まいにちポップス(My Niche Pops)

令和元年初日から毎日更新中〜1日1ポップス。エピソード、歌詞の和訳、謎解き、マニアックな捜査、勝手な推理、などで紹介していきます

「セクシー・バス・ストップ」浅野ゆう子(1976)

 おはようございます。

 今日は和製ディスコ・ナンバーを。

 

 1975年、ディスコで”バンプ”や”ハッスル”といったダンスがが流行する中、列になって同じステップを踏む”バス・ストップ”というのも流行し始めました。

  ブームにあやかって、さっそくこういう曲も作られました。


Fatback Band - (Are You Ready) Do The Bus Stop

 

 ”Do The Bus Stop”。「ハッスル」は"Do The Hustle"、1960年代の「ロコーモーション」は”Do The Loco-Motion"でしたから、一定のスタイルのダンスを踊るときは”Do The~"というんですね。

 

 そして、日本でも”バスストップ”の曲を作ろう、と言い出した音楽関係者がいたようです。その依頼を受けたのが筒美京平。当然「ハッスル」は意識していたのでしょう、

インスト・ナンバーを作ることにします。集められたミュージシャンは、林立夫(ドラムス)鈴木茂(ギター)後藤次利(ベース)矢野顕子(キーボード)というすごいメンバー。ヴァン・マッコイが”スタッフ”のメンバーを集めたのを彷彿させます。

 それから、インストですから、当然あわよくば海外のマーケットも、と考えたようで、オリエンタルなメロディーや和風のアレンジを隠し味的に入れたものとなりました。

 グループ名はDr.ドラゴン&オリエンタル・エクスプレス。筒美はJack Diamondというペンネームを使いました。完全に”洋楽のフリ”をしていたんですね。

 

 

  

 狙いは見事にハマって、日本でヒットしたのですが、早い段階でこの曲に目を付けた人がいて、歌詞をつけて浅野ゆう子に歌わせて、それがもう翌月にリリースされます。

作詞はいしだあゆみの「ブルーライト・ヨコハマ」でタッグを組んだ橋本淳を筒美が指名したようです。「セクシー・バス・ストップ」のB面にはディスコ風にアレンジされた「ブルー・ライト・ヨコハマ」のカバーが収録されました。

 

 この頃、僕はまだ小学生だったのですが、TVで浅野ゆう子が「セクシー・バス・ストップ」を歌っていたのをしっかりおぼえています。

 

 そして、AKB48の「涙のフォーチュン・クッキー」を聴いた時に、僕は「セクシー・バス・ストップ」が自然と浮かんできました。その後PVを見たら、AメロでAKBのメンバーが”バス・ストップ”っぽいステップを踏んでいることに気づきました。

 

 


セクシー・バス・ストップ 浅野ゆう子

 

 

セクシー・バスストップ [EPレコード 7inch]

セクシー・バスストップ [EPレコード 7inch]

 

 

セクシー・バス・ストップ

セクシー・バス・ストップ