まいにちポップス(My Niche Pops)

令和元年初日から毎日更新中〜1日1ポップス。エピソード、歌詞の和訳、謎解き、マニアックな捜査、勝手な推理、などで紹介していきます。text by 堀克巳(VOZ Records)

「バチェラー・ガール」稲垣潤一(1985)

 おはようございます。

 今日は「バチェラー・ガール」。”雨のポップス”の名手、大瀧詠一の作品(作詞は松本隆)。歌うのは「雨のリグレット」でデビューし「ドラマティック・レイン」で大ブレイクした”雨男”(この後は雨の歌がほとんど聴かれなくなりましたが)稲垣潤一です。


バチェラー・ガール # 稲垣潤一

 この曲は稲垣潤一が1985年7月にシングル・リリースしているのですが、同じ年の11月に大瀧本人もシングル・リリースしています。しかも、レコーディングしていたのは大瀧の方が先でした。

 この曲は大瀧がアルバム「EACH TIME」のためにレコーディングした3曲めの曲で、本人もシングルはこれだと思ったと言います。

 しかし、作詞をした松本隆クリフ・リチャードの「バチェラー・ボーイ」を比喩的に変えた「バチェラー・ガール」というタイトルが、英語的におかしくないか疑問に思った彼は外国人に確認すると、”バチェラー(独身男性)”は男性につく言葉だからおかしい、と言われたそうです。

「譬えだからいいじゃない、という思いもあったけど今あmでの作品でここまで引っかかったもので出したものはないの。<バチェラー・ガール>はタイトルだからね。どっかにお墨付きがないと出せなかったの。84年3月の時点で出来上がってはいたんだけど、入れなかった。」

        (レコード・コレクターズ増刊 大滝詠一Talks About Niagara

 ちなみに、クリフ・リチャードの「バチェラー・ボーイ」とはこんな曲です。


CLIFF RICHARD - Bachelor Boy 1963

 父親からの「バチェラー・ボーイ(独身)でいなさい」という言いつけを守る男の歌です。結局は結婚して幸せになるというオチがつきますが。

 

 

 こうして、”シングル第一候補曲”を入れずに「EACH TIME」は完成しリリースされ、シングル・カットされた曲のないまま、アルバムチャート1位になりました。

 しかし、依然として「バチェラー・ガール」が頭の中にあった大瀧は古いハリウッド映画で「バチェラー・マザー」という作品があったことを発見します(1939年のジンジャー・ロジャースデヴィッド・ニーヴンが出演するロマンティック・コメディです)。

 これなら、比喩として<バチェラー・ガール>とつけたって言い返せるから問題ないと彼は思ったそうです。

 

 「それでそのころ中央高速を<バチェラー・ガール>を聴きながら走っていたら突然、稲垣潤一の声で聞こえてきたのよ。これは稲垣にいいだろうと思って、車から出版社に電話した。親近感持ってたしね、彼には。」

       (レコード・コレクターズ増刊 大滝詠一Talks About Niagara

 

 作った本人が自分が歌っているのを聞いて、”稲垣潤一の声”で聞こえてきたというのは、凄いことですね。単なるただのカバーじゃないわけです。

 

 そして稲垣のヴァージョンも、大瀧と同じく井上鑑のアレンジで制作されました。

 ちなみに、大瀧のヴァージョンのほうは、ここ連日紹介している多くの雨の曲同様、雨と雷のS.Eから始まっています。

 

 最後に恒例ですが、元ネタ探検隊(?)。Aメロはメロディここからきているようです。


Stay And Love Me All Summer - Brian Hyland

 ブライアン・ハイランドは「ビキニスタイルのお嬢さん」で知られるシンガー。

この「Stay And Love Me All Summer」は1969年のシングル。全米82位と小ヒットでした。

 Aメロのメロディ・ライン自体はかなり一緒ですが、コードがメジャーかマイナーかで結構印象が変わります。あとリズム・パターンも。そういう意味では、全体的なトーンとしてはこの曲のイメージがあったのでしょう。王道ですが。(あと他にもたくさんの曲の要素が入っているのでしょうが、僕にはわかりません、、、、)


Stop! In The Name Of Love

 

    

 

 

 

 

REALISTIC

REALISTIC

  • アーティスト:稲垣潤一
  • 発売日: 2009/03/11
  • メディア: CD
 

 

 

EACH TIME 30th Anniversary Edition

EACH TIME 30th Anniversary Edition

  • アーティスト:大滝詠一
  • 発売日: 2014/03/21
  • メディア: CD