まいにちポップス(My Niche Pops)

令和元年初日から毎日更新中〜1日1ポップス。エピソード、歌詞の和訳、謎解き、マニアックな捜査、勝手な推理、などで紹介していきます。text by 堀克巳(VOZ Records)

「君がすべて(sou você)」トニ・ガヒード(1999)

 おはようございます。

 今日はこのブログ初めてのブラジルの曲、映画「オルフェ」で使われていた

「君がすべて」です。

 


Caetano Veloso Sou Voce -Orfeu-

 

 ”空の下には海 光に満ちた街

  僕の世界 僕の書いた歌

     みんな変わってしまったけれど 僕には君がいる

  広い宇宙につつまれ、たくさんの人々のために歌った僕の声も

  今は君のためだけに歌う

  いとしい女性 愛する人 僕の居場所

     君がやってくるまでは 

  漂うだけの無音の歌のように ただ失ったものを切なく思うだけだった

     でもいま、この街の空が君の名前を浮かび上がらせる

 

  海に映る月の光も 地上の星

     君の足もとに 君の両手の間に

  あらゆるものが君のそばにいたがっている

  僕の心には太陽が昇ってゆく

  僕はもう生きてはいないし、虚しく死ぬわけでもない

  僕は僕以上の存在なんだ

 なぜなら、僕は君だから ” 

 

(拙訳。ポルトガル語の英訳をまた訳したので、いつも以上に自信がないです、、、)

 

 この曲は1999年の映画(日本は2000年公開)「オルフェ」で使われていたものです。

 映画の原作は「イパネマの娘」をはじめとするボサノヴァの名曲の多くの作詞を手がけたヴィニシウス・ヂ・モライスが、ギリシア神話を題材にした書き下ろした戯曲オルフェ・ダ・コンセイサゥン』で、1959年にフランスの監督マルセル・カミュの手によって「黒いオルフェ」として映画化されています。

黒いオルフェ」はカンヌ映画祭パルム・ドールを受賞するなど、古い映画ファンにはお馴染みの作品ですが、ブラジル人にしてみるとフランス人が撮ったせいかまったくリアルに描かれていないということで評判は良くなかったようです。

 そこで、積年の不満を解消すべく、ブラジル人自らの手で作ったのがこの「オルフェ」だったのです。

   映画の内容はともかく、「黒いオルフェ」は有名な曲を生み出しました。

 

「カーニバルの朝」


Manhã de Carnaval. Agostinho dos Santos. Orfeu Negro

「フェリシターヂ」


A Felicidade - Happiness! Orfeu Negro

 こうした「黒いオルフェ」で有名になった曲は「オルフェ」でも使われています。

 

 その「オルフェ」の音楽を監修したのがカエターノ・ヴェローゾ。リオ・オリンピックの開会式のラストに登場したほどの国民的なシンガーであり、世界中からとてもリスペクトされている”至宝”です。

 (僕も一時彼にハマってしまい、英米の音楽をまったく聴かなくなった時期があっりました、、) 

 その彼がこの映画のために書き下ろした曲の一つがこの「君がすべて(sou você)」でした。

 ”sou você”とは英語で”I'm you”という意味で、これはもう本当に究極の愛の表現でしょう。

 優しくやわらかいトーンでありながら、愛の喜びと悲しみの両方を突き詰めたとても深いところまで達している、他に類を見ない曲だと僕は思います。

 

 この曲を歌っているトニ・ガヒードはこの映画の主役”オルフェ”を演じていました。彼はシダーヂ・ネグラという今も現役のバンドのボーカリストで、日本に来日したこともあります。声質がこの曲にとても合っていると思います。

 

 作者のカエターノ・ヴェローゾが自ら歌っている動画もありましたので、そちらもぜひご覧になってください。

 


Caetano Veloso SOU VOCE (WMG Produções)