まいにちポップス(My Niche Pops)

令和元年初日から毎日更新中〜1日1ポップス。エピソード、歌詞の和訳、謎解き、マニアックな捜査、勝手な推理、などで紹介していきます。text by 堀克巳(VOZ Records)

「ターン・ダウン・デイ(Turn Down Day)」ザ・サークル(THE CYRKLE)(1966)

 おはようございます。

 今日はザ・サークル。1966年の一年だけですが、ヒットチャートを鮮やかに駆け上がっていったアメリ東海岸のグループです。

 ペンシルヴァニアの男子校で”ロンデルズ”という名前でバンド活動を始めた彼らは、当時人気があったビーチ・ボーイズフォー・シーズンズなどのポップスをコピーし研究していたそうです。

 ニューヨークの音楽エージェントのナット・ワイスという人物が彼らを気に入り、彼と仕事上のつながりのあったブライアン・エプスタイン、そう当時のビートルズのマネージャーですね、にも聴かせたそうです。

 ブライアンも気に入りマネージメントをすることにして、彼らのバンド名を”ザ・サークル”に変更させます。ロンドンにある円形状のロータリーをイメージしたそうですが、通常のつづりだとCIRKLEですがそれをCYRKLEにするというアイディアを出したのははジョン・レノンだと言われています。

 当時メンバーはサイモンとガーファンクルと知り合いになっていて、トム・ドウズはベーシストとしてツアーに同行したのですが、その際ポール・サイモンから彼らに提案した曲がありました。

 ポールがザ・シーカーズというグループのメンバー、ブルース・ウッドリーと共作したものですが、シーカーズの他のメンバーから却下されていたのです。

 (シーカーズは代表曲「ジョージー・ガール」が何年か前にホンダのバモスという車のCMに使われていましたね)

 曲を気に入ったメンバーはその曲をレコーディングします。それが「レッド・ラバー・ボール」。レッド・ラバー・ボウルは”赤い風船”。太陽をそう例えているんですね。

 ブライアン・エプスタインがレコード会社にリリースするように圧力をかけ(?)、ビートルズの全米ツアーの前座としてまわることで、この曲は一気にヒットチャートの2位まで駆け上がりました。

 


The Cyrkle - Red Rubber Ball (1966)

 却下したシーカーズも、実はちゃっかり、すぐにレコーディングしています。


The Seekers ::::: Red Rubber Ball.

 

 そして、今日紹介したいのはその次のシングル「ターン・ダウン・デイ」。実はこれ、夏の歌なんですが、ターン・ダウン→ペースを落とす、という意味で、今日は何にもしない、何にも考えない日にしよう、ゆったり気持ちよく過ごそう、という内容です。

 師走に向かっているせいでしょうか、11月って結構バタバタしますよね。そんななか、この間ふとラジオからこの曲が流れてきて、ターン・ダウンも必要だな、なんて思ったわけです。

 この曲は全米最高16位。これ以降、出す曲出す曲ヒットせず、彼らは煮詰まってしまって、2年後の1968年には解散してしまいます。

  ターン・ダウンって、下降、みたいな意味もあるしなあ、などと不吉なことも考えてしまいますが、鮮やかなポップ・ヒットを2曲も残したんだからいいんじゃないかって思います。しかも、彼らの2枚目のアルバム「Neon」は内容のすばらしさから、後に再評価されています。

 このブログでは同じ時代の西海岸のポップ・コーラス・グループを”サンシャイン・ポップ”のくくりで紹介していますが、比較してみるとやはり西海岸はおおらかな感じがして、ザ・サークル東海岸らしく、都会的で軽快な感じがしますね。


Cyrkle - Turn Down Day

 「ターン・ダウン・デイ」を書いたのは、シンガーとしても「Here Comes Summer」というヒット曲を持つジェリー・ケラーとジャズ・ピアニストのデイヴ・ブルーム。ちなみに、メンバーのトム・ドウズは解散後CMソング(ジングル)の作曲家になり、自分の作ったジングルでジェリーを数多く起用したそうです。

 それでは、ジェリー・ケラーの歌う「ターン・ダウン・デイ」も聴いてみましょう。


Jerry Keller - Turn Down Day

 細野晴臣高橋幸宏スケッチショウがこの曲をカバーしています。細野さんの選曲でしょうか?


Sketch Show - Audio Sponge - 10 - Turn Down Day

 

Turn-Down Day

Turn-Down Day