まいにちポップス

1日1ポップス。エピソード、歌詞の和訳、謎解き、勝手な推理、などで紹介していきます

「青春の光と影(Both Sides Now)」ジョニ・ミッチェル(1969)

  おはようございます。

 今日はジョニ・ミッチェルの「青春の光と影」です。

 


Joni Mitchell - Both Sides, Now [Original Studio Version, 1969]

 

 ”並んで 海に浮かぶ氷のような 天使の髪

   空に浮かんだアイスクリームのお城

     いたるところにある 羽毛の峡谷

   雲は私にはそんな風に見えていた

 

 でも今では雲はただ太陽をさえぎるもの 

 あらゆる場所に雨や雪を降らせるもの 

 私にはやれたはずのものがたくさんあったのに

 雲が邪魔をしていた

 

 今の私は雲を両側から見たことがある

 上からも下からも  そして今だにどういうわけか

 記憶にあるのは雲が生み出す幻影

 私は雲のことを何も知らない 

 

 月(ムーン)と六月(ジューン)と観覧車 
 おとぎ話がみんな本当になるときの

    めくるめくダンスのような感覚

 私は愛をそんな風に見ていた

 

 だけど今では愛はただのショーのようなもの

 立ち去るときは お客さんを笑わせたままにして

    もし気になっても、彼らには教えないで

    ボロを出しちゃだめなの

 
 今の私は愛を両側から見たことがある

 与える側と受け取る側と そして今だにどういうわけか

 思い浮かぶのは、愛が生み出す幻想

 私は愛についてなにも知らない

 涙(ティアーズ)に怖れ(フィアーズ)に

 アイ・ラヴ・ユーをはっきり口にするときの誇らしい気持ち

 夢(ドリーム)や計画(スキーム)にサーカスに集まる群衆

 私は人生をそんな風に見ていた 

 

 だけど今では昔の友達がおかしなそぶりをする

 首を横に振って 私が変わってしまったなどと言う

 何かを失えば 何かを手に入れる

 毎日生きていけば

 

 今の私は人生を両側から見たことがある

 勝者の側と敗者の側と そして今だにどういうわけか

 思い浮かぶのは人生が生み出す幻影

 私は人生について何も知らない         ”  (拙訳)

 

   

 歌詞の一行目「Rows and floes of angel hair」の"floes"。”flows"(流れ)じゃなく、

「氷原」とか「浮氷」という意味の言葉なんですね。

 韻を踏んでいるところなので、最初は”flows"が浮かんだけれどありきたりなので、

同じ音でより映像的な”floes"に変えたんじゃないか、などと推測してしまいます。

 細かい指摘ですが、、、。

 

 

    「青春の光と影」というのは、洋楽の邦題としてのステイタスを築いている数少ない一つかもしれませんね。

 光と影、と言う言葉は歌詞には出てきませんが、ひとつのものを表と裏の両サイドから見るということですから、はずれてはいないでしょう。

 

 昨日紹介したザ・フーの「恋のピンチ・ヒッター」はいろんなものを”本物とニセモノ”という視点でを対比させてゆく歌でしたので、スタンスは近いのかもしれません。

 

 ただし、当時20歳くらいだったピート・タウンゼンドは完全に若者の視点だったのに対し、ジョニはこの頃23歳(22歳?)で、もう大人になっているけど十代の頃の記憶も色濃く残っていて、そちらにまだ気持ちが傾いてしまう、そんな微妙な年代の心理が見事に歌には反映されています。

 

   この曲で象徴的に描かれているのが”雲”です。この曲が収録されたアルバムの原題が「Clouds」で、「Clouds」というタイトルの曲は収録されていないので、「青春の光と影」に出てくる”雲”がそのままタイトルになったのかもしれません。

 

 この”雲”のインスピレーションを彼女に与えたものがあります。

 アメリカのユダヤ人作家でノーベル賞も受賞しているソール・ベローが1959年に発表した小説「雨の王ヘンダソン(Henderson the Rain King)」です。

 

 恵まれた環境にいながら人生に倦んでしまった55歳の男ヘンダーソンが、全てを捨ててアメリカからアフリカに行ってしまう話ですが、途中の飛行機でこういうシーンがあります。

「そして、雲を見下ろしながら夢想にふけり、子供の頃は、雲を見上げて夢想にふけったものだと思い、こうして雲の上下両側から夢をみるというのは、昔の連中のついぞやらなかったことだと考えると、自分の死もたやすく受け入れることができるはず、という気がしてきた。」

           (「雨の王ヘンダソン」佐伯彰一訳 中公文庫)

 

 彼女はこの本をやはり飛行機の中で読んでいたそうです。そして、この部分を読むと彼女は、

「本を置いて、窓の外に目をやって、同じように雲を見た。そしてただちに曲を書き始めたの。こんな有名な曲になるなんて全く考えてもいなかったわ」

 

 確かに初めて飛行機に乗って、窓から雲を見下ろしたときの気持ちは不思議に覚えています。新鮮でわくわくする気持ちと、なんかちょっとがっかりする気持ちが入り混じったような。

 まあ僕は凡人なので、素晴らしい曲が浮かんだり、もう死んでもいいや、と思ったりはしないですけどね、、。

 

 さて、これは1967年の3月のことだと彼女は語っているようですが、のちにリリースされた1966年の未発表ライヴ音源にこの曲が演奏されているので、記憶違いかもしれません。

 

 そしてまだ無名だった彼女の曲を取り上げたのがジュディ・コリンズ。当時のフォーク・ムーヴメントで中心的な役割を果たしたシンガーです。

 彼女が1968年にリリースした「青春の光と影」が全米8位の大ヒットとなったことにより、ジョニ・ミッチェルにも脚光があたり、シンガーソングライターとしてレコード契約を結ぶことになります。


Judy Collins - Both Sides Now (Official Audio)

 

そして彼女自身のセルフカバーは1969年に前述のアルバム「Clouds(邦題「青春の光と影」)に収録されています。

 そして、その後この曲は約600のアーティストがカバーするほどのスタンダードになっています(2010年代以降ももどんどん増えています)。

 

 その中から男性のカバーを。フランク・シナトラグレン・キャンベルニール・ダイアモンドとアメリカの国民的シンガーが三者三様にやっています。


Frank Sinatra - From Both Sides Now


Both Sides Now


Both Sides Now

 

 最後はジョニ自身が再レコーディングしたものを。2000年に発売されたアルバム

「Both Sides Now」に収録されています。

 


Joni Mitchell - Both Sides Now (HD)

 

 

 

 

青春の光と影

青春の光と影

 

 

 

the very best of judy collins

the very best of judy collins

  • アーティスト:Collins, Judy
  • 発売日: 2001/08/31
  • メディア: CD
 

 

 

Cycles

Cycles

  • アーティスト:Sinatra, Frank
  • 発売日: 2010/04/05
  • メディア: CD
 

 

 

Try A Little Kindness

Try A Little Kindness

  • 発売日: 2007/06/26
  • メディア: MP3 ダウンロード
 

 

 

Touching You Touchi

Touching You Touchi

  • アーティスト:Diamond,Neil
  • 発売日: 2007/06/05
  • メディア: CD
 

 

 

Both Sides Now

Both Sides Now

  • アーティスト:Mitchell, Joni
  • 発売日: 2000/02/28
  • メディア: CD