのでしょうか、もしくは自分たちの年齢や時流と共に変化しようとしたのでしょうか、この次のアルバム「グラン・トゥーリスモ」では、今までの温かみのある親密なサウンドから一転、暗く無機質なサウンドに変貌しています。


The Cardigans - My Favourite Game “Stone Version”

 しかし、この方向転換が成功し、かれらばまた世界的に高い評価を受けます。

 ただ、日本ではあまりウケなかったようで、ここから彼らの人気は終息していった感じはします。しかし、海外ではこの後も引き続き人気は衰えず、寡作ながら本国スウェーデンでは国民的なバンドの座を掴んだようです。

 ちなみに、このアルバムの後、彼らはなんとトム・ジョーンズと共演。トーキング・ヘッズの曲をカバーしています。

popups.hatenablog.com


Tom Jones, The Cardigans - Burning Down The House (Official Video)

 

 彼らは、バンドの中に顔となる魅力できなボーカリストと、とても才能のあるソングライターがいて、その上で、独自のサウンドを作れる卓越したプロデューサーと相性が良くがっちり組めたわけですから、今考えると最強の布陣だったわけですね。

 そして、同じ布陣でいながら、成功した一つのスタイルに固執しなかった、というのが大きかったんでしょうね。

 ちなみに、プロデューサーのトーレ・ヨハンソンは当時日本のアーティストの間でも大人気でした。原田知世BONNIE PINK、レミオロンメンなど、これほどたくさんの日本人のプロデュースをした外国人プロデューサーは他にいないのではないでしょうか。

 

 そして、ギターと作曲を手がけていたピーター・スヴェンソンはいま、アメリカで売れっ子ソングライターとして大活躍しています。

 これも彼の作品だったんですね。そう言われると納得できますが。


Carly Rae Jepsen - I Really Like You

 また、この世界的大ヒットにも、マックス・マーティンなどとともに共作者として名を連ねています。


The Weeknd - Can't Feel My Face

 

 さて、カーディガンズは昨年ライヴを行ったようで、その映像がアップされています。ラストが「カーニバル」〜「ラブフール」です。 


The Cardigans - REC Festival (2019)

ライフ+5

ライフ+5

 

 

ベスト・オブ・カーディガンズ

ベスト・オブ・カーディガンズ