まいにちポップス(My Niche Pops)

令和元年初日から毎日更新中〜1日1ポップス。エピソード、歌詞の和訳、謎解き、マニアックな捜査、勝手な推理、などで紹介していきます。text by 堀克巳(VOZ Records)

「12月の雨」荒井由実(1974)

 おはようございます。

 今日はユーミン

 J-POPの歴史を源流へと遡っていくと、やっぱりこの人にぶち当たります。

 J-POPのルーツと呼ぶに最もふさわしい人を一人だけ上げろと言われたら僕は”荒井由実”と答えます。

  もちろん、彼女がゼロから始めたわけではなく、彼女以前にもたくさんのルーツ、流れがあるのですが、最も目立ってわかりやすいのが彼女だということです。

 シンガー・ソングライターとしての巨大な才能ももちろんですが、細野晴臣山下達郎など、同時代の才能を集めたサウンド・プロダクションも、今でも風化することなく、重要文化財と呼んでいいレベルなんじゃないかと僕は思います。僕がイメージしているのは、彼女をサポートした人脈こみ、での"荒井由実"ということなのかもしれません。

 

 シュガーベイブの記事でも書きましたが、当時の日本では”ポップス”は圧倒的なマイノリティ(少数派)でした。

popups.hatenablog.com

 そんななかで新しい才能を世に出すには、その音楽をよく理解し後押ししてくれる年長者は絶対に必要なわけです。シュガーベイブには大瀧詠一がいました。

 ユーミンには、作曲家の村井邦彦がその役割を果たしました。

 彼は「翼をください」などたくさんの有名曲を書いた作曲家でありながら、若くして音楽出版社(アルファ・ミュージック)レコード会社(アルファ・レコード)を立ち上げた辣腕実業家でもありました。彼の強みは海外の音楽シーンの知見がずば抜けていたことです。キャロル・キングの「つづれおり」やモータウンのレコーディングの現場も見学していたそうで、そんな日本人は当時いませんでした。

 作曲、音楽制作のプロであり、最新の海外の音楽に詳しく、かつ自らレコード会社を持っている、そんな人は当時彼だけでした。彼のような人でなければ、彼女のような新しい才能を後押しすることはできなかったのかもしれません。

 

 彼女は中学生の時にあるバンドの追っかけだったことがきっかけにデビューに至ったという珍しい経歴の持ち主です。

 バンドはザ・フィンガーズといいました。


ザ・フィンガーズThe Fingers/失われた世界Ushinawareta Sekai (1969年)

 この曲を作曲しているメンバーのユー・シー・チェンにデモテープを渡し、チェンが

当時ミュージカルで共演していた元タイガースの加橋かつみに聴かせ、加橋が自分でアルバムで彼女の曲を採用し(「愛は突然に,,,」)、そのアルバムの他の曲を作曲していた村井がたまたまスタジオでその曲を聴いて興味を持ち彼女に会いたいと申し出た、そんな流れだったそうです。 


荒井由実 作曲家デビュー曲 「 愛は突然に… 」

 ちなみに”ユーミン”と名付けたのはチェンらしく、彼女がムーミン好きで、由実(ゆみ)とかけた、その辺りは想像できまると思うのですが、あと中国語で”有名”はユーミンと発語するそうで、その意味もあったそうです。

 彼女を気に入った村井は彼女と作家契約を結びます。まだ高校2年だったといいます。

高校の頃の彼女を知る人はこう言っていたそうです。

 ”メロディーは重厚で、詞はどこかの薄暗い部屋で 男の人が死んでゆくようなものをつくるんですよ”(「音楽家村井邦彦の時代」より)

 「愛は突然に...」を聴いても感じますが、当初のユーミンの作風は決して”ポップ”ではなかった、かえってかなり重い作風だったわけです。

 彼女の”新しいタイプの楽曲”には既存の歌手はフィットせず、結局彼女自身が歌うことになるわけですが、歴史的名盤と言われるデビュー・アルバム「ひこうき雲」も決してポップな作品ではありませんでした。

 それが「ミスリム」、「コバルトアワー」とアルバムを出すごとにポップさが開花していきます。

 その理由はわかりませんが、ポップなものへと移行していく時代の予兆をいち早く彼女が感じたのかもしれませんし、プロとしてちゃんと売れる作品を作ろうという意識が強くなっていったのかもしれませんし、

 もともと一人でピアノ弾き語りをしていたのが、洗練された洋楽的なグルーヴを持つティン・パン・アレイ(細野晴臣松任谷正隆林立夫鈴木茂)との共演により触発され、リズムのある楽曲に目覚めた、ということもあったのかもしれません。

 

 この「12月の雨」はアルバム「ミスリム」に収録され、シングルとしてアルバムと同時発売されました。

 特筆すべきは、シュガーベイブがコーラスに参加していること。彼らのコンサートを見たユーミンが希望したと言われています。

 まだ、ユーミンが20歳、達郎が21歳でした。

 「ひこうき雲」はティン・パン・アレイが彼女が引きずってきた音楽を手伝った感じだったのに対して、「ミスリム」ではバンドのヴォーカリストになった、ということを当時音楽評論家の小倉エージさんは語っていたそうです。

 その”一体感”から、J-POPの源流が流れ始めたんじゃないかと僕は思います。

そして、翌年彼女はアルバム「コバルト・アワー」、シングル「ルージュの伝言」、「あの日にかえりたい」とブレイクを迎えます。シュガーベイブもデビューします。

細野晴臣大瀧詠一もアルバムを発表、本格的に日本のポップスが動き出したのです。

 


12月の雨 松任谷由実

 

12月の雨

12月の雨