まいにちポップス(My Niche Pops)

令和初日から毎日、1000日連続で1000曲を選曲しました(苦笑)。古今東西のポップ・ソングをエピソード、歌詞の和訳、マニアックなネタ、勝手な推理、などで紹介しています。みなさんの音楽鑑賞生活に少しでもお役に立てればうれしいです。みなさんからの情報や思い出話などコメントも絶賛募集中です!text by 堀克巳(VOZ Records)

「Out of Time」ザ・ウィークエンド(2022)

 おはようございます。

 今日はザ・ウィークエンドの「Out of Time」です。

www.youtube.com

********************************************************************

The last few months, I've been workin' on me, baby
There's so much trauma in my life
I've been so cold to the ones who loved me, baby
I look back now and I realize


And I remember when I held you
You begged me with your drowning eyes to stay
And I regret I didn't tell you
Now I can't keep you from loving him
You made up your mind


Say I love you, girl, but I'm out of time
Say I'm there for you, but I'm out of time
Say that I'll care for you, but I'm out of time
Said I'm too late to make you mine, out of time (Ah)


If he mess up just a little
Baby, you know my line
If you don't trust him a little
Then come right back, girl, come right back
Give me one chance, just a little
Baby, I'll treat you right
And I'll love you like I shoulda loved you all the time

 

And I remember when I held you (Held you, baby)
You begged me with your drowning eyes to stay (Never again, baby)
And I regret I didn't tell you (Hey)
Now I can't keep you from loving him
You made up your mind (Uh)


Say I love you, girl, but I'm out of time
Say I'm there for you, but I'm out of time (No)
Say that I'll care for you, but I'm out of time (Hey)
Said I'm too late to make you mine, out of time (Ah)


Ooh, singin', out of time
Said I had you to myself, but I'm out of time
Say that I'll care for you, but I'm out of time
But I'm too late to make you mine, out of time (Uh)
Out of time
Out of time


Don't you dare touch that dial
Because like the song says, you are out of time
You're almost there, but don't panic
There's still more music to come
Before you're completely engulfed in the blissful embrace of that little light you see in the distance
Soon you'll be healed, forgiven, and refreshed
Free from all trauma, pain, guilt, and shame
You may even forget your own name
But before you dwell in that house forever
Here's thirty minutes of easy listening to some slow tracks
On 103.5 Dawn FM

********************************************************************

ここ何ヶ月か自分を見つめ直しているんだ、ベイビー
僕の人生にはたくさんトラウマがある
僕は愛する人にあまりに冷たかったのさ、ベイビー
今振り返ってみて、気づいたよ


君を抱きしめた時のことをおぼえている
君は目に涙をためて僕にいてほしいと懇願したね
君といると言わなかったことを後悔してるよ
今、君が彼を愛することから遠ざけることは僕にはできない
君は心を決めたんだ

 

愛してると言ってくれ、ガール、でも僕はその時を逃したんだ
そばにいると言ってくれ、だけど、僕はタイミングを逸したのさ
君をずっと大切にすると言っても、僕はその時を逃したんだ
君を僕のものにするには遅すぎたのさ、 その時を逃したのさ

 

ああ、歌うよ、 時間切れだって
君は僕だけのものだと言ったけど、その時を逃したんだ
君をこれからも大切にすると言っても その時を逃したんだ
だけど、君を僕のものにするには遅すぎるんだ、時間切れ
時間切れ 時間切れ

 

”そのダイヤルに触れちゃダメだ
その歌が言ってるみたいに、あなたは時間の外にいるんだ
そこまでもう少し、だけど慌てないで
まだまだ音楽は続く
遥か遠くに見える小さな光の幸せに満ちた抱擁に
完全に包まれてしまう前に
もうすぐ、あなたは癒され、赦され、心洗われる
すべてのトラウマ、痛み、罪悪感、恥からも解放され
あなたは自分の名前さえも忘れてしまうかもしれない
だけど、その家にあなたが永遠に住むその前に
30分間のスローなトラックによるイージーリスニングで、
103.5 Dawn FM    ”

                (拙訳)

********************************************************************

 ウィークエンドは2019年にリリースしたシングル「ブラインディング・ライツ」が昨年アメリカのヒット・チャート誌「ビルボード」の”Billboard Hot 100 song of all time”で1位にランキングされました。アメリカ史上最大のヒット曲に認定されたということです。そして、彼の最新アルバム「Dawn FM」が今月リリースされました。

 

 

 間違いなくいま世界で最も人気のある男性シンガーの一人である彼のニュー・アルバムの中で、日本の音楽関係者を一斉に驚かせた曲がこの「Out of Time」でした。

 

 日本のポップスをサンプリングしているんですね。

それが、亜蘭知子の「Midnight Pretenders」です。

www.youtube.com

 彼女はシンガーとしてもたくさんアルバムを出している人ですが、多くの日本人にとってはTubeの「シーズン・イン・ザ・サン」などのヒット曲を書いた作詞家としてのほうが認知されているかもしれません。

 しかし、彼女はここ数年、世界的なシティポップ・ブームで海外から人気になっていたアーティストの一人でした。

 

 この曲の動画もオフィシャルなものではないですが、775万回再生、3300以上のコメントはほぼ全て海外からのものです。

 

 この曲は1983年にリリースされたかのじょの「浮遊空間」というアルバムに収録されていたもので、シングルでもなかった曲です。作詞は彼女自身が、作曲は織田哲郎。しかし、今回のサンプリングに関してはアレンジャーのウェイトが大きく、手がけたのが西村 麻聡。ビーイング所属のアーティストで、のちにギターの北島健二とドラムスの山田亘と「FENCE OF DEFENCE」を結成しますが、この「浮遊空間」というアルバムではこの三人が演奏しています。

 

 

 

 竹内まりやの「プラスティック・ラヴ」が海外で大きくバズったことを皮切りに、松原みきの「真夜中のドア」がSpotifyで現在1億回再生を超えるなど、まるで”海外からの視点”で、過去の日本のポップスの”新たな書き換え”が行われているようで、僕は面白いなあと思っていたのですが、今回は思わぬ角度からきましたね。

 

 日本人アーティストの曲が海外のスーパースターに取り上げられた例としては、YMOの「ビハインド・ザ・マスク」があと少しのところで、マイケル・ジャクソンの「スリラー」に収録されるところだった(後にその音源はリリースされています)ということがありましたが、今回のサンプリングもすごく画期的なことだと思います。

 

 ウィークエンドやプロデューサーのマックス・マーティンといった、現在のポップ・ミュージックの頂点にいるアーティスト、クリエイターのところまで、日本のシティポップの音源が届いているという証拠だからです。

 

 今回のウィークエンドのアルバムにも参加している人気ラッパーのタイラー・ザ・クリエイターが2020年に、山下達郎の『FRAGILE』をサンプリングしましたが”サンプリング・ソースとしてのシティポップ”という切り口も、今後また増えていきそうな気がします。

 

 さて、「Dawn FM」についても少し。「ブラインディング・ライツ」が収録されたアルバム「アフター・アワーズ」に続くアルバムです。After Hours=営業時間や業務終了後という”深夜”をイメージさせるタイトルでしたが、時間的にそれに続くDawn=”夜明け”、そしてそこにFMがついています。

 

 DJの喋りが入ってアルバム全編が架空のFMのような構成になっていますが、このDJをやっているのがジム・キャリーです。

 他に「A Tale by Quincy」というクインシー・ジョーンズの語りなども入っています。

 

 

 このアルバムについてウィークエンドはこのように語っています。

 

「リスナーが死んでいるという設定のアルバムをイメージしてほしい。そして彼らは煉獄から抜け出せないんだ。僕はその状態はトンネルの先にある光に到達するのを待つために交通渋滞に巻き込まれるようなものじゃないかといつも想像していたんだ。渋滞に巻き込まれている間、車内ではラジオ局が流れていて、ラジオのホストが向こう側へ抜け出すのを助けてくれる光へと導いてくれるのさ。だから、お祝いの感じにも、荒涼とした感じにも、感じたいように感じることができる。だけど、それが僕にとっての『夜明け』なんだ」

  

 なるほど、「Out of Time」の終わりのDJ(ジム・キャリー)がしゃべっている内容がよく理解できなかったのですが、この説明でよくわかりました。

 

 最後にこの「Dawn FM」のもうひとつのサプライズを。ビーチ・ボーイズのブルース・ジョンストンが参加しているんです。しかもサンプリングじゃなく、新曲の共作者で!

 

 数年前、彼はDJでプロデューサーのスクリレックス宇多田ヒカルともコラボしていました)と一緒にコラボする機会があり、彼の人脈でいろんな若手たちとセッションするようになっていたそうです。ブルースは日常サーフィンを楽しんでいて、彼らのスタジオも近かったといいます。その中で、ポスト・マローンの曲で知られるレックス・クドーとも曲を作るようになり、そこにマイク・ラヴの息子クリスチャンも加わったそうでうす。

 レックスがその曲をウィークエンドに送ると、彼が気に入ったものがあり自分のブレーンたちと一緒に曲をブラッシュアップして、今回アルバムに収録したということです。

 

しかし、ブルース・ジョンストンって今年80歳ですよ。すごいですね、ほんとに。

タイラー・ザ・クリエイターも加わったその曲「Here We Go... Again」を最後に。

ブルースらしいカリフォルニア・ポップスの甘酸っぱい感じと、エレクトロなウィークエンドの世界が絶妙に融合しています。

www.youtube.com

 

 

popups.hatenablog.com

popups.hatenablog.com

 

 

 

f:id:KatsumiHori:20220111195851j:plain