まいにちポップス(My Niche Pops)

令和元年初日から毎日更新中〜1日1ポップス。エピソード、歌詞の和訳、謎解き、マニアックな捜査、勝手な推理、などで紹介していきます。text by 堀克巳(VOZ Records)

「サイモン・セッズ(Simon Says)」1910フルーツガム・カンパニー(1967)

 おはようございます。

 ここのところ、”1967年”にスポットを当てていますが、この年の年末(ビートルズの「ハロー・グッドバイ」が大ヒットしていました)にリリースされ翌年にかけて大ヒットしたのがこの「サイモン・セッズ」です。

 子供からローティーンにターゲットを絞って作られたわかりやすいポップスを”バブルガム・ポップ”と呼びますが、その代名詞的な存在がこの1910フルーツガム・カンパニーの「サイモン・セッズ」で、1967年というのはバブルガム・ポップの生まれた年でもあるのです。

 

   商業音楽のターゲットの中心はティーンエイジャー、というのは今では常識のように思われていますが、昔は大人の楽しみでした。子供はお金がなかったわけですから。それが、1950年代にロックンロールの爆発的人気とともに主導権が移行し始め、60年代には10代がリスナーの主役になりました。しかし、ポップ・ミュージックも成長を始め、ビートルズがアイドルからアーティストへ脱皮し、ジミヘン、ドアーズ、レッド・ツェッペリンなどアーティスティックな人たちが台頭してきます。

 僕なりの大雑把な例えなんですが、中高生ターゲットだったのが大学生好みに音楽シーンが変わってきたと言いますか。

 その成熟し始めた音楽シーンに逆行する動きではありますが、音楽シーンの成熟よってすっぽりと空いた、ノーマーク状態になった低年齢層にターゲットを絞ることにってバブルガム・ポップはまんまと成功を収めたのです。

 この時代では、キャッチーなポップスはすでに主流ではなく、カウンター(反動)的存在になりつつあったわけですね。

 ただし、ビートルズの「ハロー・グッドバイ」やモンキーズなどによって、低年齢層のポップスへの意識は”活性化”はしていたと思います。そして、難解になってきた音楽シーンには内心ついていけてないリスナーはハイティーンや大人にもいたようで、想定より広い層にウケて、「サイモン・セッズ」は大ヒットすることになります。

 

 仕掛けたプロデューサーはジェリー・カセネッツとジェフ・カッツの2人。二人のファミリーネームがKということで、スーパーKプロダクションという呼称もあります。

 

 1910フルーツガム・カンパニーは、彼らの戦略のために集められたスタジオミュージシャンたちで、いわゆる覆面バンドでした。その後、曲が大ヒットしたので急遽、実体が作られたようですが。

 

  そして、「サイモン・セッズ」は全米チャート最高4位、350万枚も売り上げました。確かに曲はわかりやすいですが何故そこまで売れたのか日本人にはわかりづらいところがあります。

 実は「サイモン・セッズ」とはアメリカの子供に大変ポピュラーな遊びだったそうです。まず、グループの中で「サイモン」役を決め、サイモンは他のメンバーに指示を出します。「両手を頭の上に乗せて」とか。しかし、メンバーは最初に「サイモン・セッズ」と言ったときにだけ従って、何もつけないときには従っちゃいけない、そういう遊びです。

 で、この「サイモン・セッズ」の歌詞は、

 ”遊びたいゲームがあるんだ。サイモン・セッズって言って、すごく面白いよ。

 全然難しくないから、じゃあ僕がやってみせるね”

 

 遊び方を説明しているだけなんですね。もはや「おかあさんといっしょ」の歌のレベルです。

 

 ちなみに彼らは他に「1- 2- 3 Red Light 」や「May I Take a Giant Step」というシングルがありますが、テーマはやはり”子供に馴染みのある遊び”から取られています。他の曲も学校で子供達がよく使う言葉を反映させています。

 実に明快なコンセプトですね。

  


1910 Fruitgum Company - Simon Says 1968 (Original MV Stereo)

 

 もう1曲。筒美京平が「サザエさん」のエンディング・テーマ「サザエさん一家」に、このイントロを流用(?)したということで、日本のマニア(?)には有名な曲です。


1910 Fruitgum Company-Bubblegum World

 

Simon Says

Simon Says

  • アーティスト: 1910 フルーツガム・カンパニー
  • 出版社/メーカー: Legacy Recordings
  • 発売日: 2018/11/16
  • メディア: MP3 ダウンロード
  • この商品を含むブログを見る
 

 

 

Bubble Gum World

Bubble Gum World

  • アーティスト: 1910 フルーツガム・カンパニー
  • 出版社/メーカー: Legacy Recordings
  • 発売日: 2018/11/16
  • メディア: MP3 ダウンロード
  • この商品を含むブログを見る