まいにちポップス(My Niche Pops)

令和元年初日から毎日更新中〜1日1ポップス。エピソード、歌詞の和訳、謎解き、マニアックな捜査、勝手な推理、などで紹介していきます。text by 堀克巳(VOZ Records)

「こぬか雨」伊藤銀次(1977)

 おはようございます。

 今日は伊藤銀次の「こぬか雨」です。

www.youtube.com

 こぬか雨。糠の粉のような粒の細かい雨、霧雨のことですね。

 作者の伊藤銀次は、<こぬか雨降る御堂筋〜♩>の欧陽菲菲(オーヤン・フィーフィー)の「雨の御堂筋」(1971年。ベンチャーズのインストに歌詞をつけ大ヒットしました)から、曲のヒントを得たそうです。

 彼は同じ頃、シュガー・ベイブの「DOWN TOWN」の七色、シャボン玉、といった歌詞を「ラブ・ユー東京」<七色の虹が消えてしまったの〜シャボン玉のような〜♩>(黒沢明ロス・プリモス)からとっているので、意図的にそういう切り口を狙っていたのかもしれません。

 

 「”こぬか雨”は「こういう曲があるんだよ」って聴かせたら山下くんが気に入って、「シュガー・ベイブでやっていい?」ということになって。ただ、ちょっと自分の感覚に合った詞に変えたいということで、一部歌詞を変えてテンポをちょっと早くして、シュガー・ベイブのライヴでやってたんですよ。だからあのままシュガー・ベイブが解散しないでセカンド・アルバムを作ったら、きっと入ってたでしょうね」

  (伊藤銀次 自伝 MY LIFE POP LIFE)

 

 シュガー・ベイブのライヴ音源は『SONGS -40th Anniversary Ultimate Edition-』(2015年)のボーナス・トラックとして、1976年4月1日に荻窪ロフトで行われたシュガー・ベイブ解散ライブからのライブ音源が収録されています。

www.youtube.com

 彼も一時シュガーベイブに在籍していたこともありますが、山下達郎が求めているものと彼の音楽性が合わず、わずか3ヶ月で脱退しています。

 

 その後、彼のソロアルバムを作る話が来ます。それが、現在シティポップの隠れた名盤とされている「DEADLY DRIVE」です。

 「”こぬか雨”も、シュガー・ベイブのライヴでテンポを上げてやっていたけど、あれは山下くんのアレンジなんでね。自分の作品としてきちんとレコーディングしないままでしたから、もともとイメージしていた通りのスローで、この時期らしいアレンジで録りました」

        (伊藤銀次 自伝 MY LIFE POP LIFE)

 

 サウンドだけじゃなく、歌詞も変えています。一番と二番のAメロが違っているんですね。最初に彼が書いた歌詞に戻したのか、ソロ作品用に新たに書いたのかは不明ですが。

シュガー・ベイブ

”街はいつでも霧だらけ 泣き出しそうな灰色の空

ビルの谷間のガラスごし まぎれこんだアスファルトの海”

 

”あの路地裏を曲りこみ 誰に告げようつかの間の夢

外に出るのはやさしいけど 駆け出した時そこはもう街”

 

伊藤銀次

”街に今日も霧がふる 泣き出しそうな灰色の空

ヘッドライトがまたたく くすんだアスファルトの海”

 

”内緒話が聞こえる 覚めたコーヒーカップの音

今にもかけだしそうな 僕の心が足を止める”

 

 リズムのあるシュガー・ベイブの方は雨の街の中を動いているイメージ、スローな伊藤の方は雨の街を眺めているイメージですね。

 

  当時音源化されていたのは伊藤銀次の方だったのですが、当時のカバー・ヴァージョンはなぜかシュガー・ベイブのヴァージョンに基づいていました。ライヴだけだったとはいえ、関係者やファンに強い印象を残していたのかもしれません。

 

  まずは、竹内まりやのデビュー前のライヴ音源が収録されていることでも知られている1978年の「ロフト・セッションズvol.1」に収録されている高崎昌子のカバー。シティポップという観点からすると、この演奏は「こぬか雨」のカバーの中でも最高峰でしょう。

 

 *フルアルバムの動画なので、「こぬか雨」は4分36秒頃に始まります

www.youtube.com

 

 そして、高崎のカバーに匹敵するシティポップ・アレンジは、アレンジャー清水信之の1980年リリースのファースト・アルバム「Corner Top」に収録されたもの。竹内まりやEPOがコーラスで参加しています。

www.youtube.com

 1984年にはEPOがカバー。シュガー・ベイブ版の歌詞を、伊藤銀次に近いアレンジで歌っているのは、両方へのリスペクトをこめた意図的なものだったのでしょう。

www.youtube.com

   日本の男性デュオ”Terry&Francisco”による2007年のカバー。これは伊藤銀次版。

 

www.youtube.com

 

 

popups.hatenablog.com

popups.hatenablog.com

 

f:id:KatsumiHori:20210708151142j:plain