まいにちポップス

1日1ポップス。エピソード、歌詞の和訳、謎解き、勝手な推理、などで紹介していきます

「恋ほど素敵なショーはない」岩崎良美(1983)

 おはようございます。

今日は岩崎良美

昨日は「そよ風の誘惑」をピックアップしましたが、動画を検索していたら岩崎姉妹のカバーが出てきました。


【岩崎良美 & 岩崎宏美】 そよ風の誘惑

岩崎良美の声とよく合ってるなあ、と思っていたら、彼女には日本版「そよ風の誘惑」ともいうべき曲があったのを思い出しました。

 それがこれです。


恋ほど素敵なショーはない

  彼女の天性の可憐な声質を考えると、代表曲が「タッチ」とはなあ、、と僕は複雑な心境になるのですが、そういうことはポップスの世界では珍しくないことですし、1曲でも国民に広く知られている曲があることだけでもラッキーなのだろうとも思います。

 

 彼女のディスコグラフィを見ると、いま再評価されている”CITY POP”の人脈や、歌謡曲からJPOPへの移行期に活躍した名アレンジャーたちの名前が目立ちます。

 デビュー曲を作曲したのは芳野藤丸でした。僕の世代だと”SHOGUN"の人、という印象ですが、今はソロ作品やAB'S、藤丸バンドがCITY POPとして人気みたいですね。


岩崎良美 ”赤と黒”

 

 そして、この「恋ほど素敵なショーはない」を作曲したのは梅垣達志。荒井由実時代のユーミンのライヴでコーラスを担当したこともある人で、彼女が作詞をした曲を含むソロ・アルバムもリリースしています。作曲家としては竹内まりやの「グッバイ・ユニヴァーシティ」の作・編曲や松原みきのファーストアルバムに2曲提供していますが、彼の代表作といえばこれでしょう。


気絶するほど悩ましい  Char

 

 そして、この曲のアレンジャー、大村雅朗の手腕もやはり見事です。

 大谷和夫船山基紀清水信之佐藤準芹澤廣明などこの時代の最高のアレンジャーたちと彼女は仕事をしていますが、歌謡曲感抑えめで、軽快で洗練された感じが彼女の声には合うような気がします。

 そう考えると大村、あと鈴木茂あたりがいいなあ、と僕は思います。

 

 彼女は、お姉さん(岩崎宏美)のように歌謡曲のど真ん中を歌うには声質が可憐ですし、シティポップの観点で再評価されているアイドルの曲は、本人の歌をちょっと置いてけぼりにして、サウンドをやり過ぎたくらいのものが人気で、彼女の曲は歌謡曲とシティポップの中間に位置してしまったんですね。歌も曲もサウンドも、全部バランスよくちゃんとできている、そういうものがかえって再評価されにくいというのはあるんだろうなあ、とも思うのですが、、。

 それから、出典がわからないのではっきり言えないですが、検索すると、この曲を桑田佳祐が絶賛していたなどという文章が見つかりました。それは十分ありうるな、と僕は思ってしまいます。

 

恋ほど素敵なショーはない

恋ほど素敵なショーはない

  • アーティスト:岩崎良美
  • 出版社/メーカー: キャニオン
  • 発売日: 2015/02/21
  • メディア: MP3 ダウンロード