まいにちポップス(My Niche Pops)

令和初日から毎日、1000日連続で1000曲(せんきょく)を選曲(せんきょく)しました(苦笑)。古今東西のポップ・ソングをエピソード、歌詞の和訳、マニアックなネタ、勝手な推理、などで紹介しています。みなさんの音楽鑑賞生活に少しでもお役に立てればうれしいです。みなさんからの情報や思い出話などコメントも絶賛募集中です!text by 堀克巳(VOZ Records)

「RUN RUN RUN」ザ・エクスプローラーズ・クラブ(2012)

 おはようございます。

 今日はザ・エクスプローラーズ・クラブ。直訳したら冒険クラブ、探検部ですね。検索すると、何やらそんなサイトも見つかります。

 しかし、彼らが探検するのは、ビーチボーイズを中心とする60年代のサンシャイン・ポップ。

 渋谷系もそうでしたが、ビーチ・ボーイズソフト・ロックを再評価し取り入れるアーティストはたくさんいますが、まんま、やるのではなくその時代っぽく解釈するのが普通です。

 しかし、彼らは”再現性”にすべてを賭けているように思えます。しかも、その”再現性”は過去最高のレベルなんです。ここまで本気だと、懐古趣味だとかなんとか揶揄する気持ちは消え去って、好きな音楽への果てなき愛情と執着に感動さえ覚えてしまいます。

 ちなみにこれが彼らのデビュー曲です。


The Explorers Club - "Do You Love Me?" (Official Video)

2016年のアルバムではますます精度があがっています。


The Explorers Club - California's Callin' Ya - Official Video

 

 エクスプローラーズ・クラブはジェイソン・ブリュワーという人を中心に、その都度メンバーを集めるプロジェクトのようで、彼のマニアックな音楽愛が熱源になっています。ちなみに、彼の父親はルイジアナ大学の学長だったらしいので、道楽息子なんでしょう、でも”学究肌”は遺伝したのかもしれませんね。

 

 今日、ピックアップしたのは「RUN RUN RUN」。

 師走、ということもあって選びました。でも、師走という言葉もどんどん使わなくなってきましたけど、、。

 この曲は2012年の「グランド・ホテル」というアルバムに入っています。ジャケットはビーチボーイズ風じゃなくA&Mレーベルっぽいデザインで、曲調は60年代にジミー・ウェッブが手掛けたフィフス・ディメンションあたりのタッチを感じます。

 古今の映画の走るシーンをコラージュしたPVも楽しいです(これはオフィシャルPVじゃないのかもしれませんが)。

 


The Explorers Club - Run Run Run (thanks to ClaraDarko2 and Brutzelpretzel)

 

Run Run Run

Run Run Run

  • アーティスト:The Explorers Club
  • 出版社/メーカー: ART UNION RECORDINGS
  • 発売日: 2012/02/08
  • メディア: MP3 ダウンロード
 

 

Grand Hotel

Grand Hotel

  • アーティスト:The Explorers Club
  • 出版社/メーカー: Rock Ridge Msuic
  • 発売日: 2012/02/29
  • メディア: CD