まいにちポップス(My Niche Pops)

令和元年初日から毎日更新中〜1日1ポップス。エピソード、歌詞の和訳、謎解き、マニアックな捜査、勝手な推理、などで紹介していきます。text by 堀克巳(VOZ Records)

「ひとりぼっちのクリスマス(All Alone on Christmas)」ダーレン・ラヴ(1992)

 おはようございます。

 今日はダーレン・ラヴの「All Alone on Christmas」。映画「ホーム・アローン2」の主題歌でした。


Darlene Love - All Alone On Christmas (Official Video)

 

”冷たい風が吹いて 通りは暗くなってきた

あなたに手紙を書こうとしているけど どこから始めたらいいのかしら

もうすぐセント・ジョン・ザ・ディヴァイン大聖堂の鐘が鳴る

毎年この時期になると 少し寂しくなるの

リトル・イタリーでは夜通し音楽が流れ

ロックフェラー・センターのツリーがライトアップされる

五番街にはウィンドウ・ショッピングする人たち

私がクリスマスに欲しいのはあなただけなのに

 

知っておきたいの  寂しい心はどうなってしまうの

だって 誰だってひとりっきりでクリスマスでいるべきじゃないから

 

あなたが最後にいたころからしたら ここは変わったわ

子供の頃夢みたことはもう過去のものになってしまった

今年はたぶんあなたなら望みをもたらすことができるはず

思い浮かべたシュガープラムも消えてしまった

雪の中そり遊びをしたことおぼえてる?

「クリスマス」を聴きながら夜通し踊った

今年のお祝いはほろ苦いわ

通りには子供を連れた母親たちが

 

知りたいの  寂しい心はどうなってしまうの

だって 誰だってひとりっきりでクリスマスでいるべきじゃないから

 

私はすっかり大きくなったけど

何も変わっちゃいないでしょ

この手紙を書いているの だって今も私は信じているから

サンタさん 今年はずっといい子にしてたわ

だから少しでいいから私と一緒にいてくれないかな?

 

知っておきたいの 寂しい心はどうなってしまうのか

だって 誰だってひとりっきりでクリスマスでいるべきじゃないから

たったひとりでいるべきじゃないから

教えて欲しいの みんなどこに行くの 寂しい心はどうなってしまうの

知っておきたいの クリスマスに誰もいない    ”(拙訳)

********************************************************************************


The cold wind is blowin' and the streets are getting dark
I'm writin' you a letter and I don't know where to start
The bells will be ringin' Saint John the Divine
I get a little lonely every year around this time
The music plays all night in Little Italy
The lights will be going up on old Rockefeller tree
People window shopping on Fifth Avenue
All I want for Christmas is you

I've got to know (Nobody ought to be all alone on Christmas)
Where do the lonely hearts go
(Nobody ought to be all alone on Christmas)
Oh 'cause nobody ought to be all alone on Christmas


Things are different since you've been here last
Childhood dreaming is a thing of the past
Maybe you can bring us some hope this year
Visions of sugar plums have disappeared
Do you remember sleigh riding in the snow
And dancing all night to "Baby, Please Come Home"
Today's celebration is bittersweet
There's mothers and children in the street


I wanna know (Nobody ought to be all alone on Christmas)
Where do lonely hearts go
(Nobody ought to be all alone on Christmas)
'Cause nobody ought to be all alone on Christmas

I'm all grown up but I'm the same you'll see
I'm writing you this letter 'cause I still believe
Dear Santa I've been good this year
Can't you stay a little while with me right here

 

   I've got to know
(Tell me) I've got to know (Nobody ought to be alone on Christmas)
Where do lonely hearts go
because nobody ought to be all alone on Christmas

 nobody ought to be all alone on Christmas

 nobody ought to be

Oooh yeah on Christmas (Nobody ought to be alone on Christmas)

All alone on Christmas (Nobody ought to be alone on Christmas)

Tell me I've got to know (Nobody ought to be alone on Christmas)
Don't leave me alone (Nobody ought to be alone on Christmas)
All alone on Christmas (Nobody ought to be alone on Christmas)
Tell me I've got to know (Nobody ought to be alone on Christmas)
Where do they all go (Nobody ought to be alone on Christmas)
Where do lonely hearts go (Nobody ought to be alone on Christmas)
I've got to know (Nobody ought to be alone on Christmas)
Nobody on Christmas (Nobody ought to be alone on Christmas)

*************************************************************************

 

 この歌の中で”All I want for Christmas is you”なんてフレーズが出てきますが、マライア・キャリーの「恋人たちのクリスマス」が発売されるより2年も前の曲です。このフレーズはマライアが歌にする前から、普通に使われていたものだったんですね。

 

 

  ダーレン・ラヴはロサンゼルス生まれの黒人女性シンガー。圧倒的な力量を持ちながら、キャリアのはじめの方では不当な扱いを受け苦労しましたが、彼女のファンだったミュージシャンたちのバック・アップもあって後年になりリスペクトされる存在になりました。

 彼女はもともとブロッサムズという女性コーラス・グループのメイン・ボーカルとして活動していましたが、そこでフィル・スペクターのレコーディングに参加することになります。

 フィルは自分が手がけて大ヒットしそうな曲を探している中でジーン・ピットニーが書いた「ヒーズ・ア・レベル」という曲を見つけました。

 そして、誰よりも早くレコーディングしてリリースしようと動き始めました(当時は良い曲は何人ものシンガーに録音されることが多かったのです)。

 しかし、彼がこの曲を歌わせようと思ったクリスタルズはツアーでいなかったため、急遽他のシンガーに歌わせて”クリスタルズ”の名義でリリースしようと決めます。


The Crystals - He's a Rebel (1962)

 その「ヒーズ・ア・レベル」でメイン・ボーカルをとったのが彼女でした。しかも、「ヒーズ・ア・レベル」は全米1位の大ヒットになります。曲が巷でガンガン流れているのに誰も自分が歌っていることを知りません。

 それを、悔しく思った彼女は、フィル・スペクターとの専属契約を申し出ます。彼の

作品のバックアップ・シンガーを数多くつとめた後、ようやく契約してもらえることになります。

 そしてレコーディングされたのが「愛しているんだもの(He's Sure the Boy I Love)」という曲でした。(書いたのは「ふられた気持ち」のバリー・マン&シンシア・ワイル)

 ところがフタを開けてみると、これまた”クリスタルズ”の名前でリリースされていました。


The Crystals - He's Sure The Boy I Love

 そして、その後ようやく”ダーレン・ラヴ”という名前でリリースできることになります。その中で一番有名なのがクリスマスの大定番「クリスマス(Christmas< Baby Please Come Home>」でしょう。これは、最初はフィルのお気に入りだったロネッツのロニーに歌わせるつもんりだったのがうまくいかなかったため、ダーレンが歌うことになったそうです。


Darlene Love - Christmas (Baby Please Come Home) (Official Audio)

  トータルで言えば、フィルとの仕事は彼女にしてみたらハッピーなものではありませんでした。それで、フィルとの契約が切れると彼女は”フィラデルフィア・ソウル”で大ヒットを飛ばしていたギャンブル&ハフと契約をし、心機一転を図ろうとしました。

 しかし、そこでフィル・スペクターがその契約を”買い戻して”しまいます。しかし、

当時ビートルズ作品も手がけて大物になった彼は、彼女を真剣に売ろうという気持ちもなく、彼女は深く失望し音楽の世界をやめてしまいました。

 

 その後、何年も彼女は家政婦をやって生計を立てていたそうです。

 

 そしてあるクリスマスの日、彼女が家政婦として浴室を掃除していると、ラジオから彼女が歌う「クリスマス」が聞こえてきたそうです。

 そこで、彼女は自分の仕事は歌うことなんだ、と思い、音楽の世界に復帰するためにカリフォルニアからニューヨークに向かったといいます。

 彼女に最初に声をかけたのは、やはり一時フィル・スペクターの元にいたライチャス・ブラザーズのビル・メドレーでした。

 そして、彼女の大ファンだったアーティストにブルース・スプリングスティーンや彼の盟友スティーヴ・ヴァン・ザントもいて、彼女のカムバックに協力しました。

 

 この「ひとりぼっちのクリスマス」はスティーヴの作詞作曲、プロデュースの作品。

 演奏はスプリングスティーンのバンド”E.ストリート・バンド”と、ブルース、スティーヴと縁の深いホーン・セクション”マイアミ・ホーンズ”という強力な布陣。

 

 歌詞を見ると ”dancing all night to "Baby, Please Come Home””

 彼女の持ち歌である「クリスマス」で朝まで踊ったなんてフレーズもあって、リスペクトが感じられます。

 ひとりぼっちで今年のクリスマスを迎えるという設定自体一緒ですので、意図的に「クリスマス」のオマージュにしているのでしょう。

 

   彼女は見事に復活し、本来得られるべきであった名声も、かなり遅くはなりましたが取り戻すことができました。

 2011年には彼女は”ロックの殿堂”入りも果たしています。

 

  今では彼女はアメリカでは”クリスマスの声”のような存在になっているようで、その後いろんなクリスマス・ソングを歌っています。

 ロックの殿堂のYouTubeサイトには彼女の歌う「クリスマス」を編集した動画がアップされていました。


Darlene Love Performs "Christmas (Baby Please Come Home)"

  

popups.hatenablog.com

 <参考:映画「バックコーラスの歌姫たち」>

 

f:id:KatsumiHori:20201208095333j:plain