まいにちポップス

1日1ポップス。エピソード、歌詞の和訳、謎解き、勝手な推理、などで紹介していきます

「ジャニュアリー(January)」パイロット(1975)

 おはようございます。

 今日はパイロット。「マジック」に続いて、2度目の登場です。

popups.hatenablog.com


January - Pilot (remastered HQ audio)

 パイロットは飛びっきりキャッチーなポップヒット2曲で有名だったバンドで、「マジック」ともう1曲がこの「ジャニュアリー」です。

 1月になりましたので、満を持しての登場となったわけです。

 

 ”ジャニュアリー もううんざりだよ 君は僕にしがみついたまま

 君の瞳を見ると 悲しくなるんだ 嘘をついてるよね

 いかないで いかないで

 ジャニュアリー 冷たくしないで 僕に腹をたてないで

 君は僕を悲しくさせる おいで ジャニュアリー

 いかないで いかないで” (拙訳)

 

 Sick and tired(うんざりだよ)Don't Be Cold、English summer are gone

なんてフレーズが出てくるので、イギリスの寒い1月にかけている、とは思いますが、ジャニュアリーは月の名前じゃなくて女の子の名前なんですね。

 

 日本人にはそんなに馴染みのない気がしますが、何年か前にアメリカで大ブレイクしたTVドラマ「マッドメン」にジャニュアリー・ジョーンズさんていう女優さんが出ていました。

 

 この歌の場合、曲を作ったメンバーのデヴィッド・パットンの奥さんが読んでいた本の主人公が”ジャニュアリー”だったので、そこからひらめいたのだそうです。

 「マジック」が大ヒットしたので、その次の曲を急いで書かなければいけなかったらしく、サビ・パートは”ジャニュアリー”への気持ちなのに、Aメロは

「マジック」が大ヒットした心境を歌詞にしているのだそうです。

 (人生は僕を高みに引き上げてくれる、僕は世界を、小さな世界だけど輝かせ目覚めさせることができる、、、)

 

 「マジック」は全英11位(全米5位)でしたが、「ジャニュアリー」は見事全英NO.1に輝きます。しかし、アメリカでは87位と予想外の結果に終わってしまいました。

 

 ビーチボーイズをはじめとするポップスを愛し、有能なソングライターであったデヴィッドは、ハイテンションなヒット曲を2曲出した後は、少しトーンを落とし違うパターンの曲を出したかったのかもしれません。

 

 続くシングル「Call Me Round」、「Just a Smile」は前曲のような成功は収めませんでしたが、なかなか良い曲です。


Call Me Round - Pilot


Just a smile - Pilot (Remastered Audio)

 

 

 

 

 

 

 

 

January

January

  • アーティスト:パイロット
  • 出版社/メーカー: Rdeg
  • 発売日: 2011/02/14
  • メディア: MP3 ダウンロード