まいにちポップス(My Niche Pops)

令和初日から毎日、1000日連続で1000曲(せんきょく)を選曲(せんきょく)しました(苦笑)。古今東西のポップ・ソングをエピソード、歌詞の和訳、マニアックなネタ、勝手な推理、などで紹介しています。みなさんの音楽鑑賞生活に少しでもお役に立てればうれしいです。みなさんからの情報や思い出話などコメントも絶賛募集中です!text by 堀克巳(VOZ Records)

「青空は恋の色(Lazy Day)」スパンキー&アワ・ギャング(1967)

 おはようございます。

 今日はスパンキー&アワ・ギャングの「LAZY DAY」。当時は「青空は恋の色」という邦題がついていましたが、今は日本でも原題の「LAZY DAY」のほうで定着しています。


Lazy Day

 

 " 青い空 太陽の光 

 公園を歩くには まさにぴったりな日

 アイスクリーム デイドリーム 

 空が星のブランケットに変わるまで夢の中

    デイジーを摘むには なんてぴったりな日 

 たくさんの赤い風船もお似合いな日

 手を握るには なんてぴったりな日

 一緒に過ごすのに うってつけの日

 

 まさに、リラックスして過ごす最高の休日の歌です。(あっ、今日は月曜でした、、)

 ちなみに僕は、ネイティヴじゃなくて、日本の学校で英語を学んだので、”Lazy”を”怠惰な”という意味で覚えていました。怠惰な、は”勤勉を美徳とする”日本人には、悪い意味しかないですが、Lazyは、やらなくちゃいけない物事から解放されている気ままさ、みたいないいニュアンスもあるんだな、とこの歌を聴いて思いました。

 

 

 1960年代に南カリフォルニアをベースとして起こった、メロディアスでノスタルジックな楽曲をコーラス・ワークで聴かせるようなポップスを”サンシャイン・ポップ”と呼び、このブログでもハーパーズ・ビザールやロジャー・ニコルス&ザ・スモール・サークル・フレンズなどを紹介しましたが、彼らもまたそのカテゴリーに含まれるバンドです。

  しかし、彼らはアメリカ中西部イリノイ州出身ですので、実際にはアメリカ西海岸のポップ・シーンとは関連のないグループです。

 ちなみに、この曲を書いたジョージ・フィショフとトニー・パワーズ、そしてプロデューサーのジェリー・ロスは、以前にこのブログでも紹介しましたキースの「98.6」も手がけています。 

popups.hatenablog.com

  アレンジャーのジミー・ワイズナーはジェリー・ロスにとっての ”飛車角”のひとり(もうひとりはキース「98.6」のアレンジャー、ジョー・レンゼッティ)。

 

 アーティストも制作陣も、アメリカ西海岸とは関係ないので、厳密には”サンシャイン・ポップ”ではないのですが、当時の流行のスタイルではあったので、近似性があるのでしょう。

 でも、サウンドをよく聴くと、スパンキー&アワ・ギャングは、西海岸勢の開放的な感じとは異なり、少しナイーヴで都会的な感じが強いように思えます。

 

 その都会的なナイーヴさがよく出ている曲が「Like to Get to Know You」。山下達郎のフェイヴァリット・ナンバーとして知られていて、僕も彼のラジオ番組で何度か聴いたことがあります。

 


Like To Get To Know You Spanky & Our Gang {Stereo}

 

 ”スパンキー”とはグループの女性ヴォーカリスト、エレイン・マクファーレンのニックネーム。”アワ・ギャング”はそのバッキングを務める男性陣。ちなみに”アワ・ギャング”とは喜劇映画のパイオニア、ハル・ローチという人が1920年代から40年代にかけてプロデュースしてアメリカで大人気だった、わんぱくなちびっ子が主役の喜劇映画のシリーズの名前だそうです。

 

 ちなみに、当時の国内盤のレコードを見ると彼らは「スパンキーとギャング」という表記でした。ジャケット写真は紅一点のヴォーカルに帽子をかぶった男たち。もしや?と思って調べて見ると、「恋の季節」のピンキーとキラーズは、彼らの名前をもじって作曲家のいずみたく命名したそうです。

 

 

 

Lazy Day

Lazy Day