まいにちポップス(My Niche Pops)

令和初日から毎日、1000日連続で1000曲を選曲しました(苦笑)。古今東西のポップ・ソングをエピソード、歌詞の和訳、マニアックなネタ、勝手な推理、などで紹介しています。みなさんの音楽鑑賞生活に少しでもお役に立てればうれしいです。みなさんからの情報や思い出話などコメントも絶賛募集中です!text by 堀克巳(VOZ Records)

「人生は野菜スープ(Life is a Minestrone)」10cc(1975)

 おはようございます。

 今日は10ccの「人生は野菜スープ」です。

www.youtube.com

***************************************************************

I'm dancing on the White House lawn
Sipping tea by the Taj Mahal at dawn
Hanging round the gardens of Babylon
Minnie Mouse has got it all sewn up
She gets more fan mail than the Pope
She takes the mickey out of all my phobias
Like signing cheques to ward off double pneumonia

Life is a minestrone
Served up with parmesan cheese
Death is a cold Lasagne
Suspended in deep freeze

I'm leaning on the Tower of Pisa
Had an eyeful of the tower in France
I'm hanging round the gardens of Madison
And the seat of learning, and the flush of success
Relieves a constipated mind
I'm like a gourmet in a skid row diner
A fitting menu for a dilettante

Life is a minestrone
Served up with parmesan cheese
Death is a cold Lasagne
Suspended in deep freeze

Love is a fire of flaming brandy
Upon a crepe suzette
Let's get this romance cooking, honey
But let us not forget

Life is a minestrone
Served up with parmesan cheese
Death is a cold Lasagne
Suspended in deep freeze

 

Life is a minestrone
Served up with parmesan cheese
Death is a cold Lasagne
Suspended in deep freeze

Love is a fire of flaming brandy
Upon a crepe suzette
Let's get this romance cooking, honey
But let us not forget

Life is a minestrone
Served up with parmesan cheese
Death is a cold Lasagne
Suspended in deep freeze

Life is a minestrone
Served up with parmesan cheese
Death is a cold Lasagne
Suspended in deep freeze

Mine, Mine, Mine, Minestrone...

***************************************************************

僕はホワイトハウスの芝生の上で踊ったり

夜明けにタジマハールでお茶をいただいたり 

バビロンの庭をぶらついている

ミニーマウスはすべてを支配し

ローマ法王よるたくさんのファンレターをもらってる

彼女は僕の恐怖症を全部冗談にしてくれる

両側性肺炎を撃退するために小切手にサインするみたいに

 

人生はミネストローネ

パルメザンチーズのかかった

死は冷たいラザニア

冷凍で保存されたままの

 

僕はピサの斜塔に寄りかかっている

エッフェル塔はじゅうぶん見たよ

僕はマディソンの庭をぶらついている

そして教室の座席と成功の予感は

糞詰まりの心をやわらげてくれる

僕はスラム街の食堂の美食家みたいさ

好事家にはぴったりなメニューさ

 

人生はミネストローネ

パルメザンチーズのかかった

死は冷たいラザニア

冷凍で保存されたままの

 

愛はクレープシュゼットの上で

ブランディーにつけられた

このロマンスを料理しようよ、ハニー

でも、忘れないようにね

 

人生はミネストローネ

パルメザンチーズのかかった

死は冷たいラザニア

冷凍で保存されたままの

 

人生はミネストローネ

パルメザンチーズのかかった

死は冷たいラザニア

冷凍で保存されたままの

 

愛はクレープシュゼットの上で

ブランディーにつけられた

このロマンスを料理しようよ、ハニー

でも、忘れないようにね

 

人生はミネストローネ

パルメザンチーズのかかった

死は冷たいラザニア

冷凍で保存されたままの、、、    (拙訳)

 

***************************************************************

 ”Life is a Minestrone”(人生はミネストローネ)。

 腹の底から理解したわけじゃないのに、「確かにそうとも言えるよなあ、うん、うん」などとついうなづいてしまいたくなる、魅力的なタイトルです。

 1975年当時は、日本でもミネストローネは当然あったのでしょうけど、いまほど普通に定着はしていなかったので、「人生は野菜スープ」という邦題にしたのでしょう。

それに、「人生はミネストローネ」より「人生は野菜スープ」のほうがなんかいいですね。語感も雰囲気も。「人生はミネストローネ」というと、どこか1990年代にミニシアター系で上映されたイタリアのコメディ映画のタイトルみたいですし。

 

 

  さて、この「Life is a Minestorone」という言葉はメンバーの”空耳”だったようです。

作者の一人、エリック・スチュワートはこう語っています。

 

「ストロベリー・スタジオのスタジオでレコーディングが終わって、ロル・クレームはその時僕と一緒に住んでいて、車で家に向かいながらBBCラジオを聴いていると男が「mmmrrhhr mmhmrmr strone」と言ったんだ。 すると、ロルが「今の男、” life is a minestrone”って言った?」ときいてきたんだ。僕はよくわからないけど、なんてすごい曲、なんてすごい曲のアイデア、なんてすごいタイトルなんだ、って言ったんだ。人生はミネストローネ、そうだろ?それは僕たちがそこに積み上げてきたもの全部の混合物なんだから、もちろん、僕たちは腰を落ち着けてLife Is A Minestrone を書き始めて、それでじゃあ、死とは何だろう?死は冷たいラザニアに違いない、 3日も冷蔵庫に入れられて、誰も食べたくないものなんだ。そういう、食べ物やフィーリングとか一度うまく調子に乗ってアイディアが浮かぶと、一日で書きあげてしまったんだ」

 (http://www.the10ccfanclub.com/  BBC RADIO WHALES interview)

 

 10ccのメンバーはポップでソングライター志向の強いエリック・スチュワートとグレアム・グールドマン(「アイム・ノット・イン・ラヴ」)と、実験的でサウンド・クリエイター志向の強いケヴィン・ゴドレイ、ロル・クレーム(「ドナ」)の2チームに別れることが多いのですが、この曲はエリックとロルというクロスオーヴァーした組みわせで書かれているんですね。

 

  その結果、ポップで明快なところと、凝ってひねくれたところが、絶妙にとけあった傑作になったと思います。

 この曲は「アイム・ノット・イン・ラヴ」が収録されていることで知られるアルバム「オリジナル・サウンド・トラック」に収録されました。そして、エリックの元に同業者から賛辞が届いたそうです。

 

「ロイ・ウッドから素敵な電報をもらったんだ。こう書いてあった『あの曲をリリースしなきゃダメだ。すごいナンバー・ワンになるよ。君らがいてくれることを神に感謝したい。イギリスの音楽は救われた』その電報は今も家にあるよ」

 (http://www.the10ccfanclub.com/  BBC RADIO WHALES interview)

 

 ブリティッシュ・ポップの鬼才、ロイ・ウッドに”イギリスの音楽は救われた”とまで言わしめた曲なんですね。

 そして、この曲はシングルとしてリリースされると全英7位と、彼らの代表曲のひとつになりました。

 

 

 ちなみに、ふと思い出したのですが、僕は「人生は野菜スープ」は10ccの歌より先に片岡義男の小説のタイトルとして認識していました。主人公が新宿歌舞伎町の映画館で知り合った風俗嬢とのやりとりをドライに描いたすごく雰囲気のある中編でした。もちろん、片岡が10ccの曲のタイトルにインスパイアされて書いたものなのですが。「Life is a Minestorone」も「人生は野菜スープ」も、創作意欲をかりたてるタイトルなんでしょう。

 

 最後はTV番組で彼らがこの曲を演奏している動画を。

www.youtube.com

 

popups.hatenablog.com

popups.hatenablog.com

 

f:id:KatsumiHori:20210529222650j:plain