まいにちポップス(My Niche Pops)

令和初日から毎日、1000日連続で1000曲(せんきょく)を選曲(せんきょく)しました(苦笑)。古今東西のポップ・ソングをエピソード、歌詞の和訳、マニアックなネタ、勝手な推理、などで紹介しています。みなさんの音楽鑑賞生活に少しでもお役に立てればうれしいです。みなさんからの情報や思い出話などコメントも絶賛募集中です!text by 堀克巳(VOZ Records)

「ブランド・ニュー・デイ(Brand New Day)」アル・クーパー(1970)

 あけましておめでとうございます!

 新しい年の真っ新な1日目ということで、アル・クーパーの「Brand New Day」を。


Al Kooper - Brand New Day

 

  "昨晩 僕は夢を見た 

 世界がものすごい勢いで変わっていったんだ

 より大きな街から始まり、それは小さな町に広がっていった

 

 人々は会ったこともない人たちに微笑みかけ始めた

 そしてエレミヤ(ジェレマイア)が僕を目覚めさせたら

 僕はその夢を生きるつもりさ

 それはまっさらな日 まっさらな生き方

 まっさらな日なんだ

 

 ある母親が父親に電話をしたんだ

 彼女は、ああ神様、気が動転してしまって、と泣き喚いた

 彼女が言うには 息子が今朝無一文で家を出たんだと 

 TVだけを持って 

 妹が電話に割り込んで言った

 「兄さんはやりたいことをやっているだけ」

   すると父親は母親の電話を切ってしまった

 そして子供達は歌い始めた

 新しい日がやってきた 新しい生き方ができる

 まったく新しい日なんだ

 

  俺たちは知恵を集めて 

  今いるところからどこに向かうのか考えなくっちゃな

     俺たちは自分たちが信じているもののために

  戦わなくちゃいけない

  そんな気運を感じるんだ

  

  二千万人の影が門に押し寄せる   

     倒れた四人の映像が目に映ったからってどうして驚くんだい?

  二千万人の舌が叫んでも 聞いてくれるのはごくわずか

  だけど、夜のように暗かった年月が永遠に過ぎ去るだろう

     太陽が昇って 新しい日を照らし出したなら

 まっさらな生き方 まっさらな日を、、   ”  (拙訳)

 

  

********************************************************************************

Last night I had a dream that the world
Was changin' by leaps & bounds
It started up in the bigger cities
Than it spread to the smaller towns
The people began to smile at people
That they'd never even seen
And when Jeremiah woke me up
I was ready to live that dream
It's a BRAND NEW DAY
Brand new way, BRAND NEW DAY

Ya know the mother called the father on the telephone
She cried My God I'm so upset
She said the boy left home naked this mornin'
All he took was the TV set
Then the sister picked up the extension
And she said "He's just doin' his thing..."
Then the father hung up on the mother
And the children began to sing
It's a BRAND NEW DAY
Brand new way, BRAND NEW DAY

We gotta put our heads together
And see where we go from there
We gotta fight for what we believe in
Cause there's somethin in the air

and it's a BRAND NEW DAY
Brand new way, BRAND NEW DAY

 

20 million shadows stormin at the gates
Now how can ya be surprised
With the image of the Fallen Four reflected in their eyes
And though 20 million tongues are shoutin' now
Its only heard by a precious few
But the years of night will pass forever
When the sun comes shinin' through on a
BRAND NEW DAY
Brand new way, BRAND NEW DAY

********************************************************************************

 

  この曲はハル・アシュビー監督のデビュー作「真夜中の青春(The Landlord)」(1970)の音楽を依頼されたアル・クーパーが、映画の主題曲として書き下ろしたものです。

 ハル・アシュビーは「シャンプー」、「チャンス」、「さらば冬のかもめ」、「ハロルドとモード 少年は虹を渡る」、ローリング・ストーンズのライヴ映画「レッツ・スペンド・ザ・ナイト・トゥゲザー」など、ひねりの効いた面白い映画を作っている人です。

 「真夜中の青春」の原題”Landload "家主、大家さんのことで、主人公の大金持ちの息子が親の金でアパートを買い取って、自分の家を建てようとするのですが、そこのアパートの黒人たちとうちとけていき、結局”家主”になることになり、、、という人種問題に切り込んだ内容の映画です。

 

 映画のオープニングではアメリカを代表するゴスペル/ソウル・グループのステイプル・シンガーズが歌う「ブランド・ニュー・デイ」が使われていました。


Brand New Day

 

 この映画のサントラ盤には、アル本人のヴァージョンも入っています。こういうアレンジでした。


Al Cooper - Brand New Day From The Landlord

 

 これを聴くと、人種問題がテーマの映画ということもあり、アル・クーパーは歌詞も含めてゴスペルのイメージを持ってこの「ブランド・ニュー・デイ」を書いたことが明らかです。

 歌詞に「エレミヤ(ジェレマイア)」が出てきますしね。「エレミヤ」は旧約聖書の『エレミヤ書』に登場する古代ユダヤ預言者で、

 スリー・ドッグ・ナイトの大ヒット曲「喜びの世界」の冒頭のフレーズ、

”Jeremiah was a bullfrog”(ジェレマイアはウシガエルだった)

 で有名ですね。

 ちなみにこの「エレミア」が出てくるこの2曲はどちらも同じ年(1970)に出ていました。

 

 

 しかし、アル・クーパーはこのヴァージョンに納得できなかったのが、自身のオリジナル・アルバム「イージー・ダズ・イット」では、アレンジを一新して収録しなおしました。それが冒頭で紹介したものです。

 そして、このアレンジの方が有名になり、ベスト・アルバムなどにもこちらのヴァージョンが入っています。

 

 ともかくこの曲に出てくる歌詞のようになることを祈りながら。

 

the years of night will pass forever
When the sun comes shinin' through on a
BRAND NEW DAY

 (夜のように暗かった年月が永遠に過ぎ去るだろう

     太陽が昇って 新しい日を照らし出したなら)

 

 今年もよろしくお願いします!

 

 

 アル・クーパー、1974年のスタジオ・ライヴ


Brand New Day (for the score of the film, The Landlord

 

 日本で一番人気のあるアル・クーパー の曲はこれ

 

popups.hatenablog.com

 

 

f:id:KatsumiHori:20201230221240j:plain