まいにちポップス(My Niche Pops)

令和元年初日から毎日更新中〜1日1ポップス。エピソード、歌詞の和訳、謎解き、マニアックな捜査、勝手な推理、などで紹介していきます。text by 堀克巳(VOZ Records)

「ダンシング・シスター(I'm in the Mood for Dancing)」ノーランズ(1979)

 おはようございます。

 今日はノーランズの「ダンシング・シスター」です。


The Nolans - I'm In the Mood for Dancing

********************************************************************************

I'm in the mood for dancing, romancin'
Ooh, I'm givin' it all tonight,
I'm in the mood for chancin'
I feel like dancin'
Ooh so come on and hold me tight.

Dancin', I'm in the mood Babe,
So let the music play,
Ooh, I'm dancin', I'm in the groove babe,
So get up and let your body sway.

I'm in the mood for dancin', romancin'
You know I shan't ever stop tonight,
I'm in the mood for chancin'
I feel like dancin'
Ooh from head to my toe,
Take me again,
And heaven who knows,
Just where it will end,

So dance,yeah lets dance, come on and dance,
Dance,yeah lets dance,come on and dance
I'm in the mood for dancing, romancin'
Ooh, I'm givin' it all tonight,
I'm in the mood for chancin'
I feel like dancin'
Ooh so come on and hold me tight.

Dancin' just feel the beat babe, That's all you've gotta do,
I can't stop dancin',
So move your feet babe, 'cause Honey when I get up close to you

I'm in the mood for dancin', romancin',
You know I shan't ever stop tonight,
I'm in the mood, I'm in the mood,
I'm in the mood to dance,
Yeah lets dance, come on and dance,,,

Get on your feet now baby dance,
Yeah lets dance, come on and dance,
can't you hear the music baby dance,
Yeah lets dance, come on and dance...

 

Writer/s: BEN FINDON, MIKE MYERS, BOB PUZEY

********************************************************************************

踊りたい気分なの ロマンスをしたいの

今夜はぜんぶ投げ出して

思い切りやってみたい気分なの

踊りたいの さあ 私をしっかり抱きしめて

 

踊りたい そんな気分よ ベイブ

だから音楽をかけて

踊っている グルーヴを感じてる 

だからあなたも踊って 体を揺らして

 

踊りたい気分なの ロマンスをしたいの

今夜の私は決して止まらないの わかるでしょう

思い切りやってみたい気分なの 

頭からつま先まで踊っているみたいな気持ち

もう一度私をつかまえて どこで終わるかなんて誰も知らないわ

 

だから踊って 踊りましょう さあ踊って、踊って

 

踊って ただビートを感じて ベイブ

それだけでいい

ダンスを止められないの だから足を動かして ベイブ

だってハニー 私あなたにぐっと近づくから

 

踊りたい気分なの ロマンスをしたいの

今夜の私は決して止まらないの わかるでしょう

踊りたい気分なの 踊って、さあ踊って、、、

 

立ち上がって踊るのよ 踊りましょう さあ 踊るのよ、、(拙訳)

********************************************************************************

  この曲のシングルの売り上げは67万4千枚で日本の洋楽史上歴代9位、昨日このブログで登場した「スカイ・ハイ」よりも上(8位はワム!の「ラスト・クリスマス」)にランクされていて、いまだに時おりCMなどで耳にする曲です。

 海外でもヒットはしましたが(全英3位)、日本で格別に愛された曲と言っていいでしょう。

 

  ノーランズアイルランド出身の姉妹グループ

 スタートはノーランの両親が幼い子供達と一緒に1963年に”シンギング・ノーランズ”というファミリー・グループ結成したのがきっかけでした。時代的にはオズモンド・ブラザーズ(オズモンズ)がアメリカのTVで人気者になっていた頃ですので、その女性版を狙ったのでしょうか。

 1974年に姉妹だけで”ノーラン・シスターズ”を結成、「思い出ロンリネス(But  I Do)」という曲でデビューします。TV初出演はクリフ・リチャードがホストを務める「イッツ・クリフ・リチャード」でした。


The Nolans - But I Do

  この曲を含め5年間リリースした曲はチャートインすらしませんでしたが、転機が訪れたのはepicレコードに移り、プロデューサーのベン・フィンドンと出会ってからでした。

 ベンがプロデュースし、マイク・マイヤーズとボブ・プジーと共作した「Spirit, Body and Soul」という曲が全英34位と初めてチャートインしたのです。


The Nolans_(Live) Spirit, Body & Soul TOTP 1979

 そして、その次にベンたちが用意した曲がこの「ダンシング・シスター」でした。

 

 メンバーのアンはこう語っています。

「私はその曲が好きじゃなかった。だけど、そのころはヒットの可能性を見つけるのに

絶望していたの。私たち姉妹みんな曲が好きじゃなかったわ。売れるなんて私たちにわかりようがなかったわ」

                     (Songfacts)

 モーリーンはこう言っています。

「私たちはフランク・シナトラア・カペラに夢中だった。その時、こう思ったのをお覚えてる。ナイスな曲ね、って。それから、もちろん残りの人生ずっと“Ooh! Ooh! Ooh!” ってコーラスを歌うことになったわ」

                     (The Gurdian)

 

 クラブ歌手だった父親のもとで幼い頃からコーラスの訓練をし、アンドリュー・シスターズのようなジャズ・コーラス曲もレパートリーにあった彼女たちの技量からしたらずいぶん物足りない曲だったのかもしれません。

 しかしその曲が彼女たちの運命を大きく変えてしまうわけですから、不思議なものです。

 

  ちなみに「ダンシング・シスター」と同じくベン・フィンドンのプロデュースで、彼とマイク・マイヤーズとボブ・プジーが書いた曲がその少し前にイギリスと日本で大ヒットしています。

 それは、やはりファミリー・グループだった「ドゥーリーズ」の「ウォンテッド」です。35万6千枚を売り上げ日本の洋楽史上歴代45位という(アバの「ダンシング・クィーン」より上です)これまた大ヒットになっています。


The Dooleys - Wanted (HQ Stereo)

 マニアックに走るのがこのブログのクセ(?)なので、もう1曲。

ベン・フィンドンとマイク・マイヤーズは昨日登場したジグゾーにも曲を書いているんです。「You bring out the best in me」(1981)。スタイリスティックス的な甘いファルセットが効いたバラードです。


Jigsaw ...You bring out the best in me. 1981.

 

 話をノーランズに戻します。

 モーリーンは当時の日本での盛り上がりについてこう語っています。

「イギリスでもハードに仕事をしているつもりだったけど、日本では1日で22本のラジオ番組と4本のテレビ番組に出たわ。今、みんなが言うわ"リトル・ミックスを見てごらん、ああなりたいはずだ "と。でも、実際そんなことはないわ。私たちは、私生活をどれだけ犠牲にしているか知っているから」

「歌からはたくさんお金を得られなかったけど、、。誰かが儲けたんだわ、私たちは 日本だけで1000万枚のレコードを売ったんだから。でも、私たちは誰も苦い思いはしていない。確かに愛を感じたから。リユニオン・ツアーで「ダンシング・シスター」を歌い終わった後には「うなり声」が聞こえきたわ。誰かこの気持ちを瓶につめてとっておいてほしい」と思ったわ」

                   (The Gurdian)

 リユニオン・ツアーは2009年に行われましたが、その後2013年にメイン・ボーカルのバーニーががんのため亡くなってしまいました。

 そして昨年、イギリスでは「The Nolans Go Cruising」という番組がスタートしたそうです。そこで、モーリーン、アン、リンダ、コリーンの4人でこの曲を披露しています。


The Nolans I’m In The Mood For Dancing 2020

 

f:id:KatsumiHori:20210131155940j:plain