まいにちポップス(My Niche Pops)

令和初日から毎日、1000日連続で1000曲(せんきょく)を選曲(せんきょく)しました(苦笑)。古今東西のポップ・ソングをエピソード、歌詞の和訳、マニアックなネタ、勝手な推理、などで紹介しています。みなさんの音楽鑑賞生活に少しでもお役に立てればうれしいです。みなさんからの情報や思い出話などコメントも絶賛募集中です!text by 堀克巳(VOZ Records)

「スノウ(SNOW)」クロディーヌ・ロンジェ(1967)

 おはようございます。

 今日はクロディーヌ・ロンジェの「スノウ」です。


Snow

*****************************************************************

Snow
Fills the fields we used to know
And the little park where we would go
Sleeps far below
In the snow!

Gone
It's all over and you're gone
But the memory lives on
Although
Our dreams lie buried in the snow!

Sometimes the wind blows
Through the trees
I think, I hear you calling me
But all I see is

Snow
Everywhere I go
As the cold winter sun sinks low
I walk alone through the snow!

All I see is snow!

*****************************************************************

 " 雪が 懐かしい野原を一面埋めつくして 

   二人で行った小さな公園も 雪深く眠っている

 

 行ってしまった

 全てが終わってあなたは去って行った でも思い出は生き続ける

 たとえ二人の夢が雪の中埋もれてしまったとしても

 

 時々風が木々を渡ってゆくと あなたが私を呼んでいるように聞こえる

 だけど見えるものは

 雪

 冬の太陽がゆっくり沈む時間 

 雪の中をひとり歩いていると

 どこに行っても、見えるのは雪だけ、、”

           (拙訳)

*****************************************************************

 

 

  彼女は1960年代から70年代にかけてアメリカでシンガー、女優として活動したフランス人。日本では渋谷系ブームの時に初期のピチカート・ファイヴカヒミ・カリイなどのウィスパー・ボイスの”元祖”として再評価されました。

小西康陽氏は彼女のライナーノーツで、ウィスパー・マニアに於いて彼女は最高峰、別格、常にNO.1、と書いています)

 彼女はダンサーとしてパリからアメリカに渡り、ラスベガスでショーに出ていたそうです。ある日彼女の車が故障して立ち往生している時にたまたま通りかかったのが、歌手のアンディ・ウィリアムス。やがて二人は結婚し、彼のバックアップで彼女はTVに出たり彼のアルバムで歌ったりしたそうです。

 そして、彼女は1966年に人気TVドラマ「明日なき男(RUN FOR YOUR LIFE)」に出演し、アントニオ・カルロス・ジョビンの「メディテーション」を歌います。


Claudine Longet "Meditation" performance that began her recording career

 このパフォーマンスは反響が大きく、たくさんの人々の関心を呼んだそうですが、そのひとりが、昨日このブログに登場したハーブ・アルパート。彼は自分の持つレーベル”A&Mレコード”で彼女のアルバムをリリースすることを申し出たそうです。

 さて、この「スノウ」は1967年に出したクリスマス・シングルのB面として発売(A面は彼女同様、ウィスパー・ボイスで再評価された女性シンガー・ソングライターマーゴ・ガーヤン作の「I Don't Intend to Spend Christmas Without You」でした)され、1968年のサード・アルバム「恋は水色」にも収録されました。

 この曲を作詞、作曲したのはアメリカを代表するソング・ライター、ランディ・ニューマン。日本で一番有名な彼の曲はやっぱりこれでしょうか。


Randy Newman - You've Got a Friend in Me (From "Toy Story 4"/Audio Only)

 この曲を最初に録音したのは、アメリカのポップ・コーラス・グループ”ジョニー・マン・シンガーズ”。1966年です。


The Johnny Mann Singers - Snow

 

 当時、彼は22,3才。職業作家としてヒットを飛ばし始めた頃です。若くしてこんな曲が書けるんですから、やはり天才なんでしょう。

 ちなみに彼は、ハーパーズ・ビザールの前身バンドのメンバーだった時期があって、その後もメンバーや制作陣とつながりがあったようで、ハーパーズもこの曲を同じ1967年にカバーしています。


 


Snow (Remastered Version)

  今まで紹介したものは”ソフト”に歌っていますが、ニルソンがしみじみ歌っているヴァージョンもまた沁みます、、。彼には「ランディ・ニューマンを歌う」というアルバムがありますがそれには収録されず、CD化の際のボーナストラックや彼のデモ音源集収録されています。 



Harry Nilsson - Snow

 

 

f:id:KatsumiHori:20211225140901j:plain