まいにちポップス(My Niche Pops)

令和初日から毎日、1000日連続で1000曲を選曲しました(苦笑)。古今東西のポップ・ソングをエピソード、歌詞の和訳、マニアックなネタ、勝手な推理、などで紹介しています。みなさんの音楽鑑賞生活に少しでもお役に立てればうれしいです。みなさんからの情報や思い出話などコメントも絶賛募集中です!text by 堀克巳(VOZ Records)

「魔法の黄色い靴」チューリップ(1972)

 おはようございます。

 今日はチューリップの「魔法の黄色い靴」です。

www.youtube.com

 「魔法の黄色い靴」は財津和夫率いるチューリップのデビュー・シングルでした。

僕が知ったのは4、5年後だったのですが、1972年当時の曲と並べて聴くと、これは相当画期的な曲だっんじゃないかと思います。

 

 「謎の財津和夫」という本の中に、1972年当時の「ライト・ミュージック」という音楽誌に載っていた彼らへの論評が転載されていて

 例えば、フォークシンガーの中川五郎はこう語っています。

「レコードを聞いていて、思わず”バッドヒンガア”なるイギリスのグループを思い浮かべたりしてしまったチューリップというグループ。

 このバンドの詞が、とてもおもしろいのです。どういう風におもしろいかといえば、ちょっと説明しにくいのですが、メッセージ派フォーク一すじに気ばってきたぼくにしてみれば、詞を、リズムやアクセント中心に、つまり、音として捉えているチューリップの歌に、とまどってしまうのです。

 でも、そこがなんともいえずおもしろいのです」

 

 バッドフィンガーを”バッドヒンガア”と表記されているところがなかなか味わい深いですが、メッセージ・フォーク全盛の時代は、皆歌詞を先に書いてそれにメロディをつけていたのに、チューリップは詞曲一緒か、メロディが先に作られた感じがして面白いということなんですね。

 

 また、その後編曲家として一時代を築く瀬尾一三のコメントも、同じように転載されています。

 彼は「魔法の黄色い靴」の前に作られた自主制作シングル「私の小さな人生」のディレクションをしていたようです。

「その時感じたのは、ボーカルの特異性、リード・ヴォーカルの財津和夫君の、今までの日本人にはめずらしい、新しい日本語ー言葉の本当の意味で、新しい日本語といっていいでしょうーの発声方法」

「日本語が、まるで楽器の一部のように音になって聞こえ、発声が英語的ニュアンスを持っているのです」

 

 僕が熱心に音楽を聴き始めた1970年代終わりから1980年代にかけては、ニューミュージックから、そして今で言うシティポップの時代で、歌詞は”意味”より”サウンド”としての意義の方が高いものでした。

 

 そういう歌詞に日本で誰よりも早くアプローチし形にしたのが、チューリップであり、財津和夫だったのかもしれません。

 

 瀬尾はまた「魔法の黄色い靴」のレコーディングを見に行って、このような感想を述べています。

「曲の展開がよりポール・マッカートニー的になった、というより、エミット・ローズ、バッド・フィンガー的になったといった方がいいかもしれません。彼らも含めて、チューリップは、小'ポ'ー'ル'ちゃんなのです」

 

 チューリップを単にビートルズの影響を受けたバンドとくくるのではなく、ポール・マッカートニーの影響を受けたバッド・フィンガー、エミット・ローズと横並びにするほうが、確かに見えてくるものは多くなる気はします。

 瀬尾の”小ポール”という言い方は的を得ていたようで、財津はそれから2年後のインタビューでこう答えています。

「ええ、ポールとぼくらは兄弟なんです。でもポールは兄さん」(ライト・ミュージック1974年11月)

 

  また、財津はこの「魔法の黄色い靴」についてこうコメントしています。

「この曲は何かが降ってきたように出来た。今でも、そうやって創ったか、はっきりしない。ただ「ジェネシス」のあのミュージックビデオを観たことにインスパイアされた様な気がしている。あのイギリス的な世界に!」

(「財津和夫ワークス」〜40周年を記念して〜」ライナーノーツ)

 

 ビートルズでもバッドフィンガーでもなくジェネシスだったんですね。どの曲かはわかりませんが、時代的にはアルバム『怪奇骨董音楽箱Nursery Cryme』(1971)の頃だったのでしょう。

 

 ただ、チューリップの瀬尾の言う”小ポール”、バッド・フィンガー的なムードは次のシングル「一人の部屋」でも強く感じられます。

 ヒットしませんでしたが、のちの「青春の影」にもつながるようないい曲だと思います。

 

www.youtube.com

 

 それから、財津は歌詞の「音」についてやはりこだわりがあったようで、1979年の大ヒット「虹とスニーカーの頃」についてこう語っています。

「特に歌詞の「あ段」の連続性が気に入っているー「わ'が'ま'ま'は'」「若か'っ'た'」」

(「財津和夫ワークス」〜40周年を記念して〜」ライナーノーツ)

www.youtube.com

 狙って「あ」の母音が続く言葉を選んでいるんですね。

考えてみると、チューリップ最大のヒット「心の旅」の冒頭も「あ'ーだ'か'ら'」と「あ」の母音の連続で始まっています。

www.youtube.com

 

 日本語の歌詞において「あ」の母音の使い方ってすごく大事なんですよね。

 以前、若手の作曲家を育成する仕事を長くやっていたこともあって、興味があって調べたことがあるんですけど、大ヒットした曲の歌い出しやサビの歌い始めの母音は「あ」が圧倒的に多いんです。

いにち、まいにち」(およげ!たいやきくん)、「たしが ささげた」(女のみち)、「とえば君がいるだけで」(君がいるだけで)、「いにはあいで」(Say Yes)「てしない闇の向こうに」(Tomorrow Never Knows)、「の日あの時あの場所で」(ラブ・ストーリーは突然に)、、、といったように。

 

 「あ」って母音の中で、発声するとき一番自然に出て、力も入れやすいんですよね。ボキャブラリー自体もきっと多いんだとは思いますが。「あ」の母音で歌い始めた方が、自然でかつ強く伝わりやすいように思えます。

 「心の旅」も「虹とスニーカーの頃」も、財津はヒットを狙うために苦労して書いたと語っていますので、「あ」の母音の連続で曲を始めるというのは、ヒットさせるためのテクニックのひとつとして、使ったんだろうと想像できます。

 

「魔法の黄色い靴」が発売された1972年6月には大瀧詠一がやはりビートルズ調の「空飛ぶくじら」をリリースしています。「はっぴいえんど」では大好きなポップスをやれなかった大瀧は、1971年末にリリースした初のソロ・シングル「恋の汽車ポッポ」からポップスへのアプローチを始めていました。

 

 J-POPのルーツをまっすぐ遡っていくと、大瀧や財津がスタートを切ったこの時代に行きつくんじゃないか、というのが今のところの僕の考えではあります。

 

 最後はこの曲のライヴ動画を。お客さんがずっと一緒に歌ってます。女性人気がすごかったんですね。

www.youtube.com

 

f:id:KatsumiHori:20211122144920j:plain