まいにちポップス(My Niche Pops)

令和元年初日から毎日更新中〜1日1ポップス。エピソード、歌詞の和訳、謎解き、マニアックな捜査、勝手な推理、などで紹介していきます。text by 堀克巳(VOZ Records)

「ハッピー・ハート(Happy Heart)」アンディ・ウィリアムス(1969)

 おはようございます。

 新年の”Happy"シリーズ第2弾はアンディ・ウィリアムス。全米22位まであがった曲です。 


Andy Williams-Happy Heart

 ”僕の周りにいつもなにかサウンドが聞こえる

  君がそばにいるときにきまって、君には聞こえるだろう

  これ以外にないってほどの愛を見つけた時に

  恋人たちに聞こえる響き

  君が聞いているのはハッピー・ハート

  大きな声ではっきりと歌っているんだ

  それは君がそばにいてくれるせい” (拙訳)

 

 この曲は競作で、同じタイミングでペトゥラ・クラークが録音しています。

彼女は「恋のダウンタウン」という大ヒット曲を持っています。伊藤銀次シュガー・ベイブの「ダウンタウン」を書く時に最初にイメージした曲のようです。 


downtown ~ petula clark

 

popups.hatenablog.com

 ペトゥラのTVの特別番組「ポートレイト・オブ・ペトゥラ」にアンディがゲスト出演して歌ったのですが、ペトゥラ本人も同じ曲を歌ってリリースしようということになって、当時彼女が住んでいたパリからLAに飛んで急いでレコーディングをしてすぐに発売したようです。


Petula Clark - Happy Heart

 アンディとペトゥラのヴァージョンはほぼ一緒の発売になったようで、全米チャートには同時にチャートインしました。結果、アンディが最高22位、ペトゥラが62位、イージー・リスニング・チャートではアンディが最高1位、ペトゥラが12位という結果でした。

 この曲を作曲したのはドイツ出身のジェームズ・ラスト。彼は自分の楽団を持ち、イージー・リスニングの作品を多数残した人です。

 日本で有名なのは、プロ野球ファンにおなじみのこの曲です。


JAMES LAST BAND - VIBRATIONS - 1980

 

  さて、男女の競作となったこの曲には、全く同じ時期にもうひとつ別のアーティストがレコーディングしています。しかも、二人よりも一足早く全米イージー・リスニングチャートに入っているのです。

 それが、ニック・デカロ。昨日、このブログに登場しましたね。

 彼が「ニック・デカロ&オーケストラ」の名義でこの曲のインストをリリースしていました。実は、僕はこの曲は彼のインスト・ヴァージョンで初めて知りました。

 ニック・デカロはこの時期にアンディ・ウィリアムスのアルバムのプロデューサー/アレンジャーを3作続けて担当していました。しかし、アンディの「ハッピー・ハート」が入った「ハッピー・ハート」というアルバムからプロデュースを離れているのです。

 その経緯は全くわかりませんが、アンディのリリースに合わせて同じ曲のインストをリリースするというのは何か訳がありそうな、などと勘ぐりたくもなってきます。

 などと言っていると、新年からあまりハッピーじゃない妄想をしそうなので、この辺でやめておきます。

 ともかく、ニックのインスト版、僕はすごく好きです。

 


Nick De Caro - Happy Heart

 

 

 

Happy Heart

Happy Heart

 

 

Happy Heart

Happy Heart

  • 発売日: 2018/08/10
  • メディア: MP3 ダウンロード