まいにちポップス(My Niche Pops)

令和元年初日から毎日更新中〜1日1ポップス。エピソード、歌詞の和訳、謎解き、マニアックな捜査、勝手な推理、などで紹介していきます。text by 堀克巳(VOZ Records)

「太陽の暖かさ(The Warmth Of The Sun)」ザ・ビーチ・ボーイズ(1964)

 おはようございます。

 今日はビーチ・ボーイズの"The Warmth Of The Sun"。最初は「太陽あびて」という邦題がついてましたが、その後「太陽の暖かさ」という邦題がつきました。直訳なんですけど、僕はこの「太陽の暖かさ」というタイトルが昔からすごく好きなんです。

 


The Warmth Of The Sun (Remastered)

 

 ”朝に移ってゆく夜明けって なんていいんだろう

   日が沈んでも その感覚は生きている

 

  だって、夜になっても

  僕の中に太陽の暖かさがあるから

 

     僕の人生で最愛の人

  彼女はある日僕を残して去っていった

 ”あなたと同じようには感じないの”と言われた時

   僕は泣いた

     だけどまだ僕の中には太陽の暖かさが残っている

  今夜も
    

     彼女の腕に包まれることを夢に見るだろう

  たとえそれが現実じゃなくても
  まるで彼女がまだそこにいるように感じられるように

 僕の愛する人は太陽の暖かさのようだ

 決して死ぬことはないだろう         ”(拙訳)

 

 愛する人への気持ちや感覚は、その人がいなくなったあとも、太陽の暖かさのように

自分の体に残っている、という歌です。

 

 この曲を作るきっかけになったのはジョン・F・ケネディの暗殺だったと言われています。

    この曲を作曲したブライアン・ウィルソンケネディのニュースを見たあと、ビーチ・ボーイズのメンバーで共作者のマイク・ラヴに電話をして、何か曲を作ろうと話をしたと言っていて、マイク・ラヴのほうはケネディの事件が起こる数時間前から曲を書き始めたと証言していますが、この事件が、この曲に大きな影響を与えタコとは間違いないようです。

 ブライアンが作ったメロディが悲しいトーンのものだったので、マイクはそこに希望を残したかったと語っています。

 

 僕は、鬱々した気持ちになっているときに、この曲を思い出して聴くことが多いのですが、もともとそうした状況の中で作られた歌だったんですね。

 

 もうなんか全部やんなっちゃったなあ〜みたいな気持ちの時に、ふと外に出て陽の光を浴びてその温度を感じた時、決して気持ちまで晴れはしませんが、自分だって草花となんら変わらない存在で、ただこうやって太陽の温かさに生かされてるんだなあ、なんて思ってしまうわけです。

 

 そういうフィジカルな意味でも 、この歌のような”大切な人の記憶”の比喩としても、

人にとって”太陽の暖かさ”ってかなり究極なものなのかもしれません。

 

   1995年にブライアン・ウィルソンがセルフ・カバーしています。


Brian Wilson - The Warmth of The Sun

 

I Just Wasn't Made for These Times

I Just Wasn't Made for These Times

  • アーティスト:Wilson, Brian
  • 発売日: 1995/08/15
  • メディア: CD