まいにちポップス(My Niche Pops)

令和元年初日から毎日更新中〜1日1ポップス。エピソード、歌詞の和訳、謎解き、マニアックな捜査、勝手な推理、などで紹介していきます。text by 堀克巳(VOZ Records)

「プライベート・アイズ(Private Eyes)」ダリル・ホール&ジョン・オーツ(1981)

 おはようございます。

 今日はホール&オーツの「プライベート・アイズ」。彼らの大成功の裏には、幸運の女神の存在があったというお話です。


Daryl Hall & John Oates - Private Eyes (Official Music Video)

********************************************************************************

  • I see you, you see me
    Watch you blowin' the lines
    When you're making a scene
    Oh girl, you've got to know
    What my head overlooks
    The senses will show to my heart
    When it's watching for lies
    You can't escape my

    Private Eyes
    They're watching you
    They see your every move
    Private Eyes
    They're watching you
    Private Eyes
    They're watching you watching
    You watching you watching you

    You play with words you play with love
    You can twist it around baby that ain't enough
    Cause girl I'm gonna know
    If you're letting me in or letting me go
    Don't lie when you're hurting inside
    'Cause you can't escape my

    Private Eyes
    They're watching you
    They see your every move
    Private Eyes
    They're watching you
    Private Eyes
    They're watching you watching
    You watching you watching you

    Why you try to put up a front for me
    I'm a spy but on your side you see
    Slip on, into any disguise
    I'll still know you
    Look into my Private Eyes

    Private Eyes
    They're watching you
    They see your every move
    Private Eyes
    They're watching you
    Private Eyes
    They're watching you watching
    You watching you watching you

 

********************************************************************************

僕は君を見ている 君は僕を見ている

醜態をさらして セリフが飛んだ君を見るんだ

おおガール、おぼえておくんだ

頭では見落としていることも

勘がこの心に伝えてくれるのさ

嘘を見つけたら 君は逃げられないんだ

僕の

 

探偵のような目が

君を見つめているんだ

あらゆる動きを見ているんだ

探偵のような目が

君を見つめている

探偵の目が

君を見つめて、見つめて、見つめているんだ

 

言葉と戯れ、愛をもてあそぶ君

いくらねじまげたって 足りないんだね

だって、僕にはわかるよ

君が僕を受け入れようが 追い出そうが

心が傷ついたときは嘘をついちゃダメさ

だって君は逃げられないんだ 

僕の

 

探偵のような目が

君を見つめているんだ

あらゆる動きを見ているんだ

探偵のような目が

君を見つめている

探偵の目が

君を見つめて、見つめて、見つめているんだ

 

どうして君は僕にカッコつけようとするんだい

僕はスパイだけど、君の味方なんだよ わかるかい

どんなにすばやく取り繕っても

僕にはわかるだろう、僕の探偵の目をのぞきこめば

 

探偵のような目が

君を見つめているんだ

あらゆる動きを見ているんだ

探偵のような目が

君を見つめている

探偵の目が

君を見つめて、見つめて、見つめているんだ   (拙訳)

 

********************************************************************************

   

   ホール&オーツの最初の大ヒットは「Sara Smile(微笑んでよサラ)」、

1976年に全米4位になっています。


Daryl Hall & John Oates - Sara Smile (Official Audio)

  この曲は、ダリルの本当のガール・フレンドであるサラ・アレンがモデルになっています。二人は結婚はしませんでしたが、1970年代から30年近くパートナーだったようで、この曲の次のアルバムからサラは作詞家として制作に加わっていきます。

 「I Can't Go For That(No Can Do)」や「マンイーター」といった大ヒット曲にも彼女が参加しています。

  また、彼らの最初のNO.1ヒット「リッチ・ガール」はサラの友人がダリルのインスピレーションの元になったと言われています。

 別れてしまった現在でも、ダリルは彼女は自分にとっての”MUSE"だったと本人は語っています。

 

 そして、サラにはジャナという妹がいて、彼女も音楽の仕事に興味を持っていました。ある日、ダリルはジャナのマンションで一緒に曲を書きあげます。短時間に一気にかけたそうです。

 曲は彼女が歌うことを想定していましたが、ダリルが彼女のガイド用に歌うデモを聴いたマネージャーが、ホール&オーツとしてリリースすべきだと強く推し、デモをブラッシュアップする形で制作したのがこの曲でした。

 


Hall & Oates - Kiss On My List (Lyrics)

    この「Kiss On My List」は全米NO.1ヒットになります。1970年代後半、ホール&オーツはスランプ期でヒットが出せず、この曲の入ったアルバム「モダン・ヴォイス(Voices)」からのファースト・シングルはコケてしまい、セカンド・シングルはライチャス・ブラザースの「ふられた気持ち」をカバーしてなんとか全米12位まであがったという状況でした。 

popups.hatenablog.com

 ダリルはジャナと音楽面で一緒に行動をとるようになり、彼らはLAでバンドをやっていたウォーレン・パッシュというミュージシャンを気に入り声を掛け、彼らがLAに来ると一緒に曲を作るようになります。

 ウォーレンは「プライベート・アイズ」の原曲になるものを思いつき、自分が歌う曲を探していたジョナに聴かせます。そして、二人でリメイクしたようです。もともとは、ソフトなバラード調だったようですが、ジャナが加わることで「Kiss On My List」調のリズムのポップチューンに変わったようです。

 ジョナはNYに戻り、ダリルに聴かせると彼は気に入ってホール&オーツでやろうということになり、ダリルとサラで少し手直しをして完成したそうです。

 

 ホール&オーツR&Bが根本にあるグループですから、1970年代の代表曲はみなそういうソウル・フィーリングを感じるものでした。

 しかし、1980年代の大ヒット曲は、ポップでキャッチー、リズムもシンプルになっていて、よくぞ見事に切り替えができたものだな、と感心していたのですが、ジャナが隠れたキーパーソンだったんですね。

 ホール&オーツが80年代に大ブレイクするきっかけとなった「Kiss On My List」も「プライベート・アイズ」もジャナが曲つくりに加わり、彼女が歌うはずだったのがホール&オーツがやることになる、という同じ道筋をたどっているのです。

 

 ジャナはその後、チープ・トリックやジョーン・ジェットなどの曲も書いていますが

どれも共作なので、一人で完結して作品を量産できるほどのソングライターではなかったのかもしれません。しかし、彼女が加わることで、曲がスパッと明快になるようなセンスがあったんじゃないかと僕は推測します。音楽の世界で貴重とされる何かを”持っている”人だったんじゃないかと。

 

 ジャナが曲作りに加わったホール&オーツの曲をもう1曲紹介します。


Hall & Oates - Did It In a Minute

 完全に「Kiss On My List」~「プライベート・アイズ」の路線ですね。この曲も全米トップ10入りしています。

   この後では「Method Of Modern Love」(全米5位)もジャナとダリルの共作です。

 そして、ジャナは1993年にわずか36歳で白血病で亡くなってしまいます。

 

 ダリル・ホールはソングライターとしても、ポップ史に残る稀有な才能の一人だと思いますが、サラとジャナのアレン姉妹がいなかったら、ホール&オーツの成功の目盛りはかなり下がったはずですし、もう少し玄人好みのアーティストになっていたんじゃないかと僕は想像します。

 サラはダリルのインスピレーションの元だったわけですし、ジャナがいなかったら「プライベートアイズ」も「Kiss On My List」も生まれなかったわけです。

 しかし、またダリルやジョンが音楽に対して純粋でオープンであり、人のアイディアを自分の手柄するような人間ではなかったからこそ、巡り合えたのだという見方も出来ます。

 ともかく、彼らにとって二人はまさに”女神”と言える姉妹だったのは確かなことです。

 

 

f:id:KatsumiHori:20210511164548j:plain