まいにちポップス(My Niche Pops)

令和元年初日から毎日更新中〜1日1ポップス。エピソード、歌詞の和訳、謎解き、マニアックな捜査、勝手な推理、などで紹介していきます。text by 堀克巳(VOZ Records)

「Keep On Keeping On」カーティス・メイフィールド(1971)

 おはようございます。

今日はカーティス・メイフィールドの「Keeo On Keeping On」を。


Curtis Mayfield - Keep On Keeping On

 *******************************************************************************

Everybody gather round and listen to my song
I've only got one

We who are young should now take a stand
Don't run from the burdens of women and men
Continue to give, continue to live for what you know is right
Most of your life can be out of sight
Withdraw from the darkness and look to the light
For everyone's free
At least that's the way it's supposed to be

We just keep on keeping on
We just keep on keeping on
Many think that we have blown it
But they too will soon admit
That there's still a lot of love among us
And there's still a lot of faith, warmth and trust
When we keep on keeping on

 

Before we dismiss, one thing I insist
When you have your young, remember this song
And our world surroundings
Its leaps and bounds, ups and downs, is reality
Teach them to be strong and when they are grown
They can proudly imply that we were an alright guy
For all the wrong now is right
This nation's people are now united as one

 

Keep on keeping on, ya'll
Keep on, keep on, keep on, keep on
Keep on, keeping on (Keep on, keeping on)
We got to move on up, ya'll
(We got to move on up)
Keep on, keep on, keep on, keep on, keep on

Some years back I remember, still in my mind so well
My mama made this one point clear and I find it never fails
Never worry too long (Worry too long)
About what goes wrong (About what goes wrong)
Today in sorrow (Today in sorrow)
We got joy tomorrow (We got joy tomorrow)
Keep on keeping on (Keep on keeping on)
Keep on, keep on (Keep on, keep on)

 

Ooh ooh ooh ooh (Ooh ooh ooh ooh)
We're gonna move on up (We’re gonna move on up)
Keep on keeping on (Keep on keeping on)
Move on, move now (Move on, move now)
Keep on keeping on (Keep on keeping on)

********************************************************************************

 " みんなこっちに集まって 僕の歌を聞いてくれ たった1曲だけど

 

 若い僕たちは、立場をはっきり表明しなくちゃ

 女性であること、男性であることの重荷から逃げちゃいけない

 自分が正しいと知っていることのために、与え続け、生き続けよう

    君の人生のほとんどは そこからは見えないものかもしれない

 暗闇から引き上げて 光の方を見よう

 みんなが自由な場所で 

 少なくとも それがそうあるべきやり方なんだから

 

 僕たちはただ、続けることを続けていく

 僕たちはただ やれることを続けていく

    多くの人は僕たちがホラを吹いてると思ってる

 でも、彼らはじきに認めるだろう

 僕たちの中にまだたくさんの愛があって

 いっぱいの信仰と、思いやりと、信頼関係があるって

 僕たちが 続けることを続けていったときに

 

    みんなと別れる前に 一つ強く言いたいことがある

 もしきみに子供がいるなら この歌を思い出してほしい

 僕たちを取り囲む世界は ものすごいスピードで浮き沈みしながら

 彼らに強くなるよう教えてくれる 

 彼らが大人になった時 

 誇りを持ってこう思ってくれるかもしれない

 かつては間違いとされていたことが今では正しく

 この国の人々は、一つに団結している だから

 僕たちは正しかったのだと

 

 昔のことで今でもはっきり覚えていることがある

 ママが言ったことだったかな? これは絶対失敗しないやり方だ

 今起こっていることをあまり長く心配しすぎるな、ということ

 今日の悲しみも、明日は喜びに見えてくる

 続けることを続けよう

 続けることを続けよう ”      (拙訳)

************************************************************************************ 

  これはカーティス・メイフィールドのセカンドアルバム「ルーツ」に収録されている曲です。決して派手ではありませんし、シングルにもなっていない曲なので、知名度は低いかもしれないですね。でも、後年、彼のCDセットのタイトルに選ばれていますので、時間をかけて認知されてきた曲なのかもしれません。

 

 カーティス・メイフィールドは、アフリカ系アメリカ人の差別を撤廃し基本的人権を要求する”公民権運動”が起こった時代から一貫して音楽で問題提起をし、同胞への呼びかけを続けた人で、現在大変人気のあるラッパーのケンドリック・ラマーも彼を敬愛し自身の音楽に深く反映させていると言います。

 ただし、彼を政治的なアーティストという括ってしまうのも不適切なように思います。

 世界で最も有名な音楽雑誌「ローリング・ストーン」が、さまざまな”史上ベスト100”を発表した時に、彼はアーティスト、ソングライター、シンガー、ギタリストと4つのカテゴリーにランクされているほどの、史上稀にみる才能の持ち主でもあり、歌詞を理解できない日本人でも、十分に楽しめる曲がたくさんあります。

 彼のカッティング・ギターのリズムと、ファルセット・ボーカルの絡みだけで聴き惚れてしまいます。

 しかし、やはり彼の曲の”歌詞”が直に届くかどうかという差は大きいのは確かでしょう。

 僕も、彼の”グルーヴ”ばかりを楽しむリスナーだったので、最初は「Move On Up」という曲をピックアップするつもりで、いろいろ聴いていくうちにこの曲が気になって

歌詞を調べてみたら、なんかすごく良かったので急遽ピックアップしてみました。

 

 "Keep On Keeping On"、”続けることを続ける”とは、”とにかく毎日を生きていくこと”なんじゃないかという風に思えたんです。

 


Curtis Mayfield - Keep On Keeping On

 

 

Keep On Keeping On: Curtis Mayfield Studio Albums 1970-1974

Keep On Keeping On: Curtis Mayfield Studio Albums 1970-1974

  • アーティスト:Curtis Mayfield
  • 発売日: 2019/02/22
  • メディア: CD