まいにちポップス

1日1ポップス。エピソード、歌詞の和訳、謎解き、勝手な推理、などで紹介していきます

「おお、プリティ・ウーマン(Oh, Pretty Woman)」ロイ・オービソン(1964)

 おはようございます。

 今日はロイ・オービソンプリティ・ウーマン。古い国内盤のシングルの画像を見たら「おお、プリティ・ウーマン」となっていました。なんともいえない味わいがあります。「おお、べっぴんさん」とまではさすがにやれませんよね、、。

 

f:id:KatsumiHori:20200526135744j:plain


Roy Orbison - Oh, Pretty Woman (Audio)

 

 プリティ・ウーマン 通りをこっちに歩いてくる

 プリティ・ウーマン 僕が会いたかったタイプだ

 プリティ・ウーマン 信じないよ 君が現実だなんて

 誰よりも君は素敵だ ああ,,

 

   プリティ・ウーマン 失礼をお許しください

 プリティ・ウーマン あなたを見ずにはいられないんだ

 プリティ・ウーマン これ以上なく愛らしい

 僕みたいにひとりぼっちなの? ワオ

 

 プリティ・ウーマン ちょっと止まって

 プリティ・ウーマン 少し話そうよ

 プリティ・ウーマン 僕のそばにいるって言ってくれないかい?

 だって君が必要なんだ 君を大切にするから

 ついておいで 今夜僕のものになるんだ  

 

 プリティ・ウーマン 歩き去っていかないで

 プリティ・ウーマン 僕を悲しませないで

 プリティ・ウーマン 行ってしまわないで どうか

 

 もしそうなる運命なら わかった 僕も帰ろう、もう遅い

 明日の夜もある でも、待った

 何かが見える  彼女がこっちに向かって歩いてくるの?
 やった 彼女が僕の方に戻ってくる

 おお、おお プリティ・ウーマン ”  (拙訳)

 

 日本人男性が”Pretty Woman”をなんと訳すか、というのはその人の女性へのスタンスというかアティテュードが表れそうな気もします。

 マッチョなら「かわいい女」、マイルドな人なら「素敵な女性」とか。それだけで歌の世界ががらっと変わってしまいます。

 そんなことを考えていたら、僕自身のスタンスを決められなくなってしまったので、

プリティ・ウーマン、そのまま使い、という結果になってしまいました。

 

 あるとき、街で夢に見たような理想的な女性に遭遇して、舞い上がって妄想する、こういうシンプルで普遍的な設定は、ポップスにはこれ以上ないくらいピッタリはまります。

 アレンジも、曲のイメージがくっきりしているので、演出がズバッと決まっています。何度聴いても、お見事!と思ってしまう完璧な曲だと僕は思います。

 

  この曲はロイが自宅で共作者のビル・ディーズと曲を作っているときに、ビルの何気なく言った冗談がインスピレーションになったそうです。。

 作業中に、彼の奥さんが部屋に入ってきてロイに街に買い物に行ってくると言い、彼が奥さんにお金はいるか?と尋ねたところ、そこで、ビルがとっさに”Pretty Woman Never Needs Money"と軽口をはさんで、それを面白く思ったロイが”Pretty Woman Walking Down the Street”と口ずさみ始めたといいます。

 ビルがテーブルを叩きながらリズムを取り、それに合わせてロイが歌いながら曲を作っていきました。

 そして、ビルによると金曜日に曲を作って、翌週金曜にレコーディングし、その翌週金曜日には発売されていてそうで、今までで一番スピーディーだったそうです。

 それから、彼は”yeah!yeah!yeah!”とロイが歌うところは、ビートルズの影響じゃないかと推測しています(1963年にロイはビートルズを前座にイギリス・ツアーを行っています)。

 

 ロイ・オービソンはたくさんのアーティストに影響を与えていますが、特にその声に魅了された人が多いようです。この曲もワイルドなボーカルだったらもう、ちょっと下品に聴こえたかも、などと思ったりします。彼の”魅惑のベルベット・ボイス”のおかげで品格が保たれているんじゃないかと。

 

  彼がいかにリスペクトされていたかがよくわかる動画。スプリングスティーンジャクソン・ブラウン、もう片方にはエルヴィス・コステロとJ.Dサウザー、キーボードにはトム・ウェイツ、最高のメンツです!


Roy Orbison - Oh, Pretty Woman (from Black & White Night)