まいにちポップス(My Niche Pops)

令和元年初日から毎日更新中〜1日1ポップス。エピソード、歌詞の和訳、謎解き、マニアックな捜査、勝手な推理、などで紹介していきます。text by 堀克巳(VOZ Records)

「ステップアップLOVE」DAOKO × 岡村靖幸(2017)

 おはようございます。

 岡村靖幸のデビュー曲「Out Of Blue」は後に彼が作り上げたスタイルに比べると、いたって真面目なものにも思えますが、すでに曲にこめられたテンションの高さは尋常じゃない感じがしました。

 デビューから30年を超えて、リリースされたこの曲にも、昔と全く変わらないテンション、枯れることのない欲望、みたいなものがビシビシ感じられてすごいなあ、と思います。50歳を超えた他の日本のアーティストは、たいていもっといい意味でも悪い意味でもレイドバックしているのに、彼だけは別のようです。

 

 このコラボは、岡村の大ファンだというDAOKOからのリクエストで、”イケイケでポップで、ちょっとセクシーな”曲という要望があったそうなので、いつも以上のテンションになっちゃったということかもしれません。

 しかし、単にテンションの尋常じゃなく高いだけじゃなく、この曲はとてもよくできていて、何回聴いても聴き飽きない魅力があります。

 作詞の言葉使い、ボーカルのキーの高さ、グルーヴなど、彼らはかなり緻密に考えて、試行錯誤して、最良の落としどころを見つけていったようです。

 

 DAOKOは米津玄師との「打上花火」が有名ですが、米津の世界に見事に溶け込んでいました、そしてこの「ステップアップLOVE」では、「打上花火」とは全然違う岡村ワールドに違和感なく溶け込んでいます。

 

 例えば、椎名林檎宮本浩次とのコラボでもよくわかりますが、基本自分の作った世界に強者を呼び込むかたちです。それだけ、強力な椎名林檎ワールドというのが確立されているわけです。

 DAOKOのほうは米津や岡村のような強力な自分のスタイルを持つ人の世界にすっと溶け込めてしまうわけです。そういう意味では椎名とは真逆なんですね。個性はしっかりあるのですが、厳密な自分の音世界がなくカメレオンのように色を変えられることが、かえって強みになっています。

 岡村とのコラボの場合は特に、ただ彼の世界に液体のように溶け込むだけじゃなく、岡村の魅力や持ち味をかえって引き出しているようにさえ思えます。

 ポップ・ミュージックでは自分の明確で印象的なスタイルを持つことは、ブレイクの必須条件であると長く信じられていて僕もそう思っていましたましたが、ひょっとしたら彼女の場合、ジャンルを問わずに強力な世界観を持つアーティストとコラボをもっと数多くやっていくことが、新しい時代らしい、前例のないポップ・アーティスト像につながってゆくのかもしれないなどと思ったりします。

 


DAOKO × 岡村靖幸『ステップアップLOVE』MUSIC VIDEO