まいにちポップス(My Niche Pops)

令和元年初日から毎日更新中〜1日1ポップス。エピソード、歌詞の和訳、謎解き、マニアックな捜査、勝手な推理、などで紹介していきます。text by 堀克巳(VOZ Records)

「夢見るトレイシー(They Don't Know)」トレイシー・ウルマン(1983)

 おはようございます。

 今日はトレイシー・ウルマンの「夢見るトレイシー」です。

 

↓ 「夢見るトレイシー」のPV。最後にすごい人が出てきます!


Tracy Ullman - They Don't Know (complete video)

*******************************************************************************

You've been around for such a long time now
Oh  Maybe I could leave you but I don't know how
And why should I be lonely ev'ry night
When I can be with you
Oh yes
You make it right
And I don't listen to the guys who say that you're bad for me
And I should turn you away
'Cause they don't know about us
And they've never heard of love
I get a feeling when I look at you wherever you go now I want to be there too
They say we're crazy but I just don't care

And if they keep on talking
Still they get nowhere

So I don't mind if they don't understand
When I look at you and you hold my hand
'Cause they don't know about us
And they've never heard of love
Why should it matter to us if they don't approve?
We should just take our chances while we've got nothing to lose
Baby
There's no need for living in the past

Now I've found good loving gonna make it last
I tell the others
Don't bother me
'Cause when they look at you
They don't see what I see

No
I don't listen to their wasted lines

Got my eyes wide open and I see the signs
'Cause they don't know about us
And they've never heard of love
No
I don't listen to their wasted lines

Got my eyes wide open and I see the signs
'Cause they don't know about us and they've never heard of love

*******************************************************************************

あなたはずいぶん長く一緒にいる

たぶん別れることもできるけど

どうすればいいかわからない

どうして毎晩ひとりぼっちでいなきゃいけないの

あなたと一緒に入れるのに

そう、あなたがいるとしっくりするの

あなたが私に害を与えるなんて言う

ヤツらのことには耳を貸さないわ

あなたもヤツらから遠ざけておいたほうがいいわね

だってみんな二人のことをわかっちゃいないんだから

恋がどんなものか知らないのよ

あなたに見つめるとときめくの

あなたがどこかに行けば そこにいたくなる

二人はおかしいとみんな言うけど かまわないわ

もしみんながそんなことをしゃべり続けても

なんにもならないわ

だからみんなわかってくれなくても気にしない

あなたを見つめて、あなたが手を握ってくれれば

だってみんな二人のことをわかっちゃいないから

恋がどんなものか知らないのよ

もしみんなが認めてくれなくても、それがなんだっていうの?

私たち失うものがないんだから ただチャンスをつかむべきでしょ

ベイビー、過去に生きる必要はないのよ

いま、永遠に続く愛を見つけたの

みんなに言うわ 邪魔しないで

だってみんなあなたを見る時は

私に見えることが見えないから

みんなの役に立たない言葉には耳を貸さない

目をしっかり開いて 何かのサインを見るの

だってみんな二人のことをわかっちゃいないから

恋がどんなものか知らないのよ

 

みんなの役に立たない言葉には耳を貸さない

目をしっかり開いて 何かのサインを見るの

だってみんな二人のことをわかっちゃいないから

恋がどんなものか知らないのよ

                         (拙訳)

*******************************************************************************

 トレイシー・ウルマンはイギリス出身の歌手、女優。アメリカでは彼女がホストをつとめるトーク・ショーもあって人気も高かったそうです。

 米TVドラマ「アリーMY LOVE」やウディ・アレンの映画(「ブロードウェイと銃弾」「おいしい生活」)で彼女を見た方もいるかもしれません。

 

 彼女は本来学生時代から役者志望で、歌手デビューする前に、女優、コメディエンヌとしてすでにテレビなどにもよく出ていました。彼女がテレビで音楽のパロディものをやっていたのを、あるレーベルをやっていた夫婦が見て彼女に興味を持ったことが歌手デビューのきっかけだったと言われています。

 

 そのレーベルは”STIFF”(スティッフ)。1970年代にパンクに夢中になった人にはおなじみのレーベルですね。エルヴィス・コステロニック・ロウイアン・デューリー、ダムドなんてアーティストの作品を出していました。

 

 そして録音されたうちの1曲が「夢見るトレイシー」。こういう邦題がついたために、まるで彼女のために書かれた曲のように見えましたが、実はこの曲はカバーで、オリジナルはカースティ・マッコールというシンガー・ソングライター。彼女自身が歌って1979年にやはり”スティッフ・レコード”からリリースされています。

www.youtube.com

 

 まわりの人間がみんな反対している恋をしたティーンエイジャーの心境を、キャッチーなポップソングに仕上げたカースティはこの時まだ20歳だったといいますから、本当に才能のあるソングライターなのだと思います。(彼女はその後、英国のクリスマス・ソングの定番「ニューヨークの夢」(ザ・ポーグス)などを書き、2000年にカリブ海でスピードボードに轢かれるという事故で亡くなっています)

  そして、彼女はビーチ・ボーイズの「グッド・ヴァイブレーション」が大好きで、自分も重層的なコーラスをやりたいと思いトライしたのだそうです。

 彼女のヴァージョンはラジオ局では大人気で、当時エア・プレイ・チャートではアバやウィングスとトップ争いをまでしていたらしいのですが、レコード会社がレコード店にちゃんとレコードを流さなかったために、ヒットチャートには入らなかったと言われています。

  この曲をトレイシーがやるきかっけは、スティッフで仕事をしているカースティの友人がこの曲を推してくれたおかげだったようです。

 

 さて、この「夢見るトレイシー」は作者のカースティ本人もコーラスで参加、アレンジもオリジナルを基本にしながら、それをよりきらびやかに、フィル・スペクターサウンド風に分厚くリバーヴ感を加えたり、シャングリラス風のコーラスを入れて、60年代のオマージュ的な印象をはっきりさせたことが功を奏したのでしょう。それに、なによりトレイシーのキャラが立っていた、ということもヒットの大きな要因だと思います。

 

 役者、コメディアンヌ志望だった彼女は、歌の成功を足がかりにアメリカに進出し、

「トレイシー・ウルマン・ショー (Tracey Takes On... )」(1988 - 1990)

トレイシー・ウルマン・テイクス・オン・ニューヨーク(Tracey Ullman Takes On New York)」 (1993)

「トレイシー・テイクス・オン… (Tracey Takes On...)」 (1996 - 1999)

「トレイシー・ウルマン/ステート・オブ・ザ・ユニオン (Tracey Ullman's State of the Union)」 (2008 - 2010)

 といった自らのホスト番組を持ち、映画にも出演するなど大活躍しました。

 

 

「夢見るトレイシー」の前にリリースされたデビュー・シングル「ブレイクアウェイ」

(アーマ・トーマスの1964年のヒットのカバー)(全米70位、全英4位)

www.youtube.com

 カースティ・マッコールが共作した「ニューヨークの夢」

popups.hatenablog.com

 

f:id:KatsumiHori:20210414163501j:plain